企業情報

ニュース

2020/10/09

プレスリリース

シンガポールのデータアナリティクスベンダー「Azendian」社と事業提携

教育機関向けソリューションおよびスマートビルディングソリューションにMotionBoardおよびDr.Sumを提供

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:田中潤、以下ウイングアーク1st)とシンガポールに拠点を置くAzendian Solutions Pte.Ltd.(本社:シンガポール、Group Managing Director:ビル・リー、以下Azendian)は、MotionBoardおよびDr.Sumを組み込んだデータアナリティクス・ソリューション「LiteOnシリーズ」をアセアンへ展開することを目的に事業提携契約を締結しました。

 ウイングアーク1stは東京に本社を置き、帳票およびBI(ビジネスインテリジェンス)のデータエンパワーメント領域で国内トップシェア※1のソリューションを開発・販売をしています。海外の事業拡大を成長戦略のひとつと位置づけ、2009年に中国上海法人、2014年にシンガポール法人を開設し、2017年にオーストラリアの統計局向けBIベンダーを買収し、アセアンにおける事業を強化してまいりました。

 2015年に設立されたAzendianは、シンガポールに本社を置き、データアナリティクス領域を強みに、効率的なリソース配分と生徒の学習習熟を促進する教育機関向けソリューション LiteOn Campus、そして、ビルや不動産の温室効果ガスを削減する、次世代型スマートビルディングソリューション LiteOn Estateを開発しアセアンに販売しています。これまで数々の賞を受賞しており、 2019年にシンガポールの行政機関であるLand Transport Authorityが主催したコンテスト「Singapore Mobility Challenge」では、112社の応募の中、イノベーティブ企業として優勝しています。

 また、シンガポールにある高等教育機関Temasek Polytechnic※2と協業し、次世代型スマートビルディングソリューション向けのデータ駆動型AIソリューションを推進しています。AIソリューションの共同開発を目的として、当機関の工学部や情報・IT学部、施設管理チームと提携し、次世代のデジタル市場に対応できるよう、Temasek Polytechnicの学生および専門家への教育、トレーニング、ケーススタディの提供にも力を入れています。
ウイングアーク1stのMotionBoardを活用したAzendianのLiteOn Estateソリューションは、他業界の主要なソリューションと共に、展示やトレーニングのために設立されたTemasek Polytechnic内の Integrative Built Environment Centreにて展示される予定です。

 この度の事業提携により、アセアンにおけるAzendianソリューションの競争力を向上させるために、データビジュアライゼーションを中心に当社製品を組み込んで提供します。また、当社は、Azendianの日本を含むアジアパシフィックにおけるビジネス開発の支援も含め、戦略パートナーとして協力していきます。本提携を皮切りに Embeddedパートナーネットワークを構築し、アセアンにおける継続的な事業拡大を目指します。

LiteOn Estate.png画像:LiteOn Estate - MotionBoardでTemasek Polytechnic内の冷却装置の稼働状況を可視化

なお、弊社開催のオンラインビジネスイベント「updataNOW 20」にて、Azendianのビル・リー氏にご登壇いただきます。
詳細については以下をご参照ください。
10月14日(水)11:00~11:45
Daily KeynoteIndustry X.0:アフターデジタルの世界をサバイブせよ
https://www.wingarc.com/updata/online/2020/

ウイングアーク1st株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 田中潤のコメント
「ウイングアーク1stは、データ活用に特化したテクノロジーを軸とした製品およびサービスを日本中心に展開しています。この度、シンガポールを拠点とするデータ分析に強いAzendianと、データ可視化テクノロジーを持つ当社が連携することで、圧倒的に差別化されたソリューションをアセアンに広く展開できることを大変嬉しく思っています。今後、当社と大変近いビジョンを掲げるAzendianとの強固な事業連携のもと、アセアンにおける両社のビジネスを発展させていきたいと考えております」

Azendian Solutions Pte,Ltd.Group Managing Director Bill Lee氏のコメント
「これまでシンガポールを拠点とし、東南アジア全体に事業を拡大させてきましたが、日本や他のアジアの先進国市場がAzendianにとって主要な成長市場となることは間違いありません。この地域において、お互いのビジョンをサポートし合えるウイングアーク1stと事業提携にいたったことを、大変嬉しく思っています」

Azendian Solutions Pte,Ltd.について
社名Azendian Solutions Pte,Ltd
設立2015年
代表者Bill Lee
事業内容データアナリティクス領域を強みとし、教育やスマートビルディング分野でソリューションを開発・販売する
HPhttps://azendian.com/

※1)出所:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2019年版」に基づき当社推定
※2)Temasek Polytechnicはシンガポールにある高等教育機関であり、応用化学、ビジネス、デザイン、エンジニアリング、IT等の領域に特化したカリキュラムを提供しています。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ