企業情報

ニュース

2021/12/03

お知らせ

「日本版eシール」対応サービスの開発・提供に向け4社で協業

ウイングアーク1st株式会社

 当社は、GMOグローバルサイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中條 一郎)ならびにセイコーソリューションズ株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:関根 淳)そして株式会社帝国データバンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 信夫)の4社で「日本版eシール」対応サービスの開発・提供において協業します。

■連携・協業のメリットについて
 今回の連携・協業により、ビジネスにおける様々な帳票類を、eシールを付与したトラストデータとして扱うことで、DX(デジタルトランスフォーメーション)を強力に推進すると想定しています。併せてeシールの付与においては、特定の「閉じられた」サービスではなく、統一基準のもとで利用者が様々なサービスを利用できる「開かれた」サービスを提供することができます。利用者は、サービス毎に利用環境を用意する必要はなく、導入コストが抑えられるほか、運用における利便性も格段に向上します。

■サービスについて
4社それぞれの強みを生かし、DX推進ソリューションの提供を目指します。
・ウイングアーク1st株式会社:企業間文書データ流通サービス/帳票ソリューションの提供
・GMOグローバルサイン株式会社:電子認証局運営・電子証明書発行サービスの提供
・セイコーソリューションズ株式会社:タイムスタンプ発行サービス・リモート署名サービスの提供
・株式会社帝国データバンク:企業の実在確認サービス、企業データ連携サービスの提供

具体的なサービスの詳細に関しましては、今後公開してまいります。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ