企業情報

ニュース

2019/12/02

プレスリリース

「未来の帳票」をコンセプトに、「SVF Ver.10.0」を12月2日(月)発売

〜シンボルロゴを刷新、新たな時代の帳票運用へ進化〜

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、帳票基盤ソリューション「SVF Ver.10.0」を、12月2日(月)に発売します。
 「SVF Ver.10.0」は「未来の帳票」を開発コンセプトとし、SVFの特長である安定性や信頼性をさらに高めています。加えて、大量な帳票出力に対するスケーラビリティと、文書を閲覧する多様なデバイスに対応します。2010年のVer.9.0の発売以来となるメジャーバージョンにおいては、SVFのシンボルロゴを刷新し、主要製品をパッケージしたSUITE製品群の提供を開始します。

【帳票を取りまく背景】
 帳票環境においては、紙から電子データへのシフトが進んでいます。しかしながら、人が情報を認識する為には、文字・表・グラフのような形式が50年先の未来においても変わらない手段となります。
 クラウドの時代においては、組織や会社をまたいだセキュアなデータ流通の実現が期待されますが、そのような環境においては表示するごとに数値が変わる動的データよりも、確定した情報を正確に扱える静的なデータの需要がより大きくなると考えられます。加えて静的データを送る際に人間が情報を認識するための帳票と機械が処理するためのデータを1つの単位としてデータ流通させることで、視覚によるデータの認識に加えて機械による自動処理により生産性向上が実現されると考えられます。
 「未来の帳票」はデジタル・トランスフォーメーションが加速した先に、IT人材不足や環境変化という課題に直面することが予測されます。その状況に先んじて、帳票設計においては、設計ツールを必要としないExcelを帳票フォーマットとする機能や、HTML5(SVG)対応によるスマートフォンをはじめとした、多様化する帳票・閲覧環境をサポートする機能を実装します。

[主な機能]
■Excel様式を使用した印刷機能
Excelファイルを直接SVFの設計ファイルとして利用することで、帳票デザインの難易度を大幅に下げ、電子ファイルによる業務範囲を拡大します。

■SVG(Scalable Vector Graphics)出力対応
HTML5に対応しWebブラウザで表示可能に、スマートフォン、タブレットなどの様々な閲覧環境での閲覧・再加工を可能にします。

■RDEスケーラブル
RDEサーバーの負荷を分散することでスループットを向上させ、大量データ出力時のスケーラビリティと高い可用性を提供します。

■マルチアウトプット
印刷と保管を同時に実現することで、電子データ対応の課題を解決します。

[SVF Ver10.0 SUITE]
製品を選択しやすくすることを目的に、「PDF系」「基盤系」「印刷系」「ファイル出力系」の分類で以下4製品を新規提供開始します。
■SVF PDF Enterprise
高精度・高パフォーマンスで各種クライアント端末による出力・閲覧など様々なビジネス要件を満たした帳票のPDF化によって本格的なWeb帳票運用を実現します。
同梱内容:SVF for PDF、SVF for Web/Client、SVF Web Direct Print、SVF for SVG(※)

■RDE SUITE
基幹システムのミッションクリティカルな全社帳票運用を実現します。分散された帳票運用を一極集中管理して、帳票出力環境を標準化・共通化・一元化できます。
同梱内容:Report Director Enterprise、 RDE PDF Option、 RDE SATO Option、 RDE TEC Option、 RDE NEC MultiCoder Option、RDE Excel Option、 RDE CSV Option、 RDE TIFF Option、 RDE Zebra Option、 RDE SVG Option(※)

■SVF Print SUITE
主要プリンター各社の制御コードにより、各種ラベルプリンターを含む固有のプリンターに依存しない帳票高速印刷を実現します。
同梱内容:SVF for Java Print、 SVF for SATO/Java Edition、 SVF for TEC/Java Edition、 SVF for NEC MultiCoder、 SVF for Zebra

■SVF File SUITE
印刷データをExcel・CSV・TIFFなど各種ファイル形式で出力することができます。帳票の二次加工や各種システム連携など自由度の高い帳票運用が実現できます。
同梱内容:SVF for Excel、 SVF for CSV、 SVF for Web/TIFF Java Edition

※SVF for SVGおよびRDE SVG Optionは、上記セット製品にのみ付属する新規ライセンスとなり、単体での販売は行いません。

【SVFシンボルロゴについて】
SVFは1996年の出荷以降、23,470社を超えるお客様に導入いただき、様々な帳票運用における課題を解決してまいりました。今回のロゴ刷新は、従来の帳票課題だけではなく「未来の帳票」を見据えた進化を続けて、さらなる顧客価値向上に努めるという、ウイングアーク1stの意思表示を象徴したものです。

SVF3.jpg

■SVFサイト
https://www.wingarc.com/product/svf/

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ