MotionBoard

パッケージ製品のオプション製品 / 機能比較

オプション製品

オプション名 概要
MotionBoard インメモリクラスタ
追加ライセンスオプション
分散サーバー環境において各サーバーのメモリを活用した環境構築が可能です。
MotionBoard Bridge Client
追加ライセンスオプション
VPNなどの構築をせずに、セキュリティを担保しつつ遠隔地のデータを利用可能にします。
MotionBoard GEO Coding
オプション
リアルタイムに住所情報やグローバルIPアドレスを緯度経度情報に変換し、地図上へ表現をすることが可能となります。
MotionBoard 帳票出力
オプション
SVF レポート、Excel レポート、PowerPoint レポートの出力が行えます。SVF レポート出力では、MotionBoard 簡易帳票レイアウトの設定を行いPDF の出力が行えます。また、SVFX-Designer で作成したレイアウト情報を利用することにより、より高度なSVF 帳票(PDF、Excel)の出力も行えます(SVFX-Designer は別途ご購入いただく必要があります)。
MotionBoard 帳票出力オプション Linux版のご利用には、フォントを別途ご購入いただく必要があります。詳細は弊社営業へお問い合わせください。
MotionBoard SVF Connector
オプション
弊社帳票ツールSVF あるいはSVF Cloud との連携を可能にします。別途SVF 環境が必要となります。
MotionBoard IoT デバイス接続追加ライセンスオプション IoT Agent、REST/MQTT のリアルタイム連携を行うために必要なオプションとなります。デバイス単位(センサー数では なく、名前で識別する単位)での課金となりますが、1デバイスのセンサー数の上限は50となります。

機能比較表

  MotionBoard MotionBoard for Dr.Sum
サーバーライセンス ユーザーライセンス サーバーライセンス ユーザーライセンス
標準機能 特定分析機能 ◎ ※1 -
ファイルコネクター - -
データモデル - -
MotionBoard View - -
R連携 - -
リアルタイムアラート - -
ビジネスチャット ◎ ※2 ◎ ※2
オプション
製品
インメモリ ● ※3 ● ※3 ×
Bridge Client ● ※3 × ×
GEO Coding ×
帳票出力 ×
SVF Connector ×
IoTデバイス接続 ×

「◎」製品の標準機能に含まれます。「−」製品の標準機能に含まれません。

「●」オプションの追加が可能となります。「×」オプションの追加はできません。

  1. ※1:特定分析機能(基本統計機能{標準偏差、最頻値、中央値、分散等}、バスケット分析、トライアルリピート分析機能)はインメモリ処理を行うため、インメモリ機能の利用が前提となります。このためインメモリ機能をオプションでご購入いただくことで、利用可能となります。
  2. ※2:リアルタイムアラート機能を利用したチャット送信は行えません。
  3. ※3:標準にて1ライセンスが含まれております。

価格およびライセンスの詳細についてはお問い合わせください。

さぁ はじめましょう

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300受付時間:平日9:00〜17:30(土日祝日休)
このページのトップへ