企業情報

ニュース

2007/03/08

プレスリリース

ピープルスタッフ、登録スタッフや全社実績の情報管理に多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」シリーズを導入

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、東海地区における人材サービス業のリーディングカンパニーであるピープルスタッフ株式会社(以下、ピープルスタッフ、所在地:愛知県名古屋市、社長:日比野三吉彦)が、経営分析につながるWeb対応のデータ分析システムとして多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」シリーズを導入されましたので、お知らせいたします。

 ピープルスタッフでは、変化の激しい現場への即応性、経営の正確な判断に対応する観点から、クライアント/サーバ型オープンシステムからWebベースの基幹システムへの刷新に併せ、経営分析につながるデータ分析システムの導入を検討、2ヶ月間という限られた期間で構築を実現し、情報システム部が要件を満たすデータ分析システムとして「Dr.Sum EA」シリーズが選定されました。
 これまでピープルスタッフでは、スタッフ情報、受注情報、勤怠情報、給与情報など様々なデータが蓄積され、これらのデータを活用するには、情報システム部門が依頼を受け、データを切り出し、Excelに加工しユーザに提供する必要がありました。この度の「Dr.Sum EA」シリーズ導入により、経営分析につながる企業データの可視化がはかられ、経営層からユーザ部門に至るまで社内データを有効活用する環境が整い、これまで情報システム部門がデータ加工に費やしていた工数を大幅に削減されています。
 Dr.Sum EAが採用された理由は以下の通りです。

1.プログラム知識のないユーザでも操作できる、分かり易い構築手順
2.ユーザ数の増加に対応できる、サーバライセンス体系であること
3.継続的なメンテナンスとサポート体制
4.確かな導入実績を有する製品であること
5.Webアプリケーション対応製品であること

 同システムでは、月次ベースで各部門のマネージャー層で利用され、集計された数万件単位の受注データや売り上げデータ、10万人を越える登録スタッフの稼動情報が閲覧されています。ユーザ部門では、重要な経営指標の推移が全社単位だけでなく、部門単位で容易に把握できるようになり、業績の推移状況や変化を迅速に把握し、席にいながらにして素早く対応することができる環境を実現されています。また情報システム部門では、ユーザ部門からのデータに関する問い合わせがなくなり、基幹データベースへのデータ提供も「Dr.Sum EA」につなげるだけの作業で済み、メンテナンス作業が大幅に効率化されました。
 ピープルスタッフでは、データ分析に関するユーザからの要望をうけて閲覧データの拡充をはかり、今後は変化する社会の求めるニーズにいち早く対応するため、データを有効活用した日次ベース、リアルタイムベースの集計環境を目指して、分析システム構築の強化を予定されています。

【ピープルスタッフについて】
創業以来「人と企業の幸せな関係づくりをめざし社会に貢献する」という経営理念のもと、規制緩和による市場拡大を背景に、人材派遣業を中心に人材紹介、教育サービス、アウトソーシングサービス等へ事業領域を拡大し、人材に関する総合的なサービスを行っている。OA操作や通訳、翻訳、IT関連業務などへの人材派遣のみならず、近年では製造、エンジニアリング、医療介護、マーケティング事業等の分野の人材育成にも注力し、専門性の高い人材の提供を図っている。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒108-0075  東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701
tsales@wingarc.co.jp
広報担当 小田嶋
pr@wingarc.co.jp

       
このページのトップへ