企業情報

ニュース

2020/08/31

プレスリリース

SPA Mobileが利用できる最新バージョン「SPA Ver.10.4」を提供開始

手書き伝票を含む定型帳票をスマートフォンで撮影しデータ化、入力の手間を大幅削減

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、AI OCRと文書管理がオールインワンになった最先端のドキュメント管理ソリューションSPAの最新バージョン「SPA Ver.10.4」を、831()より発売します。

 今回のリリースでは、iOS端末に対応したSPA MobileApp Store上で提供開始します。SPA Mobileは、スマートフォンで撮影・保存された画像ファイルをPDFファイルの文書としてアーカイブするアプリケーションです。アーカイブされた文書はSPAAI-OCR機能により読み取り可能で、手書き伝票を含む定型帳票をその場で撮影し読み込むことにより、後から発生する入力などの手間を削減します。またスマートフォンで撮影した領収書などの電子帳簿保存法対応も可能となります。

 なおSPA Mobileの利用にあたっては、別途SPAもしくはSPA Cloudの契約が必要になります。SPAの価格は、3,795,000円(税別/初年度の保守費込)~。SPA Cloudの価格は、50,000/月(10ユーザー、税別)~です。

SPAmobile_01_fix03.png

新機能:SPA Mobile>
画像ファイルのアーカイブ
モバイル端末のカメラ機能で撮影した画像ファイルや、モバイル端末内に保存してある画像ファイルをPDFに変換してアーカイブすることができます。アーカイブする文書にはカスタムプロパティやコメントを付加することもできます。

文書の振り分け
SPA Mobile
からアーカイブした文書を、プロパティを参照し振り分けることができます。振り分けにはSPA内のフォルダーを「監視フォルダー」として、事前に指定しておく必要があります。

アーカイブした文書の加工
アーカイブした文書をプレビューで確認して、SVF検索フィールドの編集やマスクの適用、ページの回転などを行うことができます。

SPA Mobileによる電子帳簿保存法対応
現行、電子帳簿保存法ではスマートフォンで撮影した領収書などの電子保存が可能になっています。受け取った領収書などの帳票類をSPA Mobileがインストールされたスマートフォンで撮影、データをSPAもしくはSPA Cloudにアーカイブします。アーカイブ後タイムスタンプを付与することで電子帳簿保存法対応を実現します。

iOS端末に対応

SPA」の詳細については、以下をご覧ください。
https://www.wingarc.com/product/spa/

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ