SVF製品

LINE UP

お問い合わせ・資料請求

SVF for JavaPrintSVF for PDFPDF for Excelその他

SVF for PDF Ver.9.2
SVF for PDF Client Edition Ver.9.2
〈帳票運用~ローカル環境/Web環境での帳票出力~〉

文書管理機能を備えた高パフォーマンスな帳票のPDF化

概要

「SVF for PDF」は、精密性を重視したPDFを生成し、ピーク時の同多重アクセスに耐えうる帳票エンジンです。軽量・ハイパフォーマンス・マルチスレッド処理、各種バーコード対応、画像の貼付け、カラー出力 、セキュリティ対応など、実績のある各社Web Application Serverと連携した本格的な帳票システムが構築できます。

特長

帳票デザイン段階でPDFレイヤーを設定

「SVFX-Designer」および「SVF Web Designer」設計時のレイヤーがそのままPDF生成時に同じレイヤー構成でPDF化されます。必要に合わせレイヤーを組み合わせて表示印刷することができます。

SVFX-Designerの帳票デザイン段階でPDFレイヤーを設定のイメージ
PDF出力からメールやFAX、電子帳票システムとの連携が容易

「SVF for PDF」をコアに、業務の用途に応じた帳票出力モジュールの組み合わせによって、メールやFAX、電子帳票システムとの連携が容易に実現できます。

業務にあわせた事前設定の効率化
(PDFプリセット機能の向上)

業務にあわせたPDF印刷についてあらかじめ各種設定ができます。部数の指定/印刷するページの指定/ページに合わせ用紙選択/両面印刷/拡大縮小など毎回設定する必要はありません。

業務にあわせた事前設定の効率化イメージ
PDFの規格である、PDF/X※変換へ対応

「PDF/X」はPDFの規格の一種で、印刷用出力ファイル交換のISO標準規格です。印刷の際、OSやアプリケーションのバージョンの違い、フォントの有無など、さまざまな出力環境の違いに よって生じる問題に対し、出力ファイルのフォーマットを統一することで、出力側の環境に依存せず印刷することが可能です。
※PDF/X-1aによるPDF/X変換を指します。PDF/X-3は未対応です。

PDF/X変換イメージ
各種機能詳細

「SVF for PDF」は、様々な帳票運用を想定した、きめ細やかな機能が設定できます。

機能一覧の図 明細6機種

PDF帳票出力パッケージ「SVF for PDF Client Edition」[NEW]

「SVF for PDF Client Edition」は、帳票の出力運用管理を行うSVF実行部を、PC端末(クライアント端末)にインストールして利用できます。インストール作業が非常に容易であり、複雑な設定は必要ありません。またスプールサーバー不要で帳票印刷前にプレビュー機能で帳票イメージの確認ができるほか、ASP/COM Connect と .NET Connect を同梱して標準的なWindowsアプリとのデータ連携を実現し、さまざまな帳票を作成できます。

機能比較

「SVF for PDF Client Edition」「SVF for PDF」の主要機能の比較は次の通りです。

  SVF for PDF Client Edition SVF for PDF
同梱モジュール ・PAlite
・SVF Connect for .NET Framework API
・SVF Connect for ASP/COM API
・PAlite
インストール対象OS Windows クライアントOS
詳細は動作環境へ
Windows Server、Linux、UNIX
詳細は動作環境へ
PDF生成機能 ※ 相違なし 相違なし
提供API ※ 相違なし 相違なし

※実行エンジン部分を比較

お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせWebからのお問い合わせ
このページの先頭に戻る