自治体向け
ソリューション

デジタル行政に必要なもの、それは情報が「デジタルデータ」であること

政府が主導するデジタル国家の創造や「働き方改革」の実施、「地方創生」など、様々な取り組みに効果的な仕組みづくりをウイングアークは、データプラットフォームの提供を通して
支援しています。

「スマートなデジタル行政」を実現するために
データを軸にした新たな業務環境を提供します

1

紙のアナログ情報を自動でデジタルデータへ
変換することからはじめる「働き方改革」

自動化で業務時間の短縮へ

紙でやり取りされる情報を業務システムに取り込むためには、多くの場合、手作業での入力が必要となります。
この作業を自動化し、紙を介在したアナログなプロセスを見直すことで、残業時間の短縮や生産性の向上が可能に。

ウイングアークの文書データ活用ソリューション「SPA」は、紙の書類をスキャンするだけで、テキストを自動でデータ化。さらに、データのタイトルや項目を解析し、自動でフォルダに振り分けることができるため、入力の工数を削減し、業務のスピードアップを支援します。

「SPA」の詳細はこちら

2

データの表現を変えることで得られる新たな
気づきから、より強固な「地方創生」戦略策定へ

データの可視化から導く地方創生への取り組み

様々な施策を検討する際に、感覚や経験値に頼る事が多く、地域の状況を数値的、定量的に把握した「データに基づく判断」ができていない事も多いのではないでしょうか。

地域におけるニーズを抽出し、地方の課題の真因を読み解くためのデータを分析し、状況に基づく施策実行には、地方自治体が保有するデータや地域の情報など、関係するあらゆるデータの可視化が不可欠です。

ウイングアークの「MotionBoard」は、データをアクションにつなげるため、集計データを様々なチャートに切り替えて必要なカタチで、シンプルに可視化する事が可能なBIダッシュボードです。それぞれのチャートが持つ表現により、ユーザーに新たな気づきをもたらします。

「MotionBoard」の詳細はこちら

3

必要な時に、必要なデータを、必要な形で取り出す。
データ活用のためのプラットフォーム

データを活用できる状態で管理する

官民データ活用推進基本法の施行に基づき、国や自治体、民間事業者間でのデータ活用に向けた取り組みが進められています。このデータ活用に重要なことは、積極的にデータの活用を促すことは当然のこと、「活用するためのデータがあること」が前提となります。

つまり、地方自治体が保有する多くのデータを活用するためには、必要なときに、必要なデータを、必要なかたちで取り出せることが求められます。

ウイングアークの、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」は、
必要な時に、必要なデータを必要な形で取り出せる=「データの効率活用」を実現するDB環境の構築と分析を可能にします。

「Dr.Sum」の詳細はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせはこちら

資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら
03-5962-7300 受付時間:平日9:00~17:30(土日祝日休)
このページのトップへ