企業情報

ニュース

2019/07/30

プレスリリース

一般社団法人 大学IRコンソーシアム様の加盟大学向けIRシステムを刷新
「Dr.Sum」と「MotionBoard」での構築により、各校独自の分析を可能に

株式会社富士通マーケティング
ウイングアーク1st株式会社

 一般社団法人 大学IRコンソーシアム(会長:高橋 哲也、以下、大学IRコンソーシアム)様は、加盟大学向けIRシステムとして、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)のBI(Business Intelligence)製品「Dr.Sum」「MotionBoard」を採用し、株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬 敏男、以下富士通マーケティング)が構築、2019年9月1日に本稼働します。

 

 大学IRコンソーシアム様は、平成21年度文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」に採択された「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出―国公私立4大学IRネットワーク」を発展的に継承するために設立された組織で、現在、国公私立61大学が加盟しています。

 大学IRコンソーシアム様では、教育の質保証の枠組みとして、学生調査分析を軸とするIR(Institutional Research)機能の開発と、全国の大学への推進を行ってきました。そして、2011年に各大学が保有するデータのうち共通の学生調査データと学生環境データを1つのデータベースシステムに登録し、各種データの分析結果を共有するためのIRシステム「IRiS」の運用を開始しました。

 このIRシステム「IRiS」の老朽化と、データ量の増大によるパフォーマンス劣化などの理由から、大学IRコンソーシアム様ではシステムの更改を検討していました。富士通マーケティングは、高速集計が可能なBI製品を活用した新しいIRシステムの構築を提案、採用されました。

 

 新しくなる「IRiS」は、各大学から集められた大量の学生調査のアンケートデータを「Dr.Sum」で高速集計し、その結果を「MotionBoard」でグラフなどに可視化します。また、堅牢な富士通データセンターで運用される「FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS」上に構築することで、安定稼働をサポートし、今後のデータ量増加にも柔軟に対応できます。

 加盟大学においては、煩雑なデータ登録の改善や集計処理の高速化により担当者の工数削減が期待できます。また、各校独自の視点で集計軸を設定し、クロス集計を行うなどより深い分析が可能となり、新しい「IRiS」が教育の質の向上を支援します。

 

<クロス集計分析の画面イメージ>

クロス集計分析の画面イメージ

 
 
 
 
【イベント出展】
「Dr.Sum」と「MotionBoard」で構築した新「IRiS」を下記イベントにデモ展示します。
 
・イベント:第4回関西教育ICT展
・日程:2019年8月1日木曜日から2日金曜日
・場所:インテックス大阪
・展示ブース:小間番号502/株式会社富士通マーケティング
 
 
【関連リンク】
・一般社団法人 大学IRコンソーシアムホームページ
・ウイングアーク1st株式会社「Dr.Sum」紹介ページ
・ウイングアーク1st株式会社「MotionBoard」紹介ページ
・株式会社富士通マーケティング「FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS」紹介ページ
 
 
このページのトップへ