MotionBoard

機能 - 可視化

MotionBoardは、企業をとりまくデータを
価値ある情報に変えるBIダッシュボードです
MotionBoardの機能をご紹介します

様々なデータを、必要なカタチで、シンプルに可視化

MotionBoard - イメージ

簡単にきれいなチャートを作成

チャートのデザインを豊富に用意。デザインに時間をかけることなく、必要なカタチに表現できます。
円、棒、折れ線などの使いなれた基本的なチャートから、レーダー、ゲージ、シグナル、散布図、バブルチャート、ウォーターフォールまで、豊富なチャートを用意しています。プロジェクト管理で作業の進捗管理に使われるガントチャートや、品質管理に用いるパレート図なども選択できます。

異なるデータソースを
ひとつのダッシュボードで可視化

システム毎に分散されたデータを、ひとつのダッシュボードで、ひと目でわかるように可視化できます。
また、データの種類や軸の異なるチャートを重ねて表示することもできます。

専門知識不要で
使いこなせる直感的な操作性

専門的で複雑なプログラミング知識は必要ありません。
マウス操作のみでダッシュボードを作成できます。

大量データをインメモリで高速化

インメモリ技術により大量データも高速に処理できます。
MotionBoardのインメモリ技術は、すべてのデータをメモリ上に取り込む方法に加えて、差分データの取り込みや条件を指定した取り込みなど、お客様の運用に合わせた方式を選ぶことができます。
また、単体サーバーのメモリを増強させる従来のインメモリサーバー構築方式に加え、サーバーを分散させた環境でも、それぞれのメモリを活用できる独自の仕組みを持っており、コストの軽減や負荷分散で威力を発揮します。

データを地図上に表現

MotionBoardは、「地図機能」を標準搭載。高精細な商用地図「MapFan」「Mapion」「ESRI(ArcGIS)」も利用できます。

訪問先の住所を複数指定して最も効率的に巡回できるルートの表示や、特定の場所から指定した時間で到達できる範囲を算出する到達圏分析も可能です。

MotionBoardは、世界初の独自「リアルタイムGEOコーディングエンジン」の搭載により、お客様や店舗情報などの住所情報から緯度経度への変換を、圧倒的なパフォーマンスで実現。地図上にポイント表示できます。

モバイルでの利用に最適化

タップやピンチ(拡大・縮小)などのスマートフォンやタブレット端末特有のタッチパネル操作に対応しています。 もちろん、モバイル専用の開発は必要なく、モバイル利用のその日から違和感がない快適操作を手にいれることが可能です。

タブレットやスマートフォンでも

レポートで全社共有

ダッシュボードをExcel、PowerPointファイルに出力。日々のレポートを自動生成できます。
MotionBoardはビジネスにおける報告業務の基盤になります。

共有イメージ
「SVF」「SVF Cloud」との連携により、精度が求められる帳票の出力も可能です。

伝える表現と伝わる情報で、コミュニケーションを促進

チャートへのコメント

チャートにコメントを付加できます。分析結果の指摘や気づきを具体的に共有できます。

ボードストーリー機能

分析結果を共有しても、どこを見たらよいかわからない。そんなときはボードストーリー機能を使って、ダッシュボードのフォーカスしたいポイントや、アクションを促すメッセージを効果的に伝えることができます。

ピボットテーブルのように自由に分析

グラフ作成において、データソースに配置されていない項目も表示。OLAP分析をチャートレベルで実現しています。

情報 - イメージ

階層ツリー表示

ビジネス上で発生するデータを、階層ツリー表現で簡単にダッシュボードへ表示できます。また、枝葉の項目から利用されている親項目を逆に調べることも可能です。例えば、製造業の現場で使われる部品表(BOM:Bill Of Materials)の表現が可能になります。

階層ツリー表示 - イメージ

カレンダー表示

カレンダー形式で数値の大小を色の濃淡で表したり、集合系や曜日合計、月の総合計などを表示できます。

カレンダー表示 - イメージ

さぁ はじめましょう

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300受付時間:平日9:00〜17:30(土日祝日休)
このページのトップへ