中小企業向け「ものづくり補助金」のご案内

弊社が提供する各製品、クラウドサービス等は中小企業の皆様の生産性向上と経営力強化を実現する道具として活用いただけます。

ものづくり・商業・サービス経営力向上⽀援補助金について

【ご注意】
ご紹介内容は「平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス 経営力向上支援補助金【公募要領】」より抜粋しています。詳細はそちらでご確認下さい。

ものづくり補助金とは

正式名称を「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」と言い、中小企業・小規模事業者が「認定支援機関と連携」して生産性向上に資する「革新的サービス開発」「試作品開発」「生産プロセスの改善」を行うための設備投資等を支援するものです。

ものづくり補助金を活用するには

認定支援機関の全面的バックアップを受けながら、事業計画を作成、申請し採択される必要があります。事業計画は「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」や「中小ものづくり高度化法」に基づいた内容とし「付加価値額」や「経常利益」の向上を達成できる計画が必要となります。

公募期間:平成30年2月28日~平成30年4月27日まで

補助額、及び、補助率(抜粋)

(詳細は公募要領をご確認ください)

事業類型 補助額 補助率
上限 下限 補助対象経費の
2/3以内
補助対象経費の
1/2以内
企業間データ活用型 1,000万円
(※1)(※2)
100万円 すべての事業者に適応
一般型 1,000万円
(※1)
100万円 (※3)の一定要件を満たす者 その他の者
小規模型 500万円
(※1)
100万円 小規模企業者 その他の者

補助予定件数

約1万件
(参考:平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金公募、申請数 15,547件、採択数 6,157件)

生産性向上を実現する手段として活用いただける製品・サービス

ジャンル 製品名称 機器/サービス 特長 導入事例
集計・分析ツール Dr.Sum ソフトウェア Dr.Sumは、ビッグデータ活用やクラウド連携も可能な集計・分析ツールです。蓄積された膨大なデータの分析・活用を、一般社員から経営者まで誰でも自由に様々な切り口で分析し、業務に役立てることができます。 三笠製薬
株式会社
情報活用ダッシュボード MotionBoard ソフトウェア MotionBoardは、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボードです。専門知識を必要とせずにノンプログラミングでダッシュボードを作成できるユーザービリティ、豊富なチャート表現、スマホやタブレットでいつでも情報を入手できる機動力を備えています。様々なビジネスシーンにおける素早い判断と次のアクションにつなげられる環境を提供します。 株式会社
タマディック
情報活用ダッシュボードサービス MotionBoard
Cloud
クラウド
サービス
MotionBoard Cloud は、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えたクラウド版の情報活用ダッシュボードです。 株式会社
あきんどスシロー
帳票出力
ツール
SVF ソフトウェア SVFは、帳票デザイナー、上位システムとのインターフェイス、帳票出力エンジン/オプションからご要件に合わせて組み合わせてご利用いただける帳票基盤ソリューションで、これまでの導入実績は19,000社以上になります。 菊正宗酒造
株式会社
帳票出力
サービス
SVF Cloud クラウド
サービス
SVF Cloudは、帳票出力ツールSVFの機能をクラウド上で利用可能なクラウドサービスです。 日本固有の緻密な帳票はそのままに、多様なビジネススタイルに対応し、印刷を制御しながら、様々なクラウドサービスと連携させることで、クラウドサービスにおける利便性の高い円滑な帳票運用を実現します。 株式会社タスク
電子文書/電子帳票活用システム SPA ソフトウェア SPAは、従来の帳票の運用を変えることなく、電子文書/電子帳票の一元管理・運用、活用を実現するソリューションです。 株式会社
松井製作所

お問い合わせ先

ものづくり補助金とIT利活用に関する詳細はホワイトペーパーをご覧ください。導入する製品やサービスに関しては総合お問い合わせからお願いします。

このページのトップへ