SVF技術支援サービス

Product Service

お問い合わせ・資料請求

SVF技術支援サービスのご案内

帳票システムを効率的に構築し安定的に運用していただけるよう「SVF技術支援サービス」をご用意しました。
SVFを開発・販売するベンダー自身ならではの、隅々までゆきとどいたサービスメニューと高度な技術ノウハウで、お客様をご支援します。
また個別の要件にきめ細かく対応する、コンサルティングサービスも実施しております。まずはお問い合わせください。

新規導入・構築支援に関する技術支援
設計フェーズ
適用フェーズ
要件定義・設計
支援期間
1週間~
提供資料
技術セッション資料
作業報告書

お客様のプロジェクトの要件を確認し、要件の実現性や課題の認識合わせに加え、上位システムから帳票基盤との連携方式を決定します。
オンサイトの技術セッションにてコンサルティングを実施します。

【サービス実施方法】
  • 技術セッションに向けての調査・準備(オフサイト)
  • 技術セッション資料の作成(オフサイト)
  • 技術セッション(オンサイト)

本技術支援は、セット単位でのご提供となります。
1セットにつき技術セッションを1回開催します。2セット以上でのご依頼が前提となります。

主な検討内容
【帳票基盤】
下記要件の確認と実現方式の検討
  • 構築要件
  • 運用要件
  • 出力先要件
  • ユーザー認証要件
  • 閲覧要件
  • 性能要件
  • 外字要件
【電子帳票基盤】
下記要件の確認と実現方式の検討
  • アーカイブ要件
  • ユーザー認証要件
  • セキュリティ要件
  • 検索要件
  • 文書管理要件
  • 性能要件
  • 業務フロー
適用フェーズ
設計
支援期間
1ヶ月~
提供資料
UC/Xを用いたデータインターフェイスガイダンス資料
打ち合わせ議事録
Q&A等の必要資料

お客様でご利用の業務システムと帳票システムとの連携の際に必要となる、「Universal Connect/X」を利用した「インターフェイスデータ規約」を決定するデータインターフェイスガイダンスを実施します。

具体的には、

  1. インターフェイスデータ設計検討に必要なガイダンス実施
  2. インターフェイスデータ設計検討に関するQ&Aとフィードバック

を実施します。

【サービス実施方法】
  • データ設計ガイダンスに関する説明(2回)
  • お客様にて設計されるインターフェイス設計に関するオンサイト打ち合わせ(2回)
  • ご支援期間中のオフサイトQ&A対応
適用フェーズ
設計
支援期間
1ヶ月~
提供資料
帳票フォーム設計ガイダンス資料
打ち合わせ議事録
Q&A等の必要資料

詳細設計において帳票フォーム設計書を作成するうえで「帳票デザイン規約」が必要です。この規約を決定するための帳票フォーム設計ガイダンスを実施します。

具体的には、

  1. お客様にて想定の帳票イメージのご提供(20帳票程度)
  2. 想定帳票イメージに基づく帳票デザインガイダンスの準備と実施
  3. 帳票デザインガイダンスに関するQ&Aとフィードバック

を実施します。

【サービス実施方法】
  • フォーム設計ガイダンスに関する説明(2回)
  • お客様にて作成される帳票開発規約や開発予定の帳票仕様に関するオンサイト打ち合わせ(2回)
  • ご支援期間中のオフサイトQ&A対応
適用フェーズ
設計
支援期間
1ヶ月~
提供資料
運用ガイダンス資料
打ち合わせ議事録
Q&A等の必要資料

RDEを利用して帳票システムの構築を行う際の運用設計の決定のために必要な情報のご提供と、ガイダンスを実施します。

具体的には、帳票システムをどのように利用するかについてのお打ち合わせを実施後、運用設計策定に必要な

  1. RDEの設定パラメーターについての調整値の決定
  2. プリンター登録と設定方法
  3. 帳票サーバー定期メンテナンスの決定
  4. 帳票サーバー定期処理(スプールの保存期間・削除等)の決定
  5. バックアップレベルと方策の決定
  6. 障害発生時のリカバリーレベルと方策の決定

についてのガイダンスを実施します。また、運用設計検討Q&Aとフィードバックも実施します。

【サービス実施方法】
  • 運用ガイダンスに関する説明(2回)
  • お客様にて設計される帳票システムの運用設計に関するオンサイト打ち合わせ(2回)
  • ご支援期間中のオフサイトQ&A対応

上記以外にも、お客様の支援のご要望内容・役割分担に応じたオリジナルの技術支援のご提案も可能です。

このページの先頭へ戻る

開発フェーズ
適用フェーズ
環境構築
支援期間
1回
提供資料
ヒアリングシート
打ち合わせ議事録

製品の導入について、特に冗長構成等作業前に事前の打ち合わせが必要な場合には、お打ち合わせにて導入に関する環境の確認や作業内容の確認を実施します。

事前打ち合わせが必要ない場合には、メール等にて作業の事前確認をさせていただきます。

適用フェーズ
環境構築
支援期間
~1ヶ月
提供資料
ヒアリングシート
インストール手順書
作業報告書

帳票サーバーに導入されるSVF製品について、ヒアリングシートの内容に沿った製品のインストール作業、および作業終了後に問題なくインストール作業が完了したことを確認するための動作確認を実施します。

適用フェーズ
環境構築
支援期間
1回
提供資料
作業報告書

製品導入および動作確認終了後、別途作業内容のご報告についてお打ち合わせが必要な場合には、お打ち合わせにてご報告を実施します。

お打ち合わせが必要ない場合には、製品導入および動作確認終了後、別途作業報告書をご提供します。

適用フェーズ
環境構築
支援期間
1回
提供資料
パラメーターシート

製品導入を実施した際に、初期値より変更した製品パラメーターの内容を含め導入製品についてのパラメーターシートを弊社書式にて作成の上、ご提供します。

適用フェーズ
環境構築
支援期間
1回
提供資料
RDEトレーニングマニュアル

帳票サーバーにRDEを導入後、集合形式にてユーザー登録、プリンター登録等に基本操作や運用管理者向けの操作についてご説明を実施の上、Q&A対応を実施します。

適用フェーズ
設計
支援期間
個別調整
提供資料
帳票設計書
データ定義書

お客様で作成された帳票イメージ(デザイン)、帳票のご要件や業務システムの内容より、弊社にて「帳票設計書」「データ定義書」の設計作業を行います。

適用フェーズ
開発
支援期間
個別調整
提供資料
帳票フォーム(.xmlファイル)
単体テスト結果報告資料

お客様で作成された「帳票設計書」「データ定義書」を基に、SVFX-Designerを使用して帳票フォーム(.xmlファイル)の作成と単体テストを実施します。
単体テストについては、結果をPDF形式にて確認します。
なお、帳票設計の構成(項目数、クエリー、属性変更)やテスト方法により料金は変動します。

上記以外にも、お客様の支援のご要望内容・役割分担に応じたオリジナルの技術支援のご提案も可能です。

このページの先頭へ戻る

テストフェーズ
適用フェーズ
結合・運用テスト
支援期間
1ヶ月~
提供資料
パフォーマンス検証結果資料
打ち合わせ議事録

お客様にて実施されるテストフェーズでのパフォーマンステストの計画および実施時に、テスト計画の立案に対してのご支援から実施結果のご報告、ならびに結果に基づく製品側チューニングポイントのご提案までを実施します。

具体的には、

  1. 弊社製品に関するパフォーマンス検証計画立案支援
  2. 弊社製品に関するパフォーマンス検証支援(立会い、ログ収集)
  3. 弊社製品に関するパフォーマンス検証結果のまとめ作業
  4. 弊社製品に関するパフォーマンス検証結果のフィードバックとチューニングポイントのご提案

を実施します。

【サービス実施方法】
  • テストケースとして最大3ケースを実施します。
    それぞれのケースの計測1回を1サイクルとしてのテスト実施をご支援します。
    1サイクル目の結果から、再チューニング等により2サイクル以上のパフォーマンステスト実施のご支援が必要な場合には、別途お見積りの上、対応させていただきます。
  • テスト計画の作成、テスト実施の主体はお客様となります。そのためテスト実施に必要なアプリケーションやスタブの準備はお客様の役割となります。

上記以外にも、お客様の支援のご要望内容・役割分担に応じたオリジナルの技術支援のご提案も可能です。

このページの先頭へ戻る

製品バージョンアップに関する技術支援
開発フェーズ
適用フェーズ
開発
支援期間
個別調整
提供資料
帳票フォーム(もしくはvrqファイル)
出力結果
テストデータ
テスト報告資料

お客様で新環境への移行対象となる帳票フォームの中からサンプルとして指定された帳票フォームに対して、弊社内で新環境を構築の上、現行環境との移行テストを実施し、結果と移行ポイントについて報告を実施します。
移行テストの結果については、PDFにて確認を行います。
移行テストの確認については、弊社で作成するテストデータにて行いますが、別途お客様にてご要望がある場合には、お客様ご指定のテストデータを利用しての確認も可能です。
なお、本技術支援は、10帳票フォームからとなります。

移行テストの出力方法としてPDF以外をご要望される場合には、個別にお見積りの上、対応させていただきます。

適用フェーズ
開発
支援期間
個別調整
提供資料
帳票フォーム(.xmlファイル)
単体テスト結果報告資料

お客様で新環境への移行対象となる帳票フォームの中からご指定本数の帳票フォームに対して、弊社内で新環境を構築の上、現行環境との移行テストを実施し、結果と移行ポイントについて報告を実施します。
移行テストの結果については、PDFにて確認を行います。
移行テストの確認については、弊社で作成するテストデータにて行いますが、別途お客様にてご要望がある場合には、お客様ご指定のテストデータを利用しての確認も可能です。
なお、本技術支援は、50帳票フォームからとなります。

移行テストの出力方法としてPDF以外をご要望される場合には、個別にお見積りの上、対応させていただきます。

適用フェーズ
構築
支援期間
1ヶ月~
提供資料
ご利用環境に関するヒアリングシート
SVFバージョンアップ(マイグレーション)作業手順書(移行チェックシート含む)

現在ご利用のSVF製品の、新しいバージョン(Java版→Java版)での移行や、旧バージョンから新バージョンへの環境設定等の移行(C版→Java版)が必要な場合に、SVF環境の設定情報やお客様にて設定・変更された内容を調査・確認の上、新しいバージョンや製品に対応した設定情報として移行作業と確認を実施します。

移行作業として、

  1. 作業に関する事前打ち合わせ、環境内容の調査・確認
  2. 新しいバージョンや製品についてのインストール作業
  3. ご利用環境の設定情報についての移行作業と動作確認作業(お客様にて選定頂きました出力機種単位に1帳票を使用させていただきます。)
  4. 作業内容のご報告

を実施します。

環境設定移行については、製品バージョンによる機能差異等により再設定が必要な場合もあります。

対象のプリンター台数に関してはSVF for JavaPrintは30台、RDEは200台程度の移行を想定しています。

上記以外にも、お客様の支援のご要望内容・役割分担に応じたオリジナルの技術支援のご提案も可能です。

このページの先頭へ戻る

テストフェーズ
適用フェーズ
テスト
支援期間
2ヶ月~
提供資料
Q&A対応一覧表
他Q&A時の必要資料

お客様にて移行先の環境を使ってのテスト期間に発生する課題について、お客様のご要件、現行環境・移行先環境、システム利用方式を理解した専任の技術支援担当者による専用窓口を開設しQ&A対応を実施します。
Q&A対応をより有効に行うためご支援開始時には、お打ち合わせにてお客様のご要件を再確認します。
また、バージョン間の違いについてのガイダンスの実施が必要な場合やご支援期間の延長(2ヶ月単位)が必要な場合には、別途お見積もりの上、対応させていただきます。

【サービス実施方法】
  • ご支援期間中のオンサイト対応(最大2回まで)
  • ご支援期間中のオフサイトQ&A対応

上記以外にも、お客様の支援のご要望内容・役割分担に応じたオリジナルの技術支援のご提案も可能です。

このページの先頭へ戻る

新製品向け技術支援
「SPA」向け導入・設計・運用サービス

「SPA」を使ったシステム構築では、新製品の内容に合わせてシステム構築に必要な要素をまとめてご提供する技術支援パックを準備しております。

適用フェーズ
設計・構築
支援期間
1ヶ月~
提供資料
設計ガイダンス
製品利用ガイダンス
運用ガイダンス
パラメーターシート(要件ヒアリングシート)
インストール手順書
作業報告書

SPAの新規導入に当たり、お客様にてPDFアーカイブ方式を検討するためのパラメーターシートを基にした設計ガイダンスの実施(1回)と、製品インストールを実施します。

  1. 設計ガイダンス(オンサイト対応:1回)

    SPA導入作業に必要となる、PDFファイルのアーカイブ方式(SPA内のフォルダへの振り分けなど)について、弊社フォーマットのパラメーターシートを基に、設計に必要となる設定値の記載方法を説明します。

  2. インストール(オンサイト対応:1回)

    操作確認作業として次の作業を実施します。

    • PDFファイル(RDE導入後の確認時に使用した帳票、2ファイルまで)のアーカイブが可能であること
    • Loader Serviceを利用して、PDFが正しく登録されることを確認すること
    • アーカイブしたPDFファイルが検索可能なこと
    導入対象製品
    • SPAサーバー 1台、Loader Service 1セット
  3. 利用ガイダンス(オンサイト対応:1回)

    お客様環境にて設定済み情報または、弊社サンプル帳票を基に、製品利用に必要な製品構成や利用方法のガイダンスを実施します。

  4. 運用ガイダンス(オンサイト対応:1回)

    お客様にてSPAの運用設計の策定に必要な項目について、運用ガイダンスを実施します。

ガイダンス後に発生するQ&Aに関しては保守窓口のご利用をお願いします。

アーカイブ方式として「Loarder Service」を利用することを前提とします。WebAPIを利用したアーカイブをご希望の場合には個別にお見積りの上、対応させていただきます。

既存システムからの移行は個別にお見積りの上、対応させていただきます。

「SPA」を使ったシステム構築のご支援パックを構成するメニューを個別にご依頼いただくことも可能です。

適用フェーズ
構築
支援期間
1回
提供資料
インストール手順書
作業報告書

SPAの新規導入に当たり、製品インストールを実施します。

新規インストール(オンサイト対応:1回)

操作確認作業として次の作業を実施します。

  • PDFファイル(RDE導入後の確認時に使用した帳票、2ファイルまで)のアーカイブが可能であること
  • Loader Serviceを利用して、PDFが正しく登録されることを確認すること
  • アーカイブしたPDFファイルが検索可能なこと
導入対象製品
  • SPAサーバー 1台、Loader Service 1セット

既存システムからの移行は個別にお見積りの上、対応させていただきます。

適用フェーズ
設計
支援期間
1回
提供資料
設計ガイダンスパラメーターシート

SPAの導入に当たり、お客様のご要件をヒアリングし(オンサイト対応:1回)、お客様にてPDFアーカイブ方式を検討するためにパラメーターシートを基にした設計ガイダンスの実施(オンサイト対応:1回)を実施します。

設計ガイダンス(オンサイト対応:計2回)

SPA導入作業に必要となる、PDFファイルのアーカイブ方式(SPA内のフォルダへの振り分けなど)について、弊社フォーマットのパラメーターシートを基に、設計に必要となる設定値の記載方法をご説明します。

ガイダンス後に発生するQ&Aに関しては保守窓口のご利用をお願いします。

適用フェーズ
構築
支援期間
1回
提供資料
利用ガイダンス

SPAの導入に当たり、お客様の環境を利用した利用ガイダンスを実施します。

利用ガイダンス(オンサイト対応:1回)

お客様環境にて設定済み情報または、弊社サンプル帳票を基に、製品利用に必要な製品構成や利用方法のガイダンスを実施します。

ガイダンス後に発生するQ&Aに関しては保守窓口のご利用をお願いします。

適用フェーズ
設計
支援期間
1回
提供資料
運用ガイダンス

お客様にてSPAの運用設計の策定に必要な項目について、運用ガイダンスを実施します。

  1. ガイダンスの実施(オンサイト:1回)
  2. 運用ガイダンス資料の提供

ガイダンス後に発生するQ&Aに関しては保守窓口のご利用をお願いします。

このページの先頭へ戻る

「OpenBOST for SVF」向け新規導入支援サービス

「OpenBOST for SVF」を使ったシステム構築では、「新規導入・構築向け技術支援サービス」の内容に準じた技術支援を提供することも可能です。また以下の技術支援パックでの支援も提供しております。

適用フェーズ
設計・構築
支援期間
2ヶ月~
提供資料
システム連携要件書
ヒアリングシート
インストール手順書
管理者向け資料 OpenBOST for SVF 概要・操作・運用方法
Q&A対応一覧
作業報告書

OpenBOST for SVFを使ってお客様にて構築される仕訳システムについて基本設計作業のご支援(お打ち合わせ5回まで)として、

  1. 上位システムからの連携内容の検討
  2. 連携ファイル名、ルール、処理実行方法、エラーハンドリング等の詳細検討
  3. 作業項目とスケジュール策定

運用設計作業のご支援として、

  1. OpenBOST for SVF向け管理者教育(1回(操作方法・運用方法))

構築作業として

  1. OpenBOST for SVFの環境構築と各サンプルスクリプトのご提供
  2. お客様サンプルデータを使用したJOB・マスタ等の設定と連携確認作業
  3. 構築環境のご説明

を実施します。

また、作業実施時に発生するQ&Aについても対応を実施します。
なお、OpenBOST for SVFと連携するSVF製品の種類(SVF for JavaPrint・RDE等)により構築作業の費用が別途必要となります。

このページの先頭へ戻る

クラウド環境向け技術支援
SVF Cloud for Salesforce クイックスタートサービス
適用フェーズ
開発
支援期間
個別調整
提供資料
帳票フォーム(.xmlファイル)
単体テスト結果報告資料
出力結果PDF

SVF CloudとSalesforceを熟知したメンバーがお客様で作成された「帳票設計書」「項目定義書」を基にSVF Web Designerを使用して帳票フォーム(.xmlファイル)の作成と単体テストを実施します。単体テストについては、テスト用のフル桁CSVデータを基に、PDF形式にて結果を確認します。

Salesforce上のオブジェクトと帳票フォームのマッピング登録、SVF Cloudを実行する印刷ボタンの作成はお客様にて対応いただきます。

オプションとして、開発した帳票を使ったハンズオン・トレーニングを実施することも可能です。

適用フェーズ
設計
支援期間
1ヶ月〜
提供資料
帳票フォーム設計
ガイダンス資料

何種類もの帳票を複数メンバーで開発するお客様のために、SVF Cloudを利用した帳票開発のガイダンスを実施します。

  1. 帳票デザインガイダンスの実施(オンサイト対応 1回)
  2. 帳票デザインに関するQ&A(1ヶ月)
  3. 帳票サンプルレビュー
適用フェーズ
設計・開発
支援期間
1ヶ月〜
提供資料
Q&A管理表
その他添付資料

SVF Cloud導入時や帳票の開発が集中する期間において、専任メンバーによるご相談窓口を開設します。主に、SVF Web Designerの設計、SVF Cloud利用に関するアドバイス、質疑応答をおこないます。定例打ち合わせとして、オンサイト対応ではなくインターネット会議やChatterなどのコミュニケーションツールを活用します。(隔週開催)1ヶ月単位でご利用いただけます。月平均4インシデント程度を想定しています。

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせWebからのお問い合わせ
このページの先頭に戻る