企業情報

ニュース

2019/10/02

プレスリリース

ソニー銀行株式会社が「SVF Cloud for Salesforce」を導入し業務スピードアップとユーザー部門主導の業務改善を実現

〜複数・大量の帳票出力に対応、使い慣れたExcelインターフェースの帳票設計を評価〜

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、インターネットを通じて個人向けに資産運用サービスを提供するソニー銀行株式会社(以下ソニー銀行)に、「SVF Cloud for Salesforce」を導入し、ユーザー部門主導の業務改善を実現しました。

【ソニー銀行について】
 2001年に開業したソニー銀行は、インターネット専業銀行の先駆けとも言える存在です。ローン事業や外貨預金を強みとしており、特に主力商品の住宅ローンに関しては、某顧客、満足度調査において9年連続顧客満足度ナンバーワンという高い評価を獲得しています。

【背景】
 企業理念の一つに「IT技術を最大限利用する」とあるように、常にIT技術を活用した業務効率化、顧客サービス向上に積極的に取り組むソニー銀行は、2015年にSalesforceのカスタマーサービスプラットフォームであるService Cloudを導入。さらに、システム統廃合、ツール削減、業務時間短縮などを目的にService Cloudと連携可能な帳票ツールの導入検討を開始しました。いくつかの帳票ツールを比較検討した結果、ウイングアーク1stのクラウド技術に対する強み、数多くの金融機関に採用されている実績、サポート体制、帳票の新規作成・修正の容易さなどの機能を総合評価し、SVF Cloud for Salesforce(以下、SVF Cloud)の採用を決定しました。

【導入効果】
 現在ソニー銀行では、お客様に書類を送る際の送付状、署名をいただくための同意書、住宅ローンの審査結果など約20種類の帳票類を出力しており、その出力枚数は送付状、審査結果共に1ヶ月あたり200から300枚に達しています。Service Cloudには勘定系システムからデータをほぼリアルタイムに取り込み、最新情報が格納されるので、Service Cloudの画面上からボタン一つでSVF Cloudを操作、目的の帳票を出力できるようになったことで、インプットからアウトプットまでシームレスかつスピーディーな運用を実現することができ、業務スピードアップに貢献しています。
 また、SVF Cloudの帳票設計ツールExcel Designerにより、使い慣れたインターフェースを使って帳票の新規作成や修正ができるため、開発に要する期間やコストを大幅に削減でき、ユーザー部門が必要とする帳票をすぐに設計、運用開始できることが、ユーザー部門主導の業務改善実現と、その先のお客様へのサービス向上の一助になるという評価を受けています。

■事例紹介
http://www.wingarc.com/product/usecase/193.html

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ