BIホワイトペーパー

BI White Paper

BI・情報活用に関するホワイトペーパーをこちらからダウンロードいただけます。

このような方におすすめです。

  • ・社内のデータ活用に課題をお持ちの方
  • ・データ分析に必要な仕組みの導入を検討されている方
  • ・マーケティングで第三者データを有効に使いたいをお考えの方
  1. 一人ひとりの「分析力」を上げることが、
    企業全体の競争力アップにつながる

    一人ひとりの「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップにつながる

    すべての業種:すべての方向け
    ページ数:8

    現場自らがこれまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実をすばやく見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行うことができます。「何に役立てるか」ということをポイントに、データ活用を4つのステップに分けて解説。ウイングアークが提供する各種製品・サービスの特長についても紹介します。

    関連製品
    Dr.Sum EA, MotionBoard, MotionBoard Cloud, 3rd Party Data Gallery, BIコンサルティングサービス
    ダウンロードする
  2. 社内データ活用の“土台作り”に欠かせない
    2つの要素とは?

    社内データ活用の“土台作り”に欠かせない2つの要素とは

    すべての業種:すべての部門の方向け
    ページ数:32

    データ活用への関心と現状を踏まえた上で、データ活用に向けた課題解決のための2つのポイントについて解説。これからデータを活用したいものの、まず何をすればよいのかわからない、そんな方向けに集計・レポーティングが行えるBIツールと、分析に必要なデータ活用基盤に必要なデータ変換・更新を行うETLツールの必要性について紹介します。

    関連製品
    Dr.Sum EA, Dr.Sum EA Connect
    ダウンロードする
  1. Excelでの運用はそのまま!
    現場の業務を変えずに実現するデータ活用とは

    Excelでの運用はそのまま! 現場の業務を変えずに実現するデータ活用とは

    すべての業種:すべての部門の方向け
    ページ数:17

    “脱Excel”ではなく、Excelの新たな活用へ。Excelで運用されている業務データを活用したかったはずなのに、エンドユーザーである現場の社員に大きな手間をかけさせては本末転倒です。現場でよくあるExcel活用の課題を整理したうえで、Excelを生かしたBIツールの活用方法を紹介します。

    関連製品
    Dr.Sum EA
    ダウンロードする
  2. 観光大国日本のためのアクション
    インバウンド需要を取り込むためのデータ分析

    観光大国日本のためのアクション インバウンド需要を取り込むためのデータ分析

    すべての業種、自治体:IT部門、マーケティング部門の方向け
    ページ数:7

    携帯電話位置情報データを活用した訪日外国人動態分析について詳しくご紹介。訪日外国人「2,000万人時代」到来。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを重要な通過点として、官民一体となって世界に誇る魅力あふれる国づくりを目指して決定されたアクション・プログラムについてふれながら、データ分析、ICTを活用した訪日外国人観光動向調査する上で有効となる「モバイル空間統計」といったデータをどのように活用すればよいのか、わかりやすく解説します。

    関連製品
    3rd Party Data Gallery, MotionBoard Cloud
    ダウンロードする
  1. “勝つ、データ戦略”初めの一歩
    人口・世帯数データをひも解く

    “勝つ、データ戦略”初めの一歩 人口・世帯数データをひも解く

    すべての業種:マーケティング、営業部門の方向け
    ページ数:7

    社内のデータだけではなく、社外にある2次データを活用することがデータ戦略のキーとなります。活用できるデータの 中でも“人口・世帯統計”にフォーカスし、その意義と利用用途をひも解いていきます。

    関連製品
    3rd Party Data Gallery
    ダウンロードする
  2. オープンデータを企業戦略に生かす

    オープンデータを企業戦略に生かす

    すべての業種:IT部門、マーケティング、営業部門の方向け
    ページ数:6

    第三者データ(社外にある2次データ)と自社データを掛け合わせることの意義とは?BIツール上で可視化するとどのようなデータ分析に効果があるのか。商圏分析や、気象データと売り上げの相関分析、などの実例を交えて紹介します。

    関連製品
    3rd Party Data Gallery, MotionBoard Cloud
    ダウンロードする
  1. マーケティング&セールスで成果を上げる
    「第三者データ」の活用で“勝つ”データ戦略を

    マーケティング&セールスで成果を上げる 「第三者データ」の活用で“勝つ”データ戦略を

    すべての業種:マーケティング、営業部門の方向け
    ページ数:2

    第三者データとは、自社データ以外の、たとえば国勢調査や気象などの公益性の高いデータのことです。マーケティング、セールスの活動のなかでそれらのデータを活用するメリットは何か、分かりやすく紹介しています。

    出典:日経ビジネス特別冊子掲載

    関連製品
    3rd Party Data Gallery, MotionBoard Cloud
    ダウンロードする
このページの先頭に戻る