MotionBoard

動作環境 Ver.6.0

MotionBoard Ver.6.0(Windows版)動作環境

このページに記載されている環境であっても、製造元の通常サポートが終了している環境(OS、Webブラウザー、各種周辺ソフトウェアなど)に依存する障害に関しては、通常保守サービスの対象外です。詳細は、弊社サポートサイトの「サポートポリシー」を参照してください。

旧バーションの動作環境
Ver.5.7Ver.5.6Ver.5.5Ver.5.0Ver.4.1

サーバー環境

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 16GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※4 ※5
  • 512MB以上 ※4 ※6
Webブラウザー
  • Microsoft Edge ※7 ※8 ※9 ※10
  • Internet Explorer 11 ※9 ※10 ※11 ※12 ※13
  • Mozilla Firefox 56以降 ※7 ※9 ※10
  • Google Chrome ※7 ※9 ※10 ※14
外部連携可能なソフトウェア
  • Dr.Sum Ver.5.1 ※15
  • Dr.Sum Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum Datalizer Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2
  • SVF Cloud ※16
  • SVF for Excel Ver.9.2 ※16
  • SVF for PDF Ver.9.2 ※16
  • SVF for Java Print Ver.9.2 ※16
  • Universal Connect/X Ver.9.2 ※16
  • Microsoft R Server(Operationalization)Ver 9.0
  • OpenLDAP 2.x
  • Rserve(R version 3.3.2)(Linux版) ※17
  • Windows Server 2019 Active Directory
  • Windows Server 2016 Active Directory
  • Windows Server 2012 R2 Active Directory
  • Windows Server 2012 Active Directory
  • Windows Server 2008 R2 Active Directory
  • Windows Server 2008 Active Directory
  • Windows Server 2003 Active Directory
  • direct
  • チャットワーク
  • LINE WORKS
  • Slack
  • アクリートSMS
使用可能なデータソース
  • SPA Ver.10 ※18
  • SPA Ver.9.3 ※19
  • Dr.Sum Ver.5.1 ※15
  • Dr.Sum Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum Datalizer Ver.5.0 ※20
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2 ※20
  • Excelファイル ※21 ※22
  • CSVファイル ※23
  • Amazon Aurora ※24
  • Amazon RedShift 1.x
  • Apache Spark 2.1.0
  • Apache Spark 2.0.2
  • EnterpriseDB 9.6
  • EnterpriseDB 9.5
  • FUJITSU Symfoware Server V9.x
  • FUJITSU Software Symfoware Analytics Server V12.x
  • Google Analytics
  • Greenplum Database 4.x
  • HAWQ 1.x
  • HiRDB 9.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 3.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 2.x
  • Micro Focus Vertica 9.x
  • Micro Focus Vertica 8.x
  • Micro Focus Vertica 7.x
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R3 ※25
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2 ※25
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1 ※25
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V6R1 ※25
  • IBM DB2 11.x
  • IBM DB2 10.x
  • IBM DB2 9.x
  • IBM PureData System(Netezzaテクノロジー)(内部Netezzaバージョン 7.x)
  • IBM Informix Server 11.7
  • MariaDB 10.x
  • MariaDB 5.x
  • Microsoft Azure SQL Database
  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft SQL Server 2016
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • Microsoft SQL Server 2008 SP3
  • Microsoft SQL Server 2008 SP2
  • Microsoft SQL Server 2005 SP3
  • MySQL 8.x
  • MySQL 5.x(InnoDB)
  • Oracle Database 18c
  • Oracle Database 12cR2
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11gR1
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 9iR2(R9.2.0.7以降)
  • Oracle RAC 12cR2
  • Oracle RAC 12cR1
  • Oracle RAC 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 18c
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR1
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR1
  • PostgreSQL 11
  • PostgreSQL 10
  • PostgreSQL 9.6
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.x
  • Red Hat JBoss 6.x ※25
  • SAP IQ 16.0
  • SAP SQL Anywhere 17.x ※25 ※26
  • SAP SQL Anywhere 16.x ※25 ※27
  • SAP HANA 2.x
  • SAP HANA 1.x
  • Teradata Database 15.x
  • Teradata Database 14.x
  • Tibero RDBMS 6.x
  • Treasure Data
  • その他の使用可能なデータソース ※28
Flash Player
  • Adobe Flash Player 10.2以降 ※29
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  5. GEOアイテムで使用する地図データを製品メディアからインストールする場合は、別途約5.5GB以上の空き容量が必要です。追加の地図をWebからダウンロードする場合は、別途空き容量が必要です。
  6. RC Serviceの必要ディスク容量です。
  7. 動作モードを「HTML5」で使用する場合は、ChormeおよびFirefoxを推奨します。
  8. 動作モードを「HTML5」で使用する場合、Edgeのバージョンによっては特定の動画フォーマットに対応していない可能性があります。動画が再生できない場合は、Edgeを最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
  9. ご利用のWeb ブラウザーでCookie を有効にしてください。
  10. 動作モードを「HTML5」で使用する場合は、GPUレンダリング が有効な環境を推奨します。
  11. デスクトップ版にのみ対応しています。
  12. 動作モードを「Flash」で使用する場合は、Internet Explorer 11(32bit)の保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  13. 動作モードを「HTML5」で、Internet Explorer 11をご利用いただく場合、他のブラウザに比べて安定性が低く、描画中にエラーが発生する場合があります。そのため、EdgeやChromeおよびFirefoxを推奨します。
  14. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  15. 6.0.00.0006以降のバージョンで使用可能です。
  16. SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
  17. スコアリング機能に対応しています。
  18. MotionBoardと接続可能なSPAのバージョンは、SPA Ver.10.0以降となります。
  19. MotionBoardと接続可能なSPAのバージョンは、SPA Ver.9.3 SP5以降となります。
  20. Datalizer Express for Excelおよびfor Excelは除きます。
  21. 1,048,576件または100MB以内
  22. データソースとして利用可能なExcelファイルの形式は、次のものです。
     XLS形式 :「Excel 97-2003 ブック」(「Microsoft Excel 5.0/95 ブック」には非対応)
     XLSX形式 :「Excel ブック」、「Strict Open XML スプレッドシート」
     XLSM形式:「Excel マクロ有効ブック」
  23. 100万件または100MB以内
  24. 「MySQL 互換エディション」または「PostgreSQL 互換エディション」に対応しています。
  25. 詳細な情報は、弊社にお問い合わせください。
  26. JDBC TYPE4に対応しています。
  27. JDBC TYPE2 および TYPE4に対応しています。
  28. CData software連携のデータソースについてはこちらを参照ください。
  29. 動作モードを「Flash」で使用する場合は、各Webブラウザーに対応した Adobe Flash Playerが必要です。 Adobe Readerにてオフラインチャート(PDF形式)閲覧時は、NPAPI版が必要です。

参考:
・製品に付属している地図データは、OpenStreetMap(OSM)の2016年11月12日版を基に作成しています。

クライアント環境

クライアント環境としては、以下になります。

  • Webブラウザーを利用
  • 「MotionBoard Client」を利用
OS
  • Microsoft Windows 10 ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows 7 ※2 ※4
  • OS X Yosemite ※5
  • OS X El Capitan ※5
  • macOS Sierra ※5
  • macOS High Sierra ※5
  • macOS Mojave ※5
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • 1GHz以上
メモリ使用量
  • 1GB以上
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※6
Webブラウザー
  • Microsoft Edge ※7 ※8 ※9 ※10
  • Internet Explorer 11 ※9 ※10 ※11 ※12 ※13
  • Mozilla Firefox 56以降 ※7 ※9 ※10
  • Google Chrome ※7 ※9 ※10 ※14
PDF Reader
  • Adobe Acrobat Reader DC ※15
  • Adobe Reader XI ※15
  • Adobe Reader X ※15
Flash Player
  • Adobe Flash Player 10.2以降 ※16
  1. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  2. 「MotionBoard Client」は64bit版のOSがインストールされたクライアント環境に対応しています。
  3. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  5. 動作モードを「Flash」で使用する場合は、Google日本語入力をご利用ください。日本語入力プログラムの種類によっては、入力した文字に不正な文字が入力されることがあります。
  6. 「MotionBoard Client」をインストールする場合は、別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  7. 動作モードを「HTML5」で使用する場合は、ChormeおよびFirefoxを推奨します。
  8. 動作モードを「HTML5」で使用する場合、Edgeのバージョンによっては特定の動画フォーマットに対応していない可能性があります。動画が再生できない場合は、Edgeを最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
  9. ご利用のWeb ブラウザーでCookie を有効にしてください。
  10. 動作モードを「HTML5」で使用する場合は、GPUレンダリング が有効な環境を推奨します。
  11. デスクトップ版にのみ対応しています。
  12. 動作モードを「Flash」で使用する場合は、Internet Explorer 11(32bit)の保護モードには対応していません。保護モードを無効にして利用してください。
  13. 動作モードを「HTML5」で、Internet Explorer 11をご利用いただく場合、他のブラウザに比べて安定性が低く、描画中にエラーが発生する場合があります。そのため、EdgeやChromeおよびFirefoxを推奨します。
  14. 最新バージョンから2バージョン前まで対応します(それ以前のバージョンはメーカーサポート終了のため)。
  15. オフラインチャート(PDF形式)や、PDF出力されたボードやチャートを閲覧するときに必要です。
  16. 動作モードを「Flash」で使用する場合は、各Web ブラウザーに対応した Adobe Flash Player が必要です。 Adobe Reader にてオフラインチャート(PDF 形式)閲覧時は、NPAPI 版が必要です。

コマンドラインツール

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※6
  • Ubuntu Server 16.04.x LTS(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 512MB以上
Java
  • Oracle Java RE 8(64bit)
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  5. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  6. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。

MotionBoard Agent

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※5
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※6
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※7
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. Pro、Education、Enterpriseに対応しています。
  5. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  6. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  7. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

インメモリOLAPエンジン

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Ubuntu Server 16.04.x LTS(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
CPU
  • 4コア以上 ※4
メモリ使用量
  • 3GB以上 ※5
ディスク使用量
  • 512MB以上 ※6 ※7
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. 同じデータサーバーグループに属するサーバーは、CPUのコア数が同じものを使用してください。
  5. データサーバーとして使用する場合は、32GB以上が推奨です。インメモリテーブルにデータを格納する際、作業用のメモリとして、テーブルが使用するメモリ容量の2倍程度を消費する場合があります。多くのメモリを消費するテーブルにデータを格納する場合、メモリ容量に空きがあってもデータを格納できないことがあります。
  6. コントローラーとして使用する場合は、320GB以上の空き容量が推奨です。インメモリテーブル用データを復旧する際に使われるCSVファイルを保存するディスク領域として必要です。
  7. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

+MobileアプリケーションAndroid端末

OS
  • Android 4以降
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • OS、ストレージ使用量の条件を満たす端末 ※1 ※2
  1. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。
  2. 位置情報やカメラ機能を+Mobileアプリケーションで使う場合、モバイル端末でアプリケーションにアクセスを許可する設定が必要です。

+MobileアプリケーションiOS端末

OS
  • iOS 9以降 ※1
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • Apple iPhone 5s以降 ※2 ※3
  • Apple iPad mini 2以降 ※2 ※4
  • Apple iPad Air以降 ※2 ※5
  1. iOS 11 以降を推奨します。
  2. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末を推奨します。
  3. Apple iPhone 6s以降を推奨します。
  4. Apple iPad mini 4以降を推奨します。
  5. Apple iPad Air 2以降を推奨します。

+MobileアプリケーションWindows端末

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※3
ストレージ使用量
  • 100MB以上
モバイル端末
  • OS、ストレージ使用量の条件を満たすタブレットPC ※4 ※5
  1. Pro、Enterprise、Education、Mobile、Mobile Enterpriseに対応しています。
  2. Windows 8.1、Pro、Enterpriseに対応しています。
  3. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  4. 表示するコンテンツによってメモリ使用量は変動します。よりメモリ搭載量の多い端末(2GB)を推奨します。
  5. 一部の端末ではGPSを利用したMotionBoardの機能は利用できない場合があります。

ブリッジクライアント

OS
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3
  • Ubuntu Server 16.04.x LTS(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 4GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※4
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. Standard、Datacenter、Essentials、Foundationに対応しています(Server Coreを除く)。
  3. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  4. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。

MB IoT Agent

MB IoT Agentの対応OSは次のとおりです。その他の動作環境は+Mobileアプリケーションに準じます。

OS
  • iOS 9以降 ※1
  • Android 4.2以降
  1. iOS 11 以降を推奨します。

MotionBoard Ver.6.0(Linux版)動作環境旧バージョンの動作環境Ver.5.7Ver.5.6Ver.5.5Ver.5.0Ver.4.1

サーバー環境

OS
  • Ubuntu Server 16.04.x LTS(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 Server(x86-x64 64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.6 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.3 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 Server(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 Server(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon 1GHz以上
メモリ使用量
  • 16GB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上 ※1 ※2
外部連携可能なソフトウェア
  • Dr.Sum Ver.5.1 ※3
  • Dr.Sum Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • SVF Cloud ※4
  • SVF for Excel Ver.9.2 ※4
  • SVF for PDF Ver.9.2 ※4
  • SVF for Java Print Ver.9.2 ※4
  • Universal Connect/X Ver.9.2 ※4
  • Microsoft R Server(Operationalization)Ver 9.0
  • OpenLDAP 2.x
  • Rserve(R version 3.3.2)(Linux版) ※5
  • Windows Server 2019 Active Directory
  • Windows Server 2016 Active Directory
  • Windows Server 2012 R2 Active Directory
  • Windows Server 2012 Active Directory
  • Windows Server 2008 R2 Active Directory
  • Windows Server 2008 Active Directory
  • Windows Server 2003 Active Directory
  • direct
  • チャットワーク
  • LINE WORKS
  • Slack
  • アクリートSMS
使用可能なデータソース
  • SPA Ver.10 ※6
  • SPA Ver.9.3 ※7
  • Dr.Sum Ver.5.1 ※3
  • Dr.Sum Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Excelファイル ※8 ※9
  • CSVファイル ※10
  • Amazon Aurora ※11
  • Amazon RedShift 1.x
  • Apache Spark 2.1.0
  • Apache Spark 2.0.2
  • EnterpriseDB 9.6
  • EnterpriseDB 9.5
  • FUJITSU Symfoware Server V9.x
  • FUJITSU Software Symfoware Analytics Server V12.x
  • Google Analytics
  • Greenplum Database 4.x
  • HAWQ 1.x
  • HiRDB 9.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 3.x
  • Hitachi Advanced Data Binder 2.x
  • Micro Focus Vertica 9.x
  • Micro Focus Vertica 8.x
  • Micro Focus Vertica 7.x
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R3 ※12
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2 ※12
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1 ※12
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V6R1 ※12
  • IBM DB2 11.x
  • IBM DB2 10.x
  • IBM DB2 9.x
  • IBM PureData System(Netezzaテクノロジー)(内部Netezzaバージョン 7.x)
  • IBM Informix Server 11.7
  • MariaDB 10.x
  • MariaDB 5.x
  • Microsoft Azure SQL Database
  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft SQL Server 2016
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • Microsoft SQL Server 2008 SP3
  • Microsoft SQL Server 2008 SP2
  • Microsoft SQL Server 2005 SP3
  • MySQL 8.x
  • MySQL 5.x(InnoDB)
  • Oracle Database 18c
  • Oracle Database 12cR2
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 11gR1
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 9iR2(R9.2.0.7以降)
  • Oracle RAC 12cR2
  • Oracle RAC 12cR1
  • Oracle RAC 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 18c
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 12cR1
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR2
  • Oracle Exadata Database Machine内のOracle Database 11gR1
  • PostgreSQL 11
  • PostgreSQL 10
  • PostgreSQL 9.6
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.x
  • Red Hat JBoss 6.x ※12
  • SAP IQ 16.0
  • SAP SQL Anywhere 17.x ※12 ※13
  • SAP SQL Anywhere 16.x ※12 ※14
  • SAP HANA 2.x
  • SAP HANA 1.x
  • Teradata Database 15.x
  • Teradata Database 14.x
  • Tibero RDBMS 6.x
  • Treasure Data
  • その他の使用可能なデータソース ※15
  1. 別途、システム領域に150MB以上(推奨500MB)の空き容量が必要です。
  2. GEOアイテムで使用する地図データを製品メディアからインストールする場合は、別途約5.5GB以上の空き容量が必要です。追加の地図をWebからダウンロードする場合は、別途空き容量が必要です。
  3. 6.0.00.0006以降のバージョンで使用可能です。
  4. SVF Connectorオプションのライセンスが必要です。
  5. スコアリング機能に対応しています。
  6. MotionBoardと接続可能なSPAのバージョンは、SPA Ver.10.0以降となります。
  7. MotionBoardと接続可能なSPAのバージョンは、SPA Ver.9.3 SP5以降となります。
  8. 1,048,576件または100MB以内
  9. データソースとして利用可能なExcelファイルの形式は、次のものです。
     XLS形式 :「Excel 97-2003 ブック」(「Microsoft Excel 5.0/95 ブック」には非対応)
     XLSX形式 :「Excel ブック」、「Strict Open XML スプレッドシート」
     XLSM形式:「Excel マクロ有効ブック」
  10. 100万件または100MB以内
  11. 「MySQL 互換エディション」または「PostgreSQL 互換エディション」に対応しています。
  12. 詳細な情報は、弊社にお問い合わせください。
  13. JDBC TYPE4に対応しています。
  14. JDBC TYPE2 および TYPE4に対応しています。
  15. CData software連携のデータソースについてはこちらを参照ください。

参考:

  • MotionBoard RC Service、MotionBoard Agentは、Windowsのみに対応しています。
  • MotionBoardクライアント環境、コマンドラインツール、MotionBoard Agent、インメモリOLAPエンジン、+Mobileアプリケーション、ブリッジクライアント、MB IoT Agentの動作環境については「MotionBoardの動作環境(Windows版)」を参照してください。

  • MotionBoard RC Serviceの動作環境については「MotionBoardの動作環境(Windows版)」の「サーバー環境」を参照してください。
このページのトップへ