企業情報

ウイングアーク1stが考える社会貢献活動Empower JAPAN

Data Empowermentで日本をエンパワーする

社会におけるウイングアーク1stの役割とは何か?

私たちのビジョンの実現に向けて、ウイングアーク1stの持つ、社員力、技術力、そして、データの持つ力を活かして、社会の課題解決に取り組むことで、日本の未来を形作ることに貢献できると考えています。

また、私たちは、世界で取り組む持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、社会貢献活動プログラム:ウイングアーク・エンパワーメントメント・プログラムに取り組んでいます。

Vision Empower Data, Innovate the Business, Shape the Future. 情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。

持続可能な開発目標(SDGs)とは?

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことが宣言されております。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

ワークショップの実施

国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」として、深刻化する社会課題の解決へ向けた全世界での取り組みが加速しています。弊社でもSDGsへの理解を深めるとともに、新たな事業機会創出への視点を学ぶ研修会を開催しました。営業、技術、管理、さまざまな部門の参加者が、経済と社会の発展という共通の目的を持って真剣に取り組み、事業を通した社会課題解決への意欲向上のきっかけとなりました。引き続き全社員への意識浸透に向けて取り組みを続けていきます。

ワークショップの様子

ウイングアーク・エンパワーメント・プログラム

ウイングアーク・エンパワーメント・プログラムは、「Empower JAPAN」を具現化した活動となります。社員力、技術力、データの力を活用し、社会貢献活動に取り組むプログラムで、ウイングアーク1stが社内に設置しているCSR推進委員会で推進しています。

現在、3つのウイングアーク・エンパワーメント・プログラムを推進しています。

企業・組織をエンパワーする

企業や組織に、弊社の技術やデータ活用のノウハウを提供することで、社会貢献活動を支援いたします。

  • 1.貧困をなくそう
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 10.人や九人の不平等をなくそう
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 16.平和と公正をすべての人に

国境なき医師団日本

弊社は、2012年よりデータ活用基盤として「Dr.Sum EA」を寄贈するなど、プロボノ活動で特定非営利活動法人国境なき医師団日本(認定NPO法人)を継続的に支援しています。

ダイバーシティをエンパワーする

弊社の技術やデータ活用のノウハウを提供することで、多様な人が活躍できる社会に貢献いたします。

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や九人の不平等をなくそう

障害者農業支援

障害者雇用の拡大、人材活用のため、農園での野菜作りにトライし、障害者の自立と社会参加を応援していきます。弊社には8名の方が入社され、「うきうき&わくわく&ハッピーに」お仕事に取り組めるよう名付けられた農園、「わくわくファーム」が始動しました。弊社の技術やデータ活用のノウハウを活用することで「農園 × Data Empowerment」のIoT実証実験にも挑戦し、未来の農業の形を創造していきます。

障害者農業支援の様子

子ども向けIT教育支援

労働人口の減少を背景にIT人材の不足が予想され、将来の日本を背負う子供たちにITの楽しさを伝えたいという想いの中、IT(Data Empowerment)教室の開催を計画しています。3Dプリンターを利用し、「モノづくり」を通して得られる感動、達成感を体験できる内容を構想中です。新しいものを発想する「想像力」、それを形にする「実行力」、ITで制御する「技術力」、子供たちにはこれらを身につけながら楽しく学んでほしいと考えています。

スポーツをエンパワーする

スポーツに、弊社の技術やデータ活用のノウハウを提供することで、競技の発展や競技者の成長に貢献いたします。

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 16.平和と公正をすべての人に

中村輪夢 選手

  • 中村輪夢 選手
  • 中村輪夢 選手

中村輪夢選手は2018年6月から弊社のスポーツ選手として所属することになりました。
弊社の技術やデータ活用のノウハウを提供し、継続的に競技パフォーマンスの向上のための支援を行っていきます。

このページのトップへ