企業情報

社会への取り組み

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 人や国の不平等をなくそう

教育

子どもIT教育支援

労働人口の減少を背景にIT人材の不足が予想され、将来の日本を背負う子供たちにITの楽しさを伝えたいという想いの中、子どもIT教室「LITE 1(ライトワン)」 を開催しています。
3Dプリンターや自動運転、botとの会話設計などといったテーマを設定し、子どもたちには楽しみながら学んでもらえるようなLITE1オリジナルコンテンツを作成しています。
プログラミングを楽しみながら学び、子どもたちにITを通じてモノづくりの「楽しさ」と「感動」を伝えるのが教室のねらいです。新しいものを発想する「想像力」、それを形にする「実行力」、ITで制御する「技術力」、子供たちにはこれらを身につけながら楽しく学んでほしいと考え、これからも継続的に豊かな学びの機会を提供していきます。

プロボノ

当社はソーシャルセクターでのデータ活用促進を目的に、「Dr.Sum EA」や「MotionBoard」を寄贈するなど、プロボノ活動を通じて社会課題解決のための支援をしております。​

社会貢献活動として特定非営利活動法人フローレンスを支援
~BI製品「Dr.Sum」および「MotionBoard」を寄贈~

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、社会貢献活動として、特定非営利活動法人フローレンス(本社:東京都千代田区、代表理事:駒崎 弘樹)に対し、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」およびBIダッシュボード「MotionBoard」を寄贈しました。

特定非営利活動法人フローレンスは2004年より「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」ことをミッションとして、約600名のスタッフを中心に「病児保育」「障害児保育」「小規模保育」「赤ちゃん縁組」など数々の事業を手がけています。
子育てと仕事の両立、そして未来を担う子どもを社会で育むために、社会問題の解決方法を実例で示し、政策提言をする活動を実施しています。この度、その活動の一助になればとの思いから、寄贈を実施しました。

弊社は「The Data Empowerment Company」を掲げており、世界で取り組む持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、「社会貢献活動プログラム:ウイングアーク・エンパワーメント・プログラム」に取り組んでいます。

特定非営利活動法人フローレンスについては下記URLをご参照ください。
https://florence.or.jp/

本寄贈にあたり、特定非営利活動法人フローレンス代表駒崎 弘樹様と弊社代表取締役社長 田中 潤の対談を公開しました。
https://florence.or.jp/news/2019/06/post32758/

国境なき医師団への製品寄贈

スポーツ

BMX 中村輪夢選手

当社のデータ活用技術・ノウハウを活かし、競技の発展や競技者の成長に貢献したいと考え、その一環として、BMXフリースタイルで活躍するプロスポーツ選手、中村輪夢選手との所属スポンサー契約を締結いたしました。

2020年1月22日には、BMXライダーの動きをデータ分析する"世界初"のBMXフリースタイルパーク「WingPark1st(WingArc1st BMX Freestyle Park)」がオープンしました。

本パークは、当社の持つデータ活用の技術・ノウハウを応用した世界初のBMXフリースタイル専用パークです。BMXライダーの動体をモニタリングするセンサーとカメラをパーク内に設置し、そこで取得したデータをシンプルな形で可視化することで、パフォーマンス分析を行います。今後も、データをスポーツに活かせる環境への取り組みと支援を実践していきます。

スノーボードスポンサー

特定非営利活動法人 日本障害者スキー連盟は、日本を代表する唯一の障害者スノースポーツの団体として普及・振興および競技力の向上を目指して活動しています。

当社は同連盟のスノーボードスポンサーとして、障害者の社会参画の促進および活力ある共生社会の創造を目的に支援しております。

https://jps-ski.com/

このページのトップへ