企業情報

ニュース

2006/09/25

プレスリリース

アセントンとウイングアークが協業、内部統制を見据えた業務変化に強い効率的なノンプログラミングの統合ソリューションを実現

業務プロセスを管理するBPMシステム「AgilePoint」と入力画面作成ツール「StraForm-X」が連携

アセントン株式会社
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

 アセントン株式会社(以下、アセントン社 本社:東京都港区 代表取締役社長 佐藤尋美)と、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、アセントンのBPMシステム「AgilePoint」と、ウイングアーク テクノロジーズの入力画面作成ツール「StraForm-X」の連携により、変化の多い業務に柔軟に対応し、ノンプログラミングで実現する内部統制を見据えた統合ソリューションを提供することになりましたので、お知らせいたします。
 また、これに伴い両社は下記の通り製品連携のセミナーを開催いたします。

 日本版SOX法における内部統制への対応として、業務プロセスの可視化、リスクコントロールマトリックスの明示化、またこれらの業務プロセスを文書化する作業が急務とされています。中でも業務の文書化には、全社の業務プロセスを可視化するにあたり、膨大なコストや手間がかかるため、そのメンテナンス性が重要視されます。
 ウイングアーク テクノロジーズの「StraForm-X」と、アセントン社のBPMSの連携は、内部統制の対応にむけた業務プロセスの文書化に有効なツールであり、特に従来のソリューションとの違い、業務プロセスの可視化から運用までプログラミングやコーディングを一切必要としないノンプログラミングソリューションを実現し、開発工数を大幅に削減します。
 ブラックボックス化した社内システムの変更、業務フローや業務担当者の変更など、常に変革するあらゆるビジネスの側面に於いてシステムとシステム、人と人、システムと人を有機的統合できるインターフェースを用い、プロセス上でスムーズな実効が可能となりました。部署ごとの業務フローやルールは多岐にわたり、日々変化する業務にあわせて、新たに文書化するには非常に手間がかかりますが、リポジトリ・リビジョン・バージョン等の自動管理機能により、変更が生じた業務プロセスを修正・更新するだけで、変更後のプロセス図はダイレクトに「業務の文書化」として効用いたします。

 両製品の連携により、難しいとされていた変更の多い業務文書のデータ化をすすめ、業務プロセスの可視化や業務の文書化に対応するだけでなく、業務プロセス管理者自らプロセス構築を行います。また、IT情報資産とITの人的資産の有効活用により、より早いサイクルでビジネスの最適化をはかり経営効率を高めます。

 具体的には、アセントンが新規開発をした「内部統制ツール」は、業務の可視化~リスクチェックを繰り返し行うことにより、業務プロセスの平準化と日本版SOX法対応にむけてのポイントである文書を自動生成するプロセスシミュレート ツールとなり、その後、平準化されたプロセス図をサーバに送信するだけで業務プロセスに基づいた各アプリケーションとの統合を実現する「AgilePoint BPMS」でのプロセス運用・実行へとシームレスな連携ソリューションをご提供いたします。
 これに対して、ウイングアーク テクノロジーズは、現場の担当者が業務にあわせてWeb入力画面の設計する「StraForm-X」が、「AgilePoint」につながるデータ入力のインターフェースを提供し、紙、Excel、WordやPDFなどの業務文書をデータ化し、データの入力を統制します。また将来的に、帳票出力ツールの「Super Visual Formade(SVF)」につなぐことにより、IT業務処理統制におけるインプット・コントロールからアウトプット・コントロールにも対応でき、データの入口・出口から内部統制に備えることができます。

 この度の両社の協業によって、システム構築の手間を省略するだけでなく、メンテナンス性に優れ、現場業務の変化に強くノンプログラミングで実現する内部統制を見据えた統合ソリューションを提供いたします。
 なお、「StraForm-X」と「AgilePoint」の連携については下記URLをご参照ください。
 http://www.wingarc.com/iwld/stx/agilepoint/

セミナー詳細は以下の通りです。

【セミナー内容】
『現場から考える内部統制を見据えた情報管理』
文書化だけをIT頼みにしていませんか? 可視化~リスク管理~文書化~運用まで実現可能なIT教えます!

13:30 ◆ご挨拶
13:30~14: 40 ◆日本版SOX対応プロジェクト実施における勘所
ザカティーコンサルティング株式会社 マネージャー 佐藤 昌孝
14:40~14:50 休憩
14:50~15:20 ◆内部統制ツール「ザカティー・インテグレーション」と運用ツール「AgilePoint BPMS」のご紹介
アセントン株式会社 代表取締役 佐藤 尋美
15:20~15:50 ◆【DEMO】ツールを用いた内部統制対応ソリューション 実践デモ
15:50~ Q&A/個別相談

【セミナー日程】
■東京
日時 : 10月3日(火) 13:30~15:50(開場13:00)
会場 : ウイングアーク テクノロジーズ セミナールーム
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F  TEL:03-6710-1700
[最寄り駅]
・JR「品川駅」港南口より徒歩5分
・京浜急行「品川駅」港南口より徒歩8分
受講料 : 無料 (事前登録制)
定員 : 30名
お申し込みURL : http://www.wingarc.com/doc/straform/seminar/0610azw/
主催 : アセントン株式会社
共催 : ザカティーコンサルティング株式会社/ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

【アセントン株式会社】
マイクロソフト社".NETモテクノロジーを用いたエンタープライズ向けの第三世代BPMS製品"AgilePoint"は、プロセス・モデリングやISO、J-SOX対応ツールとして、また、SOA開発用プラットフォームとして、その用途・業種の適用範囲を問いません。 AgilePointは、MS社アプリケーションや同社以外のアプリケーションや如何なるシステムとをノンプログラミングで、且つ、シームレスな統合を実現します。
その技術力の高さと、製品のユニークな発想から、2005年度Microsoft社"Partner of the Year"に於いて"Information Worker Solutions Award"受賞いたしました。
※これは、全世界のマイクロソフト社パートナーが出荷する数ある製品の中で、情報利用者向けソリューションとして技術的な革新を伴った最も秀でた製品に対して贈られる賞です。

社名 : Ascentn Corporation(アセントンK.K)
代表取締役社長 : Jesse Shiah (Japan:佐藤尋美)
設立 : 2005.4.1
資本金 : 米国(非公開)
売上高 : 8M$(2006.Q1)
従業員数 : 50名(2006.Q1)
URL : http://www.ascentn.com (Head Quarter in USA)
http://www.ascentn.co.jp (Japan)

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

アセントン株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-3 ディアシティ赤坂一ツ木舘303
TEL:03-3505-8178  FAX:03-3505-8198
e-mail:japan@ascentn.com
担当:カントリーマネジャー 佐藤

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒108-0075  東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701
tsales@wingarc.co.jp
広報担当 小田嶋
pr@wingarc.co.jp

       
このページのトップへ