ウイングアーク1st株式会社 WingArc1st Inc.

  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
  • お問い合わせ

MotionBoardとは

What's MotionBoard

お問い合わせ

  • MotionBoard
  • MotionBoardとは
  • 機能紹介
  • 製品一覧
  • 体験デモ
  • 動作環境

企業をとりまくデータを価値ある情報に変える、情報活用ダッシュボード

MotionBoardは、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボード(BIツール)です。
専門知識を必要とせずにノンプログラミングでダッシュボードを作成できるユーザービリティ、豊富なチャート表現、スマホやタブレットでいつでも情報を入手できる機動力を備えています。BIツールとして他に類を見ないIoT(Internet of Things)データのリアルタイム可視化や地図データの標準搭載など、様々なビジネスシーンにおける素早い判断と次のアクションにつなげられる環境を提供します。

企業をとりまくデータを価値ある情報に変える、情報活用ダッシュボード

刻一刻と変わるビジネスの状況をリアルタイムに

MotionBoardはさまざまなデータソースに直接接続し、リクエストに合わせて集計結果をダイナミックに可視化します。データベースやDWHなどのシステムに追加された新しいデータをリアルタイムにチャートに反映することができるので、状況の変化をいち早く捉えることができます。さらに、IoTデータのリアルタイム可視化や地図上への表現も可能です。インメモリ化技術により、膨大な情報でも高速に処理します。

刻一刻と変わるビジネスの状況をリアルタイムに

“データ”を次のアクションにつなげる“情報”へ

専門的で複雑なプログラミング知識を必要とせずに、誰もが簡単に操作できるユーザービリティと豊富なチャート表現で、現場の一人ひとりが活用できるダッシュボードを作成できます。MotionBoardを通して、“データ”は次のアクションにつながる価値ある“情報”に変わります。

“データ”を次のアクションにつなげる“情報”へ

いつでもどこでも。場所やネットワーク環境の制約を低減

MotionBoardはタブレットに対応し、オフィス外のビジネスシーンでのデータ利用を可能にします。ネットワーク環境に左右されずにデータを利用できるオフライン分析機能を搭載しています。

いつでもどこでも。場所やネットワーク環境の制約を低減

活用事例

飲食業での皿に埋め込まれたICタグデータの分析

株式会社あきんどスシローでは、皿に貼り付けたICタグで、「いつ、どの商品がレーンに流れ、いつ消費されたのか」、タッチパネルでは、「いつ、どのテーブルが、どの製品が注文されたのか」という情報を把握しています。これらのデータに、POSの売上や来店状況、食材の在庫/納品予定量、従業員のシフト状況など店舗運営に関わるデータを紐付け、AWS上に構築したデータウェアハウスに蓄積し、MotionBoardを利用して全店舗でデータ活用できる環境を備えています。ここでのデータ件数は年間約10億件、既に30億件以上のデータが蓄積、利用されています。

飲食業での皿に埋め込まれたICタグデータの分析

生産現場でのデータ活用

ヤマハ株式会社の楽器事業の製造拠点である株式会社ヤマハミュージックエレクトロニクスでは、月次ベースの実績報告をMotionBoardで日次化し、生産管理部門自らの手で、PDCAサイクルの高速化をITベースで実現しています。生産部門自ら「生産能率」「不良率」「非生産時間」という3つの生産管理指標の入力精度向上と、MotionBoardによる「リアルタイムの見える化」に挑戦し、情報システム部門ではなく生産管理現場自らの手で、業務改善サイクルを「早く」回すための仕組みを完成させました。その結果、レポート業務の大幅な省力化と、業務改善サイクルの高速化を実現しています。

生産現場でのデータ活用
タブレット端末を利用して、生産現場でPOPシステムにデータを入力

経営におけるデータ活用、KPI管理

株式会社ベリテは、経営者自らが、データを活用したKPI(重要業績評価指標)マネジメントによる経営基盤の強化にMotionBoardを活用しています。
MotionBoardを使い業績予測に必要な独自のKPIを作成し現場と共有することで、ビジネスのゴールを明確にするとともに、意思統一を図っています。業績予測をしながら、仮に予測と実績にずれが生じることがあれば、経営者はすぐに次の一手を打つことができ、現場はレポートを作成する必要もなく、MotionBoardを通じてフィードバックを素早く行えるようになり、業務の効率化につなげています。

経営におけるデータ活用、KPI管理

体験デモのご案内

このページの先頭に戻る