企業情報

ニュース

2019/02/28

プレスリリース

第4のOCRエンジンAI OCR「DEEP READ」を追加した
「SPA Ver.10.1」を、2月28日(木)発売

~OCR結果の確認・修正効率を大幅に向上~

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、OCRと文書管理がオールインワンになった文書データ活用ソリューション「SPA Ver.10.1」を、2月28日(木)より発売します。OCRエンジンとして、株式会社EduLabのAI OCR「DEEP READ」を追加し、手軽に利用できるよう「SPA」の標準機能(年間利用権30万画像/越える場合は別途従量課金による有償提供)として提供します。また、誤認識修正機能を大幅に強化しました。

 パッケージ版の価格は、3,795,000円(税別/初年度の保守費込)~です。クラウドサービス「SPA Cloud」は、3月18日(月)より提供を開始します。価格は、50,000円/月(10ユーザー、税別)~です。

 

 また、「SPA Ver.10.1」の早期購入特典として、8月30日(金)まで、「DEEP READ利用権2倍キャンペーン」を実施します。

 

DEEP READ利用権2倍キャンペーン

期間:2019年2月28日(木)~8月30日(金)

対象:期間中に「SPA」を購入または「SPA Cloud」にお申し込みをいただいた方

概要:「DEEP READ」の利用権が2倍の60万画像/年になります(初年度のみ。次年度以降は30万画像/年)

 

 「SPA」は、OCRと文書管理の機能を統合し、書類のデータ化や業務の自動化、データの活用を支援する文書データ活用ソリューションです。

 これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工数を大きく削減し、より高付加価値な業務に時間を割くことができるようになります。また、紙の書類をデータ化することにより、文書を検索して素早く入手できるだけでなく、BIツールを使ったデータの可視化や、ETLツール・RPAツールと連携できるようになります。

 

 新バージョン「SPA Ver.10.1」では、これまで提供してきた3種類のOCRエンジン(※)に加えて、株式会社EduLabが提供するディープラーニングに基づくAIを活用した手書き文字のテキストデータ化サービス「DEEP READ」を標準機能として提供します。

 

※ ABBYY FineReader Engine(ABBYYジャパン株式会社)、WingArc Data Capture(自社開発のAIベースOCRエンジン)を標準搭載、Tegaki(株式会社Cogent Labs)は有償[従量課金]にて提供。

 

 また、OCRの読み取り時の精度が100%ではないことを踏まえ、誤認識したデータに対して、目視をしながら簡単に修正が行えるインターフェイスを搭載しました。アンケートなどで利用する丸囲いのデータ化にも対応しました。

 

 

■AI OCR「DEEP READ」を標準機能として提供

 AIで手書き文字をテキスト化するクラウドサービス「DEEP READ」を標準機能として提供します。

 従来型のOCR技術とは一線を画す、ディープラーニングに基づくAI(人工知能)を活用した文字認識技術が特長で、金融、教育、官公庁などあらゆる業界の3万件以上のデータをもとにした、業界最高クラスの読み取り精度を誇ります。年間30万画像の利用権を提供し、それを超える場合は従量課金(有償)となります。

 なおクラウドサービスを利用できない場合のために、オンプレミス版の提供を予定しています。

 

■OCR結果の確認・修正効率を大幅に向上

 画面上のイメージを見ながら、認識した値を修正できるインターフェイスを用意しました。画面上のイメージでは、誤認識が多い箇所をハイライトさせ、正確度に合わせて色をつけて表示できるので、修正がしやすくなります。

 

■丸囲いをデータ化

 各種申込書類やアンケートに手書きで記入した丸囲いをデータ化できます。

 

■文書管理・電子帳票の大量処理に対応

 処理量の増加と、可用性の高い構成を可能にする「SPA Enterprise」を、ラインナップに追加しました。

 

■紙文書から抽出されたデータをリアルタイムに可視化

 SPAのオプションとして「SPA 可視化オプション」を追加しました。「SPA」にアーカイブされたデータをリアルタイムに可視化することができます。

 

 


<確認修正効率を大幅に向上させるインターフェイス><確認修正効率を大幅に向上させるインターフェイス>

このページのトップへ