企業情報

WingArc1st
Data Empowerment
Report 2019

LEARN MORE
  • twitter
  • facebook

WinArc1st Data Empowerment Reportとは?

少子高齢化、人口減少が進む日本において、労働生産性の向上は喫緊の課題とされています。 しかしながら、公益財団法人日本生産性本部が公開している「労働生産性の国際比較 2018年版」によると、2017年の日本における時間当たりの労働生産性は、OECD加盟36カ国の中で20位であり、主要先進7カ国の中では最下位となっています。
そうした背景もあり、テクノロジーとデータの活用による生産性向上があらためて必要とされています。ウイングアーク1st株式会社では、1,000人の日本のビジネスパーソンを対象に、ITの活用状況と労働生産性に関する意識調査を実施し、「WinArc1st Data Empowerment Report 2019」としてまとめました。

Data Empowerment Reportイメージ

日本のビジネスパーソン
1,000名に聞きました!

労働生産性とIT活用の関係性は?本当に関係あるの?

システム利用者の生産性意識を非利用者と比較「自分は労働生産性が高い」と答えた割合の差 約「2.6倍の差」

日本のビジネスパーソン1,000名に
システム利用と労働生産性の関係性を一斉調査

WinArc1st Data Empowerment Report 2019
詳細レポートをダウンロード配布中

※個人情報の登録は不要です。

Data Empowerment Reportイメージ

Data Empowermentをすべての働くひとへ

WingArc1st

Data Empowermentは、「働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」と我々は考えています。
データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、
時間を節約し業務を効率化して、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。
あなたも「Data Empowerment」を体験してみませんか?

このページのトップへ