企業情報

ニュース

2019/11/08

お知らせ

データを活用した未来を創るコンテスト「Datalympic 2019」の決勝戦進出5チームが決定

~11月22日(金)に決勝戦を開催~

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、データを活用した未来を創るコンテスト「Datalympic 2019」の決勝戦進出チーム(5チーム)が決定したことをお知らせします。

 「Datalympic 2019」は、データで豊かな未来を創る挑戦者を募集するコンテストです。データに価値を与えて世の中を豊かにするアイデアを、ウイングアークの製品を利用したデータ活用作品として提出いただきました。
本コンテストには、シンガポールをはじめとした173チームからの作品提出があり、書類審査を通過した65チームが、10月から全国8都市で開催した予選会に出場しました。厳正な審査の結果、決勝戦に進出する5チームが決定しました。

■決勝戦進出チーム
『新しい転職活動のカタチを提供する「wa」』 チームひとり(株式会社ジール)
『イベント会場可視化で叶える参加者全員HAPPY♡大作戦!』 ITの略は「イベント楽しむ」です。(株式会社富士通マーケティング)
『快適 Deliver』 0x1d(会津大学)
『Combat Scoring Board ~ゲーム上級者を目指して~』 B-en-人(ビジネスエンジニアリング株式会社)
『ボトルキープのクラウドサービス OZONE(オゾン)』 ZEAL大阪支社(株式会社ジール)

審査基準:以下の4つのポイントで審査
・ビジネス    収益性や実現可能性がみられ持続的である
・テクニカル    多様な技術を取り入れ実用性がある
・表現力      共感や感動を与える工夫や配慮が見られる
・イノベーション  革新的なアイデアで驚きや未来を想起する


「Datalympic 2019」の決勝戦は、11月22日(金)にザ・プリンスパークタワー東京で開催する「WAF2019 | UPDATA! [東京]」内で開催します。特別審査員は、各分野で活躍されている、小泉 耕二氏、出村 光世氏、粟生 万琴氏、日比谷 尚武氏に決定しました。


■「Datalympic 2019」決勝戦

日時:2019年11月22日(金)ザ・プリンスパークタワー東京(港区芝公園)
URL:https://www.wingarc.com/forum2019/
  ※観覧にはお申し込みが必要です

<特別審査員>
小泉 耕二  (IoTNEWS 代表 株式会社アールジーン 代表取締役/CEO)
出村 光世  (株式会社コネル 代表取締役)
粟生 万琴  (株式会社Job-Hub エグゼクティブ・フェロー)
日比谷 尚武 (Sansan株式会社 コネクタ/Eightエバンジェリスト)

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ