Dr.Sum EA Ver.4.1 新機能

Dr.Sum EA Ver.4.1

お問い合わせ・資料請求

Dr.Sum EA Ver.4.1 速さと使いやすさを極めた「Dr.Sum EA Ver.4.1」新登場!

Ver.4.1は、大きく進化しました。さらなる高速集計を実現する集計エンジン、日々の業務で使われているExcelでの運用を変えることのない集計・分析環境、帳票基盤ソリューション「SVF」との連携強化など、様々な新機能を搭載しています。

Dr.Sum EA Ver.4.1   3大強化ポイント
集計を加速!
Excelデータをそのまま活用
SVF連携機能を搭載

集計を加速!従来の倍速でデータを処理

高速な集計エンジンがさらに高速に。
CPU/メモリを有効活用することにより、集計速度が大幅に向上。約倍速で処理できます。
また、データのインポート/エクスポート速度の改善も図っています。

集計速度

Excelデータをそのまま活用

Excelデータを、簡単にDr.Sum EAデータベースにインポートできるようになりました。「Dr.Sum EA Excel Extractor」を利用して、Dr.Sum EA に取り込む Excel 上の領域をGUIで設定し、「Dr.Sum EA Enterprise Manager」で手軽に、または夜間などに自動でExcelデータのインポートが行えます。

日常業務でデータの整理に使われているExcelの情報を簡単にDr.Sum EAに取り込んで、集計・分析を開始することができます。

「SVF」連携機能を搭載。レポート環境の強化へ

Dr.Sum EA Datalizerで出力された集計結果を、帳票基盤ソリューション「SVF」で定型レポート(PDF、Excel)に。Dr.Sum EA Datalizer の ユーザーインターフェイスを使用し、対象データの抽出・集計から帳票出力までを実現します。
ノンプログラミングで構築でき、SVFとの連携による柔軟かつ様々な帳票出力が可能になります。

※ 連携製品「Dr.Sum EA Datalizer Adapter for SVF」(別売)が必要です。

その他の強化点

Dr.Sum EA Datalizerをより速く、より軽く

ユーザーインターフェイス製品であるDr.Sum EA Datalizerも大幅強化。
Web/Tabletの処理を最適化し、メモリおよびサーバーレスポンス時間の大幅な削減を実現しています。
メモリ使用量では、約50~70%減、サーバーレスポンス時間では、最大50%短縮し、より速く、より軽く、使い勝手を向上させています。

メモリ使用量サーバーレスポンス時間

  • メモリ使用量:Datalizer Serverが集計実行に用いた積算量
  • サーバーレスポンス時間:サーバーがリクエスト受付からレスポンスを返答するまでの時間(D.Sum EA集計時間除く)
  • 集計表サイズ:メモリ使用量 ⇒ 116行138列、レスポンス時間:532行318列

製品情報 Dr.Sum EA Datalizer

Dr.Sum EA TextOLAP 試使用版を同梱

Dr.Sum EA Ver.4.1のインストーラーには、テキストデータ分析ツール「Dr.Sum EA TextOLAP」が添付されています。試使用キーを同梱していますので、すぐにテキストデータの分析をお試しいただけます。

製品情報 Dr.Sum EA TextOLAP

上記は、Dr.Sum EA Ver.4.1の新機能のごく一部です。詳細は、以下よりお問い合わせください。

体験デモのご案内

お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせWebからのお問い合わせ
このページの先頭に戻る