企業情報

ニュース

2015/09/01

プレスリリース

【第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」】
株式会社Agoopが提供する「メッシュ型流動人口データ」を月額サービスとして取り扱い開始

~スマホアプリから得られた位置情報により、実態人口により近い総人口分布を把握~

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)は、第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」のラインナップとして、株式会社Agoop(本社:東京都港区、代表取締役:柴山和久)が提供する「メッシュ型流動人口データ」を、9月1日(火)より提供します。利用料金は、全国版が月額50万円/10ID(税別)~、地方版は月額25万円/10ID(税別)~となります。

 「メッシュ型流動人口データ」は、スマホアプリから得られた位置情報より生成したポイント型流動人口データに、独自の総人口換算係数を乗じる等の推計処理を施した位置情報ビッグデータです。日本全国を500mメッシュで網羅しており、特定のエリアにおける時間単位の実際の人口(実態人口)により近い、総人口分布の把握が可能です。
 この「メッシュ型流動人口データ」の、2014年1月~12月の12ヶ月分のデータを、第三者データの月額利用サービスモデル「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud」のラインナップとして、取り扱いを開始します。「メッシュ型流動人口データ」により、エリアごとの時間単位での実態人口の把握による緻密なマーケティング戦略立案や意思決定を行えるようになります。

【株式会社Agoopのメッシュ型流動人口データについて】
メッシュ型流動人口データは、スマホアプリから得られた位置情報より生成したポイント型流動人口データに、独自の総人口換算係数を乗じる等の推計処理を施したデータコンテンツとなります。経済産業省より地方創生の実現に向け開発された"RESAS"の観光マップにも搭載されています。
http://www.agoop.co.jp/solutions/bigdata/data_mesh_pop/

【第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」について】
第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」は、セールス&マーケティング領域などで求められる人口統計データや事業者データ、気象履歴データ、その他各種調査統計データなどの「第三者データ」を提供し、企業の情報活用を支援するサービスです。
http://www.wingarc.com/service/dg/

<時間単位で流動人口の推移:2014年1月(休日)>
時間単位で流動人口の推移:2014年1月(休日)

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

<本件に関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社 広報担当 山本・高橋
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ