企業情報

ニュース

2018/12/18

プレスリリース

【第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」】
小規模商圏での人口動態を時間帯別に把握可能な推計人口データ
「あさひる統計」をサブスクリプションサービスとして提供開始

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、125m四方の小規模商圏分析を可能とする曜日時間帯別の人口統計データ「あさひる統計」(※1)を、「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud(※2)(以下3PDG for MBC)」「3rd Party Data Gallery On Demand(※3)を(以下3PDG On Demand)」のラインナップとして、12月18日(火)よりサブスクリプションサービス(※4)として提供を開始します。
 月額利用価格は全国版で100,000円(税別)、地方版で40,000円〜(税別)です。

 

 本サブスクリプションサービスの提供開始に伴い、2週間の期間限定で「あさひる統計」データを無償で閲覧できるトライアルキャンペーンを実施します。

 

【キャンペーン概要】

あさひる統計トライアルキャンペーン

URL:https://tpdg.motionboard.jp/3pdg-ondemand/detail?id=C00031

期間:2018年12月18日(火)〜2019年3月31日(日)

概要:お申し込み受領から2週間の期間限定で、3PDG On Demandの有償コンテンツと同じ内容を無償で閲覧いただくことができます。対象エリアは東京都、大阪府、愛知県の3都道府県です。

 

 

■あさひる統計とは
 スマートフォンのアプリから得られる位置情報ビッグデータを統計処理し、125m四方(6次メッシュ)という小地域で人口を平休日・時間帯別に推計し、見たい、知りたい場所・時間帯毎の人口を把握できるデータです。

 これまでは、最小で500m四方(または町丁字)の商圏分析は実現していましたが、商業施設が集中するエリアでは、自施設以外を訪れた人も含まれることになり、ターゲットエリアを絞った正確な小地域分析が難題でした。
 125m四方という小地域における狭い商圏の分析が可能となることにより、コンビニエンスストア、ドラッグストア、カフェなどの小売や流通サービスにおいて、小商圏の人口分布把握、立地評価など、正確でよりピンポイントな分析が可能となります。

 

 ■3rd Party Data Galleryで提供する「あさひる統計」サブスクリプションサービス概要
 汎用的に商圏分析に使用される国勢調査は5年に1回の調査です。しかし、街は日々変化しており、数年を経過した情報が正確なものとは限りません。ウイングアークより提供する「あさひる統計」は、エリアごとの年間の平均人口を年に2回更新し(2018年12月時点の提供データの集計期間:2017年4月~2018年3月の1年間の年間平均値)提供するため、常に最新の“その街の今”がわかります。
 また、必要な期間のデータを月額利用することができるため、従来の買取型データに比較し初期コストを抑えた導入が容易になります。
 今後、「MotionBoard Cloud」を分析基盤として自社データも併せて分析利用いただくサービスと「3PDG On Demand」で安価にデータを閲覧いただくサービスを提供します。

URL:https://tpdg.motionboard.jp/3pdg-ondemand/detail?id=C00032

 

 

人口密集エリアを色で識別できるようにしたボード

地域特徴が一目でわかる4つの分類コード(住宅街、歓楽街、ビジネス街、お買い物とレジャー)うち、ビジネス街に該当するエリアのみ表示し更にその中でも人口密集エリアを色で識別できるようにしたボード

 

 

東京駅周辺の平日と休日の昼間人口(12時〜15時)の比較

東京駅周辺の平日と休日の昼間人口(12時〜15時)の比較。休日は銀座、東京駅周辺に人口分布が集中するが、平日は日比谷、新橋、虎ノ門、大手町への人口分布も多くみられることがわかる。

 

 

※1 あさひる統計データ制作・出典
株式会社楽しいチリビジ
<データソース> 株式会社ブログウォッチャー Profile Passport連携アプリ


※2 MotionBoard Cloudについて
社内に蓄積されたデータを、現場担当者や経営者などが「よりリアルに」「より分かりやすく」「よりリアルに」「より美しく」、意思決定や行動の変化を促す情報をスピーディーに届けることができるクラウド型BIダッシュボード サービス。
http://www.wingarc.com/product/motionboard/
 

※3 3rd Party Data Gallery On Demandについて
「3rd Party Data Gallery On Demand」は、第三者データを基に利用用途に応じて用意された豊富なコンテンツから見たいものを選択し、Web上で閲覧できるサービスです。従来はBIツールやGISツールを導入し、データを都度調達および加工処理を行った上で分析に着手するという作業が、本サービスを利用することで軽減されます。

https://tpdg.motionboard.jp/3pdg-ondemand/top
 

※4 月額定額サービス

 

このページのトップへ