SPA

  • "WORK STYLE REFORM"

    情報活用による働き方改革の実現

いま、労働人口減少時代の到来に向けて、
企業が成長する「働き方改革」が求められています。

  • 雇用形態の多様化

  • 同一労働同一賃金の実現

  • 残業時間の削減

こうした課題への取り組みを始める企業が増えているのは確かです。しかし、一元的な残業時間の削減や人事規程の変更など、業務内容を無視した表面的な対応を行うだけでは、業績が下がってしまうのではないか、従業員の負担は変わらないのではないか、という懸念もあります。

真の意味での「働き方改革」とは、従業員の生産性向上と業務効率の最適化を行い、企業の業績を向上させ社会を活性化することにあります。その実現には、ITの活用も重要な要素となります。

ウイングアークは、情報活用を軸にした様々な観点のソリューションにより、企業の「働き方改革」の実現に貢献します。

働き方改革のキーワードとなる「付加価値額向上」や「IT投資との関係」をテーマとしたホワイトぺーパーです。

01 労働生産性の課題

・1人あたりGDPが先進国中最下位
・長時間労働者の多さがトップ

生産性を改善できる余地は トップクラスです

02 日本の経済成長に
求められていること

超少子高齢化時代に突入する日本。
私たちの生活を支えるためには、労働生産性をあげて業績を向上させることが必要です。

労働生産性 × 業績向上

03 ITを有効に使うと

  • コストが減る

  • インサイトを得る

  • 活動量が増える

  • 自己投資ができる

ITをミカタにした企業の「働き方改革」

生産性向上ソリューション

データ活用がされていない職場がもたらす課題

企業が保有するデータ。経営や現場で活用をしていますか?データを活用できず、

  1. スピードが遅くなってしまう
  2. 生産性も悪くなってしまう
  3. 競争力も低くなってしまう

なんてことにつながる可能性を高めてしまいます。

  • 作業が大変

  • ミスが発生する

  • 状況が分からない

  • 気付きが得られない

データ活用しないなんてもったいない!
データから得られるインサイトを捨てるも同然

導入ステップ

データ活用にはステップがあります。スモールスタートからはじめ、精度を高めていきましょう。

  • NOW

    残業、有休レポートなどをExcelで作成、配布を行っている

  • STEP 1

    既存レポートをダッシュボード化し、チャートでよりわかりやすく可視化

    レポート配信を待たずに任意のタイミングで参照可能

  • STEP 2

    バイタル、販売、SFAなど複数のデータをかけ合わせ分析が可能

    Ex.

    勤怠×売上 =残業時間と売上の相関把握

    バイタル×健診×売上
    =活動量による健康状態や生産性の相関把握

    など

Use case 社員のための“働き方改革”BI

A社は、社員の残業が多く疲弊していました。「なぜ?」という理由の特定ができず、人事部の課題となっていました。
経営課題ととらえ、「健康経営」をかかげ、根本的な改善策をはかることに。
「なぜ?」を知るために「健康経営プラットフォーム」を構築に着手しました。

Before
人事、勤怠、健診
  • 個別システムの参照のみでは他の要素の因果関係や相関を分析できず、具体的な改善に至っていない
  • 勤怠データや人事データ、健診データは個別にExcelレポート作成、配布、周知を行っており作成に 工数がかかっている
  • 情報のタイムリーな把握ができないためマネジメントができず、業務に偏りや超過勤務等が発生してし まっている。

勤怠管理システムだけでは働き方改革はできない!

勤怠は「見える化」が必要です。

After
健康経営
  • 人事、勤怠、健診データだけではなく、その他データを掛け合わせて分析していくことで生産性を高める施策の打ち出しが可能に
  • 全社・部門・個人のレポート作成を自動化
  • 日次レベルでのより細かいタイムリーなマネジメントが可能に
  • 集計作業の自動化

    労働時間の削減

  • タイムリーに残業時間を把握

    労働時間の抑制

  • 過去の労働時間の見える化

    長時間労働の改善と予防

労務管理「連続勤務者」

連続勤務が続いている人員の確認。長期連続勤務者が出ないようなシフト管理をする。

労務管理「PCオンオフ時間と勤怠の乖離」

勤怠管理システムだけでは見えない隠れた残業をみえる化する。

業務効率化ソリューション

電子化されていない帳票がもたらす課題とは?

  • 保管費用がかかる

  • 移送費用がかかる

  • 探すのが大変

  • 破棄費用がかかる

  • 再利用性が低い

時間もコストも負担が大きく、業務効率が悪い

SPA

アナログ業務を自動化するSPA

SPAは、企業の業務取引の中で必ず発生する、PDF や Office 等の電子ファイルや紙文書を電子化したファイルを、一元管理し活用するこ とができます。これまで担当者がアナログな手作業で行ってきた情報管理や、それらに関わる一連の業務プロセスを自動化し、劇的な時間 短縮を実現。組織内外での情報活用を促進し、企業の働き方改革を支援します。

アナログ業務を自動化

Use case 経理が営業が「紙ゼロ」で“働き方改革”

動画を見る

お問い合わせ

「働き方改革」は私たちにお任せください。豊富なユースケースからご支援します。

資料請求・お問い合わせはココをクリック

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5962-7300

受付時間:平日 9:00~17:30(土日祝日休)

このページのトップへ