企業情報

ニュース

2015/07/14

プレスリリース

社会貢献活動として、国境なき医師団日本に
テキストデータ分析ツール「Dr.Sum EA TextOLAP」を寄贈

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)は、社会貢献活動として、特定非営利活動法人国境なき医師団日本に対し、テキストデータ分析ツール「Dr.Sum EA TextOLAP」の寄贈によるプロボノ(*)活動を実施したことを発表します。

 なお、当社は2013年より、BI・データ活用基盤として「Dr.Sum EA」を寄贈するなど、プロボノ活動で国境なき医師団日本を継続的に支援しています。

 

 国境なき医師団は、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。医師、看護師をはじめとする海外派遣スタッフと現地スタッフの合計約36,000人が、世界約70ヵ国・地域で活動しています(2013年度実績)。

 

 国境なき医師団は、医療のプロフェッショナルとして国際的な活動を行っており、ウイングアーク1stは情報活用のプロフェッショナルとして、その活動の一助となればとの思いから、プロボノ活動を実施しています。

 

 国境なき医師団日本では、「Dr.Sum EA TextOLAP」を利用して、電話やメールで寄せられる月間1,000~2,000件のお問い合わせ内容(フリーワード)を整理、分析し、運営改善などに役立てています。

 

 今後も、「情報活用のためのソフトウェアとサービスを提供することで企業および社会に貢献する」という事業目的のもと、情報活用の支援を通じた社会貢献活動に取り組んでまいります。

 

* プロボノとは、各分野の専門家がスキルやノウハウを活かして行う社会貢献活動のこと

 

 

 

■テキストデータ分析ツール「Dr.Sum EA TextOLAP」

 Dr.Sum EAに蓄積された数値データに加えて、テキストデータの集計を実現するDr.Sum EAのオプション製品です。数値化された定量データと人の言葉をもとに発生するテキスト化された定性データを組み合わせたハイブリットOLAP分析を実現します。

http://www.wingarc.com/product/dr_sum/lineup/textolap.html

 

 

このページのトップへ