製品情報

Products

SVF StraForm

帳票型入力画面の開発と業務アプリケーションへの組み込みを行うためのAPIを提供。また、入力画面を複数同時開発するための環境を強力にサポートします。

帳票型入力画面デザインツール
SVF StraForm Designer

Excel、Wordなどで作成したファイルおよびPDF形式のファイルから、あるいは紙で運用している様式からはイメージスキャナ経由でダイレクトインポート。出力帳票で要求される精緻なレイアウトをそのまま入力用の画面とし、優れたGUIとウィザード形式によるやさしい操作性で開発をサポートします。

概要 出力帳票で要求される精緻なレイアウトをそのまま入力用の画面とし、優れたGUIとウィザード形式によるやさしい操作性で開発をサポートします。
機能等 SVF StraForm Designerで開発した入力画面のフォームファイルと、SVFX-Designerで開発した帳票出力用のフォームファイルは、

SVF StraForm Design Converter

を利用することで相互に変換することが可能です。これにより、「入力画面」と「出力用の帳票デザイン」との間で、双方向のデザインの変更が可能となり、フォーム作成にかかる工数を劇的に短縮。開発者は、同一の操作感によるオペレーションで作業を進めることができます。
デザイン画面詳細

帳票型入力画面実行部
SVF StraForm Volc

各種業務アプリケーションに組み込むことで、エンドユーザーが使用する入力画面を「帳票型」で提供するとともに、MVCモデルのViewを分離提供するシステム構築を支援します。

概要 SVF StraForm Designerで作られた帳票型入力画面をWebシステムに付加するサーバー実行モジュールです。JavaAPIとWebサービスAPIが用意されています。
機能等

【分離】
SVF StraFormで生成された入力画面は、表示されるユーザーインターフェイス部と入力されたデータを完全分離します。
また、入力画面に特化したSVF StraFormを使用することによって、業務ロジックと分離したシステムの構築が可能となり、これによってシステムのメンテナンス性が格段に向上します。

【標準化】
SVF StraFormで作られた入力画面の使用にあたっては、他のアプリケーションやプラグインの追加などといった、特別な環境の追加設定は一切必要ありません。HTML/JavaScript/XML/J2EE の標準技術を全面的に採用しています。

【拡張性】
SVF StraFormによる入力画面から引き渡されたデータは業務ロジックでの処理後、SVFの帳票運用モジュールを経由し、さらに総合帳票基盤に連携することによって、さまざまな形式での帳票出力を行うことができるようになります。また、分離したデータをお客様のデータベースに格納後Dr.Sum EAと連携させることによりデータの高速集計やデータ活用基盤へ拡張するといった展開が可能です。

動作環境

製品名 バージョン クライアントOS
SVF StraForm Designer
SVF StraForm Design Converter
Ver.1.7
  • Windows Vista (32bit/64bit)
  • Windows 7(32bit/64bit)
  • Windows 8(32bit/64bit)
  • Windows 8.1(32bit/64bit)

◆SVF StraForm Designer推奨環境について
<クライアント環境>
・動作推奨メモリ:2GB以上(SVF StraForm Designerで1GB使用)
・HDD:300MB以上
・CPU:制限なし


製品名 バージョン サーバーOS
SVF StraForm(サーバー)

Ver.1.7

  • Windows 2008 R2
  • Windows 2012 R2

SVF StraForm Volc (API製品)

Ver.1.7
  • Windows Server 2008(32bit/64bit)
  • Windows 2008 R2
  • Windows 2012 R2
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせWebからのお問い合わせ
このページの先頭に戻る