企業情報

ニュース

2017/11/27

お知らせ

「大和ハウスグループ・フレームワークス次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」で2年連続2作品が受賞

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)は、株式会社フレームワークスが主催する「大和ハウスグループ・フレームワークス次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」のビジネス部門において、2年連続2作品が受賞したことをお知らせします。

 

 

 

 「大和ハウスグループ・フレームワークス次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」は、フレームワークスの物流システムに関連したデータをオープンデータとして公開し、IoT時代における物流への新提案を、一般の開発者、研究者、学生などから広く募集する企画です。大和ハウスグループ、株式会社フレームワークスが主催し、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所、INIAD cHUB(東洋大学情報連携学部 学術実業連携機構)が共催・協力しています。

 

 この度、ウイングアークの2チームが応募した2作品の有用性が高く評価され、ビジネス部門で審査員特別賞を受賞しました。

 

【コンテスト名】

大和ハウスグループ・フレームワークス次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト

http://contest.frameworxopendata.jp/

 

【受賞部門と受賞内容】

ビジネス部門 審査員特別賞

 

【受賞作品】

■物流管制システムV2

物流の現場では様々な局面で「待ち」が発生しています。本提案では物流倉庫での『荷積み待ち』、配送先での『荷受け待ち』両面の待ち時間を最小化し、トラックドライバーの体力・メンタル両面での負荷軽減を目指すものです。

物流倉庫ではバース予約システムなどを活用し効率的な運用を目指していますが、現実にはトラックの到着時刻が交通事情により変化し、予定通りに作業が進まないことが多いのです。本システムではリアルタイムにトラックの位置を把握するとともに、特定地点への到達時に物流倉庫側へ通知を行うことで、予約状況と現実のギャップを把握し、柔軟に作業順番をコントロールすることが可能です。

また、配送先での待ち時間は、荷受け準備が整わないことが原因になることが多いのですが、本システムでは、配送先の荷受け担当に対して、特定地点の到達時にLINEやメールで通知を送信する仕組みを採用しています。リアルタイムに状況を把握することにより、物流戦略を現実にするソリューションです。
 

物流管制システムV2

 

 

 

■配送先開拓サービス

配送業者の9割以上は中小規模事業者となっており、構成員の全員がドライバーであるケースも珍しくありません。規模の拡大を図りたくとも配送先の新規開拓が能動的に行えず、顧客間の紹介に頼らざるを得ない現状があります。

新規開拓を企図したとしても顧客候補となる情報を持っていないため、開拓行為に取り掛かれない――。

本サービスは、この課題の解決のためにドライブレコーダー動画を画像解析し、配送ルート上にある『看板』を自動抽出することで、新規顧客候補を発掘します。更に新規顧客を獲得した場合には、配送ルートへの組み込みも自動的に算出し、既存業務への影響を最小限に、新規顧客を開拓できます。

また、契約交渉に際しては適切な料金収受を実現するための交渉材料として、ドライバーの運行情報を可視化した「安全性情報」を使用して交渉に当たることができます。顧客開拓先の発掘から、契約交渉の材料まで提供することが可能なサービスです。

 

配送先開拓サービス

このページのトップへ