企業情報

沿革

2018年

7月
SPAのクラウドサービスとなる「SPA Cloud」をリリース
4月
本社を東京都渋谷区から東京都港区へ移転
1月
株式会社Everforthを子会社化

2017年

11月
株式会社リテールマーケティングワン(旧:株式会社リテールマーケティングメソドロジー)を子会社化
中四国営業所を広島に開設
6月
文書データソリューション「SPA」(旧名称:SVF PDF Archiver)を出荷開始
5月
豪州Space-Time Research Pty.Ltd(現:WingArc Australia Pty Ltd)を子会社化
3月
Salesforce向けデータ編集ツール「VyNDEX」をリリース

2016年

8月
新潟営業所を開設

2015年

3月
札幌営業所を開設
2月
帳票クラウドサービス「SVF Cloud」をリリース

2014年

12月
第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery 」をリリース
3月
現地法人「WingArc Singapore Pte. Ltd.」をシンガポールに設立
グループ会社を統合、社名を「ウイングアーク1st株式会社」に変更

2013年

12月
モノリスホールディングス株式会社を存続会社として、旧1stホールディングス株式会社を吸収合併し、「1stホールディングス株式会社」に商号変更
9月
東北営業所を開設
1stホールディングス株式会社、東京証券取引所市場第二部から上場廃止
5月
モノリスホールディングス株式会社が、株式公開買付により旧1stホールディングス株式会社を完全子会社化

2012年

11月
1stホールディングス株式会社、大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)(現:東京証券取引所JASDAQ市場)の上場を廃止
7月
社名を「ウイングアーク株式会社」に変更
2月
1stホールディングス株式会社、東京証券取引所市場第二部に株式を上場

2011年

12月
「MotionBoard Cloud」の前身となるクラウドサービス「MotionBoard for Salesforce」を発表
10月
大連唯知計算機系統有限公司(現:文雅科信息技術(大連)有限公司)を子会社化
8月
福岡に営業所を開設
BIダッシュボード「MotionBoard」出荷開始

2010年

12月
1stホールディングス株式会社、大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)(現:東京証券取引所JASDAQ市場)に株式を上場
5月
グループ体制を強化、本社を東京都港区から東京都渋谷区に移転

2009年

11月
「1stホールディングス株式会」設立と同時に持株会社体制へ移行
5月
現地法人 文雅科信息技術(上海)有限公司を上海に設立

2007年

5月
「ISO/IEC27001:2005 /JIS Q 27001:2006」を認証取得

2006年

7月
本社を東京都渋谷区から東京都港区へ移転
5月
中部日本営業部発足、名古屋に営業所を開設

2005年

7月
販売・開発のソリューションパートナーの体制を強化、「WARP」制度発足

2004年

9月
大阪に営業所を開設
3月
本社を東京都千代田区から東京都渋谷区へ移転
翼システム株式会社より情報企画事業部の営業を譲り受け、「ウイングアークテクノロジーズ株式会社」設立

2003年

10月
基幹系帳票運用製品「Report Director Enterprise」 出荷開始
4月
集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」出荷開始

2001年

5月
西日本営業部を開設
多次元高速集計/検索エンジン「Dr.Sum」出荷開始

2000年

6月
本社を東京都荒川区から東京都千代田区に移転

1996年

12月
帳票製品「Super Visual Formade」(SVF)出荷開始 

1995年

10月
「SVF」の前身となる帳票開発設計ツール「Visual Formade」出荷開始

1993年

10月
翼システム株式会社の帳票ツールの開発・販売を新規ビジネスとする情報企画部として発足
このページのトップへ