企業情報

ニュース

2020/07/09

プレスリリース

京浜急行電鉄株式会社がグループ全体のデータ分析基盤の構築に
ウイングアーク1st製品群を導入

少子高齢化時代の地域密着型エリア戦略を推進するデータ活用をグループ横断で実現

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、京浜急行電鉄株式会社が、グループ全体でデータを集約し分析するためのデータ分析基盤を構築するにあたり、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud(以下、MotionBoard)」、文書データ活用ソリューション「SPA Cloud(以下、SPA)」、データ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud(以下、Dr.Sum)」、データ提供サービス「3rd Party Data Gallery(以下、3PDG)」を導入したことをお知らせします。

【京浜急行電鉄株式会社について】
 東京都と神奈川県を中心に展開する京急グループ。電車・バス・タクシーの交通事業を基幹としながら、沿線で不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業など幅広い事業を展開しています。

【背景】
 鉄道のみならず不動産、レジャー・サービス、流通など幅広い事業を展開する京急グループでは経営課題である沿線地域の少子高齢化に立ち向かうため、全社で保有するデータをエリアマーケティングに活用するデータドリブン戦略の推進を目指しています。
 これまで同社では、グループ各社・社内各部署の担当者がそれぞれExcelで膨大な時間をかけてデータ分析を行っていました。参照しているデータソースや分析粒度がそれぞれ微妙に異なることもあり、グループを横断して議論を行う際には、まず前提としているデータのすり合わせが必要でした。また、分析業務を分析担当部門で請け負う取り組みも行いましたが、自分たちがその業務を完全に把握しているわけではないため、依頼者の意図を汲み取りきれず、スムーズに進められないことも多くありました。
 そこで、埋もれてしまっている貴重なデータをグループ全社で自由に活用し、機会損失を防ぎたいと考え、業務を熟知しているグループ全社の担当者が、ストレスなくデータ抽出から分析までを自分自身でおこなえるデータ分析基盤の実現を目指しました。こうして構築されたのが、事業運営の根幹となる沿線地域の活性と少子高齢化社会への対応にむけてグループ全社のデータ資産をフル活用し、マーケティング戦略や業務改革に活かすことを目指した、京急グループ統合データシステム 「KIDDSKeikyu group Integrated Data Driven System)」です。

 グループ全社横断となるデータ分析基盤である、京急グループ統合データシステム 「KIDDS」は、ウイングアーク1stの4つのクラウド製品、MotionBoardSPADr.Sum3PDGによって構築されており、2020年1月より稼働を開始しています。導入のポイントは以下の通りです。

・国内1社が提供する製品群により、データ蓄積からレポートなどの文書出力まで一元的かつシームレスに実現できる
・シングルサインオンでシームレスにシステムにアクセスできる
・オフィスの場所やアクセス環境の異なるグループ全社で利用できる
・専門性の高いスキルを持たない現場の担当者でも、沿線地域の商圏分析をはじめとした高度なデータ分析に取り組める
・国勢調査や経済センサスなどの第三者データをまとめて調達できる3PDGを活用することで、分析に用いるデータをグループ内で統一できる

【導入システムのポイント
BIダッシュボード「MotionBoard」:データを集約、可視化し、レポーティングや意思決定のスピード化を実現する。GIS機能を標準搭載
・データ提供サービス「3PDG」:MotionBoardの分析に最適な形式で第三者データを調達できる
・文書管理ツール「SPA」:MotionBoardのデータ分析結果をPDFPowerPoint形式でシームレスに保存、閲覧でき、スムーズな情報共有を支援する
・フロントデータベース「Dr.Sum」:全社が保有する大量のデータの蓄積とその高速集計を行う

サービス構成図.png
サービス構成図

【導入効果】
・グループ全体でデータを集約し分析するためのデータ分析基盤が整備でき、データの可視化と戦略的なデータ分析が行えるようになった
・スピーディに分析やレポート作成が可能となり、議論に時間がかけられるようになった
・地図機能を利用した商圏分析のような高度な分析も各担当者ができる環境となり、沿線地域のエリア毎の必要な情報が把握しやすくなった
・どこからでもアクセスしてデータを共有できるため、仕事環境を選ばずデータ活用が可能となった

 今後は、データ資産の横断利用の第一歩として、グループ間でのシナジーにつながる象徴的なデータと言える有効会員数約90万人を抱える京急プレミアポイントカードデータの更なる活用促進なども検討しています。「KIDDS」内でほかのデータと掛け合わせることで、今まで以上に各社横断の営業施策などにつなげたり、京急グループのロイヤルユーザー向けサービスの展開や沿線エリアのマーケティング活動といった、社会環境が激変するなかでも顧客に選ばれるイノベーティブな新サービスの創出にもKIDDSの活用を推進していきます。

■事例紹介
https://www.wingarc.com/product/usecase/208.html

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ