帳票実装モデル

Implementation model example

NECソフトウェア北海道

■オープンシステムの帳票開発ソリューション

「SpoolServer(Windows版)」は、サーバ上のプログラムが作成した帳票データを元にPDFを作成して管理したり、外部システムが作成したPDF帳票を登録・管理して、ブラウザから検索・閲覧・二次活用を可能にします。
また、仕分けオプションを適用することで、特定フィールドの値により、帳票を分割して作成することができます。

・簡単にWeb帳票閲覧/検索システムを構築したい。

★一般的に広く使われているPDF形式で一元管理するので、操作を覚える必要がありません(InternetExplorerとAdobeReaderがあれば、クライアントに専用ソフトやライセンスは不要です)。また、帳票はみやすく使いやすいツリー構造で表示されます。

帳票はみやすく使いやすいツリー構造で表示

★帳票内のキーワードを指定した全文検索ができます。ページや行位置まで検索可能で、結果から検索位置を直接表示できます。また、帳票名や作成日などの属性による検索もできます。

・元帳票からの別資料作成や、E-Mail送信などを行いたい。

★簡単な操作でPDF帳票からCSVデータを作成することが可能です。別資料作成など二次活用ができます。また、他の人に閲覧して欲しい帳票のURLやPDFをE-Mail送信できます。また、Fax送信も可能です。

★Report Director Enterpriceとの連携により、電子帳票として管理するのと同時に帳票印刷も行えます。

メインフレーム(レガシーシステム)からの帳票マイグレーションソリューション

・何百~何千本もある帳票資産の作り直しは避けたい。
・できるだけ移行工数を軽減させたい。

★「SpoolServer for 帳票マイグレーション」は、帳票プログラムの業務ロジックを修正せずに、メインフレームからオープンシステムへの移行を実現します。

★BSP-RM(株式会社ビーエスピー製)との連携により、IBM、富士通、日立のメインフレームから、帳票プログラムの業務ロジックを修正せずに、移行を支援します。

メインフレーム(レガシーシステム)のプリンタダウンサイジング/電子帳票化ソリューション

・内容が確認できれば、実際に印刷しなくてもよい帳票がある。
・コスト削減、情報流出リスク軽減のために、紙量を減らしたい。
・安価なオープンプリンタを導入したい。

★「SpoolServer(ACOS版」および「SpoolServerメインフレーム版」は、メインフレームをPDFに変換し、ブラウザから検索。閲覧・データの二次活用などを可能にしたWeb電子帳票システムです。

★ReportDirectorEnterpriseとの連携により、メインフレームシステムのプリンタをオープンプリンタに変更することができます。

★BSP-RM(株式会社ビーエスピー製)との連携により、IBM、富士通、日立メインフレーム帳票を電子帳票化およびオープンプリンタ化できます。

お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせWebからのお問い合わせ
このページの先頭に戻る