企業情報

ニュース

2022/07/04

プレスリリース

スルガ銀行株式会社が、継続的顧客管理における手書き情報のデータ化に「invoiceAgent AI OCR」を導入

業務の大幅な効率化より年間約5,000時間の業務負担を削減

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、静岡県と神奈川県を中心に事業を展開する地方銀行であるスルガ銀行株式会社(以下スルガ銀行)が、高精度な文字認識で帳票をデータ化する「invoiceAgent AI OCR」を導入したことをお知らせします。金融庁が金融機関に義務付ける継続的顧客管理の一環として、「お客さま情報確認書」のデータ化業務の効率化に活用され、手書き情報のデータ化とワークフローにより年間約5,000時間の業務負担削減に貢献しました。

スルガ銀行ロゴ_カラー.jpg

【背景】
 スルガ銀行では2021年より、金融機関が対応を求められるマネー・ローンダリングやテロ資金供与を抑止するための継続的顧客管理の徹底に取り組み、お客さまの属性情報や口座の利用目的などに変更がないか定期点検を行っています。1ヶ月で情報を確認すべきお客さま約2万人のうち、手書き回答の数は月平均で1,000名に達することが見込まれましたが、実務を担う業務管理本部内の業務センターは、多岐にわたる業務を担当しているため人的リソースにも限りがあり、手書き回答をデータ化するプロセスの効率化が大きな課題でした。そこで、「invoiceAgent AI OCR」を導入、2021年12月から本格稼働を開始しました。

 導入におけるポイントは以下です。
・4つのOCRエンジン(※)で多様な形式の手書き回答を高精度で認識しデータ化できること
・データ化された情報の結果を確認し承認できるワークフロー機能

【導入効果】
 「invoiceAgent AI OCR」の導入によって、チェックを入れるタイプの回答形式や自由記述形式など200以上の項目がある「お客様情報確認書」の手書き回答がデータ化され、データはCRMシステムで管理されています。継続的顧客管理業務全体のデジタル化により業務負担は大幅に軽減されました。具体的には、手書き回答が記載された「お客さま情報確認書」の月間処理件数が1,000件とすると、手作業による処理と比較して月間で420時間分、年間で5,000時間分の作業負担が軽減されました。また、こうした削減効果によって、手書き回答のデータ化に割り振る人的リソースも当初見込みの2分の1程度に抑えられています。

suruga_diagram.png

■事例紹介
https://www.wingarc.com/product/usecase/569.html

【スルガ銀行について】
静岡県と神奈川県を中心に国内118店舗を構えて事業を展開する地方銀行。19年11月に発表した中期経営計画"Re:Start 2025"のもと、「あってよかった、出会えてよかった、と思われる存在でありたい。」という企業理念の実現に向けて、お客さまの視点に立ったサービスの提供に取り組んでいる。
https://www.surugabank.co.jp

■「invoiceAgent AI OCR」について
invoiceAgent AI OCRは、活字・手書き文字を高精度に読み取りデータ化できる帳票データ化ソリューションです。独自の処理機能によって、システム入力の正確性向上と目視確認の作業コスト削減を両立し業務担当者の生産性を向上させます。
https://www.wingarc.com/product/ia/aiocr/

※2021年導入時は4つのOCRエンジンを活用。2022年6月にLINE株式会社の「CLOVA OCR(請求書特化型)」が新たに加わり、「invoiceAgent AI OCR」は5つのAI OCRエンジンの中から最適なOCRを設定できます。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ