e-文書対応 稟議・経費精算ソリューション

SVF Solution

e-文書対応 稟議・経費精算ソリューションの概要

経費精算システムで実現するe-文書法スキャナ保存

e-文書対応 稟議・経費精算ソリューションイメージe-文書対応 稟議・経費精算ソリューションイメージ

平成28年度の電子帳簿保存法改正において、スマートフォンやデジタルカメラでの撮影による証憑書類の電子保存が認められました。これにより紙の原本証憑は一定の要件を満たした後、破棄が可能となっています。Biz∫フロントのe-文書連携オプションをご利用いただくことで、スキャンした領収書等の画像データを経費精算申請時に添付するだけで、タイムスタンプ付与から電子文書長期保管までシームレスな電子文書管理が可能になります。これまでの紙文書保存における作業負担や場所の確保、コスト、セキュリティーリスクなど、経費精算処理における多くの課題を解決します。

e-文書対応 稟議・経費精算ソリューションの関連キーワード

  • 証憑書類
  • 国税関係書類
  • 経費精算
  • 電子帳簿保存法
  • スキャナ保存
  • タイムスタンプ
  • ペーパーレス
  • 電子文書検索

ページのトップへ

e-文書対応 稟議・経費精算ソリューションの特長

特長1: 経費精算申請時に添付ファイル登録するだけで、ワンストップの電子文書保存を実現

申請画面申請画面

社員が出張時に受領した領収書をスマートフォンやスキャナを利用して画像データにした後、経費精算申請時に添付ファイルとして画像データを登録すると、会計データと紐づく仕訳番号や申請者、金額、日付情報などを確保して長期の電子保存が可能です。また、スキャナ保存要件で規定されている機能が搭載されているため、システム利用者がスキャナ保存に必要な要件を意識することなく、スムーズな電子文書管理を実現します。

特長2: モバイル端末からの申請・承認が可能

モバイル端末からの申請・承認が可能モバイル端末からの申請・承認が可能

モバイル端末を利用した領収書の撮影および経費精算申請処理が可能です。モバイル専用の入力画面構成となっており操作も簡単。場所を選ばない経費精算業務を実現し、回覧や承認の滞りを解消します。

特長3: スキャナ保存要件を満たした機能を搭載

主要機能主要機能

「タイムスタンプ」「検索」「履歴管理」「相互関連性の確保」などスキャナ保存要件を満たす機能だけでなく、セキュリティ面の機能も充実しています。

ページのトップへ

e-文書対応 稟議・経費精算ソリューションの構成

構成イメージ

構成イメージ 構成イメージ

運用に合わせてオンプレミス、クラウド基盤の選択が可能です。経費精算システム「Biz∫フロント」にて添付された証憑書類は、申請時に自動連携される仕組みとなっています。

動作環境

SVF 動作環境
SVF Ver.9 の動作環境はこちらをご参照ください
Biz∫フロント 動作環境

詳細はお問い合わせください。

ページのトップへ

このページの先頭に戻る