連携ソリューション

富士通プリンター

SVFと富士通 XL/FMPRシリーズプリンターによる連携ソリューション

XLシリーズおよびFMPRシリーズプリンターでは、ウイングアーク1st製Report Director Enterprise、SVF for Java Printを利用することで、基幹系帳票出力が可能となります。
XLプリンターでは、高速・高画質を実現し、FMPRプリンターでは、複写伝票、連続帳票などをサポートし、オフィスの多彩なプリントニーズに実力で応えます。

連携検証済み機能

凡例
各機種の検証状況 ◎:検証済/◯:連携可能/-:未確認
RDE:Report Director Enterprise/SVF:SVF for Javs Print

XLシリーズプリンター

ウイングアーク1st製コマンド印刷方式(「EPSON ESC/Page」を利用)
給紙口制御(自動給紙含む)、用紙サイズ制御、描画印刷、MIB監視。

XLシリーズ RDE Ver.3.2(SVF Ver.7.1) RDE Ver.8.2(SVF Ver.8.2) RDE Ver.9.0(SVF Ver.9.0) RDE Ver.9.1(SVF Ver.9.1)
XL-9440D
XL-9440E
XL-9380E
XL-9320 - -
XL4360 -

※上記XLプリンタのESC/Page処理は共通のため、◯印は旧版での検証実績および代表機種での検証結果により、論理的に連携可能としています。

FMPRシリーズプリンター

ウイングアーク1st製コマンド印刷方式(「EPSON ESC/P」を利用)
給紙口制御(自動給紙含む)、用紙サイズ制御、描画印刷。
※販売終了済製品を含む検証状況については、こちらをご参照ください。

FMPRシリーズ RDE Ver.9.2(SVF Ver.9.2)
FMPR5630
FMPR5430
FMPR5130

※上記FMPRプリンタのESC/P処理は共通のため、○印は代表機種での検証結果より、論理的に連携可能としています。

注意事項・制限事項

「Report Director Enterprise」、「SVF for Java Print」を利用して XL/FMPRシリーズプリンターに印刷する際は次の点にご注意ください。

  • プリンター側のオペレータパネルでエミュレーション設定を「ESC/P」に設定してください。
  • LAN インターフェイス経由の LPR プロトコルによる印刷のみサポートします。なお、LPRのキュー名は「LP」固定にしてください。
  • XLシリーズプリンターでは以下の機能が限定されます。
    【解像度】
    SVF からの ESC/Page による出力は、300dpi になります。
    SVF Ver9.1 以降では「EPSON ESC/Page」機種のディフォルトの解像度が 600dpi になっておりますので、300dpi に変更してご利用ください。
    【EJL】
    XLシリーズプリンターはEJL※をサポートしていません。
    EJLは「使用しない」に変更してご利用ください。
    ※EJLはSVF Ver9.0.3以降で追加となった機能です。
    【両面印刷】
    XL-4360/XL-9320/XL-9440Dのみ両面印刷に対応しています。
    【その他機能】
    部単位ソート印刷/N-up 印刷/フィニッシャー機能は未サポートです。
  • FMPRシリーズプリンターではオプションのLANカードが必須です。また、以下の機能が限定されます。
    【MIB監視】
    未サポートです。
    【CRコード】
    標準文字ピッチを狭くする場合(印字動作的には、一行の中でキャリッジリターンを繰り返す)等の時はCRコードを無視する設定が必要です。機能設定の変更モードに入り、「ESC/Pコユウセッテイ(or ESC/P設定or ESC/Pモード)」の「CRコード」の中から「N-CR」を選択・設定してください。設定方法の詳細は、各機種の取扱説明書をご参照ください。
  • 各機種により装置寿命に達するまでの印刷枚数は異なりますので、ご導入の際は運用・印刷量に応じた機種・台数の選定をお願いいたします。
    各機種の仕様概要および装置寿命はSVF対応富士通プリンターラインナップをご参照ください。

カタログダウンロード

富士通株式会社

ウイングアーク1st株式会社

製品に関するお問い合わせ

富士通株式会社

ウイングアーク1st株式会社

このページのトップへ