企業情報

ニュース

2021/12/13

プレスリリース

大宇宙信息創造社と協業、中国拠点の販路開拓を強化

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、中国の現地法人ウイングアーク上海(文雅科信息技术(上海)有限公司)と中国においてシステム開発サービスを提供する大宇宙信息創造(中国)有限公司(本社:中国天津市、董事長:中山国慶)(以下、大宇宙社)と当社のBIダッシュボード「MotionBoard」に関して販売パートナー提携を締結し、「MotionBoard」のOEMブランド「TCInsights」を中国国内企業向けに提供します。「TCInsights」は「MotionBoard」の最小ライセンスでの提供形態となるため、導入ユーザーは利用用途の拡大とともに、「MotionBoard」へアップグレードが可能です。

Logo_1.png

 ウイングアーク1stは東京に本社を置き、帳票およびBIのデータエンパワーメント領域で国内トップシェア(※1)のソリューションを開発・販売しています。海外の事業拡大を成長戦略のひとつと位置づけ、これまで2009年に中国上海法人、2014年にシンガポール法人を開設し、2017年にオーストラリアの統計局向けBIベンダーを買収し、アセアンにおける事業を強化してまいりました。また2020年よりシンガポール、フィリピン、インドネシアにおいて現地法人と事業提携を図るとともに、202111月にシンガポールのデータアナリティクスベンダーAzendian社との資本・業務提携を発表しました。中国においては、2021年から広州に出張所を設置し、パートナー開拓を強化してまいりました。

 今回の提携により提供する「TCInsights」は、大宇宙社のシステム構築サービスやソリューション導入開発サービスにおけるデータ分析・可視化のローコード開発ツールとして、お客様の多種多様なダッシュボード要件に対応することができます。また、お客様にとってはスモールスタートでの導入が実現でき、お客様自身による業務に適したダッシュボード構築も期待できます。大宇宙社では、今後、中国国内向け提案に「TCInsights」を標準化していく予定です。

ウイングアーク社との協業を歓迎いたします。企業の生産性を向上するDXに関する期待の高まりは、中国でも市場を席巻しています。日本におけるデータビジネスのトップランナーであるウイングアーク社の高い知見と優れた製品、さらに大宇宙の業界随一の技術力から生まれた新たなブランド「TCInsights」は、中国資本企業のさらなる企業価値向上に必ずや貢献できると考えています。

大宇宙社 国内事業部企業IT服務事業部 総経理 陳建春氏

当社は2009年より、中国に進出される日系企業を中心に、データ活用の側面から支援を続けて参りました。昨今中国は諸外国のコストセンターとしての役目を終えつつあり、その広大な内需の市場に注目が集まっています。日系企業のみならず、中国企業のITを高い技術力で支えてきた大宇宙社との協業で、当社の製品力との強いシナジーを生むことができると確信しております。当社は、Made in Japanのソフトウェアを中国、そして世界に発信していくべく、大宇宙社とともに邁進してまいります。

ウイングアーク上海 総経理 大金直樹

大宇宙社について

社名 大宇宙信息創造(中国)有限公司
設立 1995年
代表者 中山 国慶(董事長)
社員数 1,580名(2021年時点)
事業内容 システム開発、システムインテグレーション、IT技術サポート事業を中心に中国国内でサービスを提供するアウトソーシング企業。2001年にはISO9000認証を取得、2003年以降は、国家発展改革委員会、情報産業部、商務部、国家税務総局が合同で選出する年度国家計画内重点ソフトウェア企業に毎年選ばれています。CMMI3、CMMI5、ISO27001の認証取得済。2008年日本国内に大宇宙ジャパンを設立。
http://www.trans-cosmos.com.cn/
大宇宙ジャパン: https://www.tci-cn.co.jp/

大宇宙社
お問合せ窓口

卢姗 :+86-186-2211-9613

※1:ITRDBMS/BI市場 2021」データ分析/レポーティング市場:ベンダー別売上金額推移およびシェア

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ