企業情報

ニュース

2020/11/17

プレスリリース

東芝デジタルソリューションズ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:田中潤、以下、ウイングアーク1st)は、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田太郎、以下、TDSL)と資本・業務提携を行うことで合意いたしましたので、お知らせいたします。

 TDSLはウイングアーク1st株式4,604,700株(発行済株式総数の15%)を取得します。

 TDSLは、東芝グループにおけるデジタルソリューション事業領域の中核企業としてデジタルトランスフォーメーションを推進し、システムインテグレーションおよびAIIoTを活用したサービスソリューションを提供し、持続可能な豊かな社会の実現を目指しています。

 ウイングアーク1stは「Empower Data, Innovate the Business, shape the Future. 情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。」というビジョンのもと、データ活用のプロフェッショナル企業として、長年にわたり多くの企業の業務効率化や業績向上を支援しています。

 東芝グループは全社変革計画「東芝Nextプラン」において、インフラサービスカンパニーとしての安定成長、そしてCPS※1テクノロジー企業への飛躍を掲げております。このなかで、東芝グループの事業から生み出されるさまざまなデータや流通データなどをビッグデータとして扱いプラットフォーム化することで新たな価値をもたらすデータサービスは重要な位置づけとなっており、TDSLはデータサービスの中核を担う企業です。

 ウイングアーク1st及びTDSLは、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」とTDSLのものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」との連携を進めてまいりました※2が、本提携におきましては、両社の人材や技術の交流を通じて、IoTやスマートファクトリー等製造業向けソリューションのさらなる強化を図るとともに、これまで培ってきた両社の業種ノウハウやデータ分析の知見・技術を用いて、プラットフォーム上のデータから新たな価値を生み出すデータサービスの開発を目指します。

■東芝デジタルソリューションズ株式会社 取締役社長 島田太郎氏のコメント
両社ではこれまでもパートナーとしてお互いのソリューションにより、製造業の現場改革に貢献してきました。今回の提携により、両社の強みを生かして新たなデータビジネスを創出し、幅広い領域のお客さまに新しい価値を提供して参ります。

■東芝デジタルソリューションズ株式会社の概要

社名 東芝デジタルソリューションズ株式会社
設立 2003
代表者 取締役社長 島田 太郎
資本金 235億円(東芝100%
従業員数 8,621人 (連結/20202月現在)
事業内容

システムインテグレーション及びIoT/AIを活用したICTソリューションの開発・製造・販売

※1  Cyber Physical Systems。実世界(フィジカル)におけるデータを収集し、サイバー世界でデジタル技術などを用いて分析したり、活用しやすい情報や知識とし、それをフィジカル側にフィードバックすることで、付加価値を創造する仕組み

※2 2019115日 東芝デジタルソリューションズ株式会社発表 ニュースリリースウイングアーク1stのMotionBoardを、ものづくりIoTソリューションMeisterシリーズのデータ活用ソリューション「Meister Apps™」のパートナープロダクトに認定
https://www.toshiba-sol.co.jp/news/detail/20191105.htm

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ