ウイングアーク1st株式会社 WingArc1st Inc.

  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
  • お問い合わせ

MotionBoard動作環境

System Requirements

お問い合わせ

  • MotionBoard
  • MotionBoardとは
  • 機能紹介
  • 製品一覧
  • 体験デモ
  • 動作環境

MotionBoard Ver.5.6(Windows版)動作環境旧バージョンの動作環境Ver.5.5Ver.5.0Ver.4.1

サーバー環境クライアント環境コマンドラインツールMotionBoard Agent
インメモリOLAPエンジン+MobileアプリケーションブリッジクライアントMB IoT Agent

このページに記載されている環境であっても、製造元の通常サポートが終了している環境(OS、Webブラウザー、各種周辺ソフトウェアなど)に依存する障害に関しては、通常保守サービスの対象外です。詳細は、弊社サポートサイトの「サポートポリシー」を参照してください。

サーバー環境

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※4
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 16GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※5 ※6
  • 512MB以上 ※5 ※7
Webブラウザー
  • Microsoft Edge ※8 ※9
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※10 ※11
  • Internet Explorer 10(32bit) ※10 ※11
  • Internet Explorer 9(32bit) ※10
  • Internet Explorer 8(32bit) ※10
  • Internet Explorer 7(32bit) ※10
  • Mozilla Firefox 6.0以降(32bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※12
必要なソフトウェア
  • Adobe Flash Player 10.2以降
外部連携可能なソフトウェア
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.3.0 SP3
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.0 SP1
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.0
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.3.0 SP2
  • OpenLDAP 2.x
  • SVF Cloud ※13
  • SVF for Excel Ver.9.2 ※13
  • SVF for PDF Ver.9.2 ※13
  • SVF for Java Print Ver.9.2 ※13
  • Universal Connect/X Ver.9.2 ※13
  • Windows Server 2012 R2 Active Directory
  • Windows Server 2012 Active Directory
  • Windows Server 2008 R2 Active Directory
  • Windows Server 2008 Active Directory
  • Windows Server 2003 Active Directory
使用可能なデータソース
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Windows版)
  • Dr.Sum EA Ver.3.0 SP3
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2 ※14
  • Excelファイル ※15 ※16
  • CSVファイル ※17
  • Amazon Aurora
  • Amazon RedShift 1.x
  • FUJITSU Symfoware Server V9.x
  • FUJITSU Software Symfoware Analytics Server V12.x
  • Google Analytics
  • Greenplum Database 4.x
  • HAWQ 1.x
  • HiRDB 9.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 3.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 2.x
  • HP Vertica 7.x
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2 ※2 ※18
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1 ※2 ※18
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V6R1 ※2 ※18
  • IBM DB2 11.x ※19
  • IBM DB2 10.x
  • IBM DB2 9.x
  • IBM PureData System(Netezzaテクノロジー)(内部Netezzaバージョン 7.x)
  • IBM Informix Server 11.7
  • MariaDB 10.x ※2
  • MariaDB 5.x ※2
  • Microsoft Azure SQL Database ※2
  • Microsoft SQL Server 2016 ※20
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • Microsoft SQL Server 2008 SP3
  • Microsoft SQL Server 2008 SP2
  • Microsoft SQL Server 2005 SP3
  • MySQL 5.x(InnoDB)
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11gR1
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 9iR2(R9.2.0.7以降)
  • Oracle RAC 12cR1
  • Oracle RAC 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR1
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR1
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.x
  • Red Hat JBoss 6.x ※2 ※18
  • SAP SQL Anywhere 17.x ※18 ※19 ※21
  • SAP SQL Anywhere 16.x ※18 ※22
  • SAP HANA 1.x
  • Teradata Database 15.x
  • Teradata Database 14.x
  • Tibero RDBMS 6.x
  • Treasure Data
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  3. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  5. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  6. GEOアイテムで使用する地図データを製品メディアからインストールする場合は、別途約5.5GB以上の空き容量が必要です。追加の地図をWebからダウンロードする場合は、別途空き容量が必要です。
  7. RC Serviceの必要ディスク容量です。
  8. Windows 10 ビルド1607 以降をご利用の場合は、5.6.00.0001以降のバージョンで使用可能です。
  9. Windows 10 ビルド1703 以降をご利用の場合は、5.6.00.0004以降のバージョンで使用可能です。
  10. ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  11. デスクトップ版にのみ対応しています。
  12. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  13. SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
  14. Datalizer Express for Excelおよびfor Excelは除きます。
  15. 1,048,576件または100MB以内
  16. データソースとして利用可能なExcelファイルの形式は、次のものです。
     XLS形式 :「Excel 97-2003 ブック」(「Microsoft Excel 5.0/95 ブック」には非対応)
     XLSX形式 :「Excel ブック」、「Strict Open XML スプレッドシート」
     XLSM形式:「Excel マクロ有効ブック」
  17. 100万件または100MB以内
  18. 詳細な情報は、弊社にお問い合わせください。
  19. 5.6.00.0003以降のバージョンで使用可能です。
  20. 5.6.00.0001以降のバージョンで使用可能です。
  21. JDBC TYPE4に対応しています。
  22. 5.6.00.0002のバージョンでは、JDBC TYPE2に対応しています。
     5.6.00.0003以降のバージョンでは、JDBC TYPE2 および TYPE4に対応しています。 

参考:
・製品に付属している地図データは、OpenStreetMap(OSM)の2015/10/7日版を基に作成しています。

クライアント環境

クライアント環境としては、以下になります。

  • Webブラウザーを利用
  • 「MotionBoard Client」を利用(Adobe Flash Playerは不要)

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※4
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※5
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※5
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • 1GHz以上
メモリ使用量
  • 1GB以上
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※6
Webブラウザー
  • Microsoft Edge ※7 ※8
  • Internet Explorer 11(32bit/64bit) ※9 ※10
  • Internet Explorer 10(32bit) ※9 ※10
  • Internet Explorer 9(32bit) ※9
  • Internet Explorer 8(32bit) ※9
  • Internet Explorer 7(32bit) ※9
  • Mozilla Firefox 6.0以降(32bit)
  • Google Chrome(32bit/64bit) ※11
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※12
  • Adobe Reader XI ※12
  • Adobe Reader X ※12
  • Adobe Flash Player 10.2以降 ※13
  1. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  2. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. Windows 8、Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  5. Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  6. 「MotionBoard Client」をインストールする場合は、別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  7. Windows 10 ビルド1607 以降をご利用の場合は、5.6.00.0001以降のバージョンで使用可能です。
  8. Windows 10 ビルド1703 以降をご利用の場合は、5.6.00.0004以降のバージョンで使用可能です。
  9. ブラウザーの保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  10. デスクトップ版にのみ対応しています。
  11. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  12. オフラインチャート(PDF形式)や、PDF出力されたボードやチャートを閲覧するときに必要です。
  13. 各Web ブラウザーに対応した Adobe Flash Player が必要です。 Adobe Reader にてオフラインチャート(PDF 形式)閲覧時は、NPAPI 版が必要です。

コマンドラインツール

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※5
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※6
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※6
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※7
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※7
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※8
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※8
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※9
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※9
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 512MB以上
Java
  • Oracle Java RE 8(64bit)
  • Oracle Java RE 8(32bit)
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  3. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  5. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  6. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  7. Windows 8、Pro、Enterpriseに対応しています。
  8. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  9. Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。

MotionBoard Agent

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※5
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※6
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※6
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※7
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※7
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※8
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※8
  • Microsoft Windows Vista(64bit) ※9
  • Microsoft Windows Vista(32bit) ※9
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※10
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  3. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  5. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  6. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  7. Windows 8、Pro、Enterpriseに対応しています。
  8. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  9. Business、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  10. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

インメモリOLAPエンジン

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
CPU
  • 4コア以上 ※5
メモリ使用量
  • 3GB以上 ※6
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※7 ※8
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  3. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  5. 同じデータサーバーグループに属するサーバーは、CPUのコア数が同じものを使用してください。
  6. データサーバーとして使用する場合は、32GB以上が推奨です。インメモリテーブルにデータを格納する際、作業用のメモリとして、テーブルが使用するメモリ容量の2倍程度を消費する場合があります。多くのメモリを消費するテーブルにデータを格納する場合、メモリ容量に空きがあってもデータを格納できないことがあります。
  7. コントローラーとして使用する場合は、320GB以上の空き容量が推奨です。インメモリテーブル用データを復旧する際に使われるCSVファイルを保存するディスク領域として必要です。
  8. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

+MobileアプリケーションAndroid端末

OS
  • Android 4以降
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • OS、ストレージ使用量の条件を満たす端末 ※1
  1. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。

+MobileアプリケーションiOS端末

OS
  • iOS 8以降 ※1
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • Apple iPhone 5s以降 ※2 ※3
  • Apple iPad mini 2以降 ※2 ※4
  • Apple iPad Air以降 ※2 ※5
  1. iOS 9 以降を推奨します。
  2. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末を推奨します。
  3. Apple iPhone 6s以降を推奨します。
  4. Apple iPad mini 4以降を推奨します。
  5. Apple iPad Air 2以降を推奨します。

+MobileアプリケーションWindows端末

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※2
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※3
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※4
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • OS、ストレージ使用量の条件を満たすタブレットPC ※5 ※6
  1. Pro、Enterprise、Education、Mobile、Mobile Enterpriseに対応しています。
  2. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. Windows 8、Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  5. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。
  6. 一部の端末ではGPSを利用したMotionBoardの機能は利用できない場合があります。

ブリッジクライアント

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※4
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※4
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 4GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※5
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  3. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  5. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

MB IoT Agent

MB IoT Agentの対応OSは次のとおりです。その他の動作環境は+Mobileアプリケーションに準じます。

OS
  • iOS 9以降
  • Android 4.2以降

MotionBoard Ver. 5.6(Linux版)動作環境旧バージョンの動作環境Ver.5.5Ver.5.0Ver.4.1

サーバー環境

OS
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 for Power (Power8 Little Endian)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 16GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※2 ※3
外部連携可能なソフトウェア
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Linux版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Linux版)
  • OpenLDAP 2.x
  • SVF Cloud ※4
  • SVF for Excel Ver.9.2 ※4
  • SVF for PDF Ver.9.2 ※4
  • SVF for Java Print Ver.9.2 ※4
  • Universal Connect/X Ver.9.2 ※4
  • Windows Server 2012 R2 Active Directory
  • Windows Server 2012 Active Directory
  • Windows Server 2008 R2 Active Directory
  • Windows Server 2008 Active Directory
  • Windows Server 2003 Active Directory
使用可能なデータソース
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum EA Ver.4.1
  • Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1(Linux版)
  • Dr.Sum EA Ver.4.0(Linux版)
  • Excelファイル ※5 ※6
  • CSVファイル ※7
  • Amazon Aurora
  • Amazon RedShift 1.x
  • FUJITSU Symfoware Server V9.x
  • FUJITSU Software Symfoware Analytics Server V12.x
  • Google Analytics
  • Greenplum Database 4.x
  • HAWQ 1.x
  • HiRDB 9.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 3.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 2.x
  • HP Vertica 7.x
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2 ※8 ※9
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1 ※8 ※9
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V6R1 ※8 ※9
  • IBM DB2 11.x ※1
  • IBM DB2 10.x
  • IBM DB2 9.x
  • IBM PureData System(Netezzaテクノロジー)(内部Netezzaバージョン 7.x)
  • IBM Informix Server 11.7
  • MariaDB 10.x ※9
  • MariaDB 5.x ※9
  • Microsoft Azure SQL Database ※9
  • Microsoft SQL Server 2016 ※10
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • Microsoft SQL Server 2008 SP3
  • Microsoft SQL Server 2008 SP2
  • Microsoft SQL Server 2005 SP3
  • MySQL 5.x(InnoDB)
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11gR1
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 9iR2(R9.2.0.7以降)
  • Oracle RAC 12cR1
  • Oracle RAC 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR1
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR1
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.x
  • Red Hat JBoss 6.x ※8 ※9
  • SAP SQL Anywhere 17.x ※1 ※8 ※11
  • SAP SQL Anywhere 16.x ※8 ※12
  • SAP HANA 1.x
  • Teradata Database 15.x
  • Teradata Database 14.x
  • Tibero RDBMS 6.x
  • Treasure Data
  1. 5.6.00.0003以降のバージョンで使用可能です。
  2. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  3. GEOアイテムで使用する地図データを製品メディアからインストールする場合は、別途約5.5GB以上の空き容量が必要です。追加の地図をWebからダウンロードする場合は、別途空き容量が必要です。
  4. SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
  5. 1,048,576件または100MB以内
  6. データソースとして利用可能なExcelファイルの形式は、次のものです。
     XLS形式 :「Excel 97-2003 ブック」(「Microsoft Excel 5.0/95 ブック」には非対応)
     XLSX形式 :「Excel ブック」、「Strict Open XML スプレッドシート」
     XLSM形式:「Excel マクロ有効ブック」
  7. 100万件または100MB以内
  8. 詳細な情報は、弊社にお問い合わせください。
  9. 5.6.00.0002以降のバージョンで使用可能です。
  10. 5.6.00.0001以降のバージョンで使用可能です。
  11. JDBC TYPE4に対応しています。
  12. 5.6.00.0002のバージョンでは、JDBC TYPE2に対応しています。
     5.6.00.0003以降のバージョンでは、JDBC TYPE2 および TYPE4に対応しています。 

参考:

  • MotionBoard RC Service、MotionBoard Agentは、Windowsのみに対応しています。
  • MotionBoardクライアント環境、コマンドラインツール、MotionBoard Agent、インメモリOLAPエンジン、+Mobileアプリケーション、ブリッジクライアント、MB IoT Agentの動作環境については「MotionBoardの動作環境(Windows版)」を参照してください。

  • MotionBoard RC Serviceの動作環境については「MotionBoardの動作環境(Windows版)」の「サーバー環境」を参照してください。

仮想化環境対応、クラウド環境サポートポリシーについては、各サポートサイトをご参照ください。

仮想化環境の対応について
クラウド環境サポートポリシー

このページの先頭に戻る