企業情報

ニュース

2019/05/08

プレスリリース

データを活用した未来を創るコンテスト「Datalympic 2019」を開催

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、データを活用した未来を創るコンテスト「Datalympic 2019」を開催します。「Datalympic 2019」は、データで豊かな未来を創る挑戦者を募集するコンテストです。データに価値を与えて世の中を豊かにするアイデアを、ウイングアークの製品を利用してデータ活用作品として提出いただきます。

 

 

Datalympic 2019

 

 

 前回は、101チームからの作品提出があり、書類審査を通過した78チームが予選会に出場し、決勝戦には5チームが進出しました。決勝戦では、「TABLE KEEPER~フードコートの見える化~」SYS企画広報チーム(株式会社シブタニ)が最優秀賞に選ばれました。

 

 第2回を迎える今回も、データで未来を創造する挑戦者たちを募集します。

 

 

■Datalympic 2019概要

Datalympicは、データを活用した未来を創るコンテストです。データに価値を与えて世の中を豊かにするアイデアを、ウイングアークの製品を利用してデータ活用作品として提出いただきます。

 

応募対象:

 企業、組織/団体、個人(学生可)

  ※応募時の年齢が満20歳以上であれば誰でも、「個人」または複数名構成の「チーム」いずれかで応募することができます。

 

提出物:

 ・アイデア説明資料(ppt)

 ・ウイングアーク1st製品(以下4製品のうち1つ以上)のデモ環境で作成したデータ活用作品、

  またはウイングアーク1st製品利用を想定した画面イメージ

 

対象製品:MotionBoard Cloud、SVF Cloud、SPA Cloud、Dr.Sum(プライベートクラウド版)

     ※応募者には希望製品のデモ環境を無償でご用意いたします。6月よりご提供させていただく予定です。

     ※製品によっては、提供できる数量に制限があるものがあります。

     ※希望者には製品概要説明会や製品トレーニングを実施します。

 

賞金:

 最優秀賞 100万円

 アイデア賞10万円

 特別賞10万円

  ※ 審査基準に満たない等により、受賞該当なしとなる場合があります。

 

審査基準:

 ・ビジネス     収益性や実現可能性がみられ持続的である

 ・テクニカル   多様な技術を取り入れ実用性がある

 ・表現力     共感や感動を与える工夫や配慮がみられる

 ・イノベーション 革新的なアイデアで驚きや未来を想起する

 

募集期間:

 ・応募エントリー 2019年5月8日(水) ~ 6月28日(金)

 ・作品提出期間  2019年7月1日(月) ~ 8月30日(金)

 

URL:http://www.wingarc.com/datalympic2019/

 

 

 

このページのトップへ