製品使用許諾

Product license

ウイングアーク1st製品に関するライセンスの考え方

このページでは、ウイングアーク1st株式会社(以下「ウイングアーク1st」といいます。)の製品のライセンスについて、ご説明させていただいております。製品購入時の使用許諾に関しては、製品パッケージにある「エンドユーザー・ライセンス契約」をご確認いただきご同意いただくこと、または、製品のインストール時に表示される「ソフトウェア使用許諾契約書」のうち、お客様が取得したライセンスに適用される各条項すべてに同意され、[使用許諾契約の条項に同意します(A)] を選択することで、お客様は各製品を使用していただくことができます。

1.ウイングアーク1stの製品の日本国外での使用および再使用許諾について
  • 1.1 各製品の使用許諾期間中、以下の全ての条件を遵守することおよび事前にウイングアーク1st所定の書面を提出のうえウイングアーク1stの書面による承諾を得ることで、お客様は、各製品の日本国外での使用および再使用許諾を行うことができます。これにより、お客様は、以下の条件に基づく各製品の日本国外での使用および再使用許諾に関して、ウイングアーク1stの書面による事前の承諾を得たものとみなされます。
    • (1)再使用許諾先及び利用目的を、以下のいずれかの場合とすること。(但し、グループ企業限定ライセンス、第三者利用ライセンス(非商用)等ウイングアーク1stが別途指定するライセンスに該当する場合は当該ライセンスが必要となります)
      (a) 再使用許諾先: 日本国外に事務所を有する、お客様の関連会社(以下「対象関連会社」といいます。)
      利用目的: (i) 各製品を日本国内に主たる事務所を有するお客様が日本国内で購入し、日本国内にあるサーバーに導入する場合であって、各製品の利用について、対象関連会社が日本国外からアクセスして使用する目的、または
      (ii) 各製品を日本国内に主たる事務所を有するお客様が日本国内で購入し、日本国外にあるサーバーに導入する場合であって、お客様が日本国内よりアクセスして使用し、もしくは、対象関連会社が日本国外からアクセスして使用する目的。
      (b) 再使用許諾先: 日本国外に事務所を有する、お客様の委託先(以下「対象委託先」といいます。)
      利用目的: 各製品を日本国内に主たる事務所を有するお客様が日本国内で購入し、対象委託先が、専らお客様の内部業務に使用するために日本国外で使用する目的。
      (c) その他ウイングアーク1stが書面により承諾する再使用許諾先及び利用目的。
    • (2)お客様は、お客様の再使用許諾先に「ソフトウェア使用許諾契約書」または「エンドユーザー・ライセンス契約」に記載のソフトウェア使用許諾条件(本「ウイングアーク1st 製品に関するライセンスの考え方」の条件を含む。)を遵守させるとともに、その一切の責任を負うものとし、万が一お客様の再使用許諾先の行為によりウイングアーク1stに損害が発生した場合、お客様はその損害の一切を賠償すること。
    • (3)お客様は、ウイングアーク1stの要求があった場合、お客様の再使用許諾先の名称、所在地、お客様との関係、利用態様その他ウイングアーク1stの要求する事項をウイングアーク1stに対して直ちに書面にて報告すること。
    • (4)お客様は、各製品の取引および使用に関わる条約、輸出入関連法令その他(お客様の再使用許諾先の所在地における法令等を含む。)を遵守し、お客様の再使用許諾先に遵守させ、各製品の取引および使用を適正に行うこと。
  • 1.2 各製品について、使用許諾期間中にウイングアーク1stの保守サービスの提供が必要な場合は、ウイングアーク1stは、お客様の再使用許諾先ではなく、日本国内のお客様に対して保守サービスを提供することを前提として、以下の全ての条件に従い提供するものとします。
    • (1)ウイングアーク1stとお客様間でウイングアーク1st所定の保守サービス契約を締結し、お客様は、当該保守サービス契約の条件をお客様の再使用許諾先に遵守させること。
    • (2)お客様が、お客様の再使用許諾先より各製品に関する照会を受けて、ウイングアーク1stの保守サービスの提供を受けること。
    • (3)日本国からウイングアーク1stが可能な保守サービスに限られること。
    • (4)その他ウイングアーク1st所定の条件を設定した場合は、お客様はその条件に従うこと。
2.ウイングアーク1stの製品に共通して適用されるライセンスの考え方

グループ企業限定ライセンス、第三者利用ライセンス(非商用)などについて ※

 ウイングアーク1st製品の通常のライセンス(ウイングアーク1st製品の使用権)では、お客様(1法人またはそれに準ずる1団体。以下同じ)の内部業務目でのみ、かつお客様のみに限定して、その使用を許諾しています。
 そのため、1つのライセンスをお客様以外の複数法人等で使用することはできません。お客様が購入されたウイングアーク1st製品を、お客様以外の第三者に対して利用させる場合には、当該第三者の内容および利用内容に応じて、「グループ企業限定ライセンス」または「第三者利用ライセンス(非商用)」が必要となります。この「グループ企業限定ライセンス」および「第三者利用ライセンス(非商用)」には標準の使用許諾条件に追加して適用される条件があります。詳細は、下記の各追加条件を確認ください。なお、この場合、「グループ企業限定ライセンス」の価格は各製品に適用される標準価格の1.5倍、また「第三者利用ライセンス(非商用)」の価格は同様に2.0倍となります。
 その他、商用利用、またはパブリッククラウド等その他の目的で利用する場合のライセンスも別途用意しています。詳細につきましては、営業担当までお問い合わせください。


グループ企業とは、「子会社」および「関連会社」を指します。「子会社」とは、お客様が議決権の過半数を有する等により財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他これに準ずる機関をいう)を支配している企業をいい、「関連会社」とは、子会社を除く、議決権を20%以上有する等により財務及び営業又は事業の方針の決定に対して重要な影響を与えることができる企業をいいます。具体的な該当性の判断は、「連結財務諸表に関する会計基準」「持分法に関する会計基準」および「連結財務諸表における子会社及び関連会社の範囲の決定に関する適用指針」等で定める基準・指針に従うものとします。

待機系ライセンス/FTサーバーライセンス
【ホットスタンバイライセンス】
追加で1ライセンスが必要です。(※価格については、標準価格の50%になります。)

【コールドスタンバイライセンス】
1台のコンピューターに限り、無償でインストールすることができます。
※ロードバランスのように常時使う可能性がある場合には、通常ライセンスが必要です。

【FT(Fault Tolerant)サーバーライセンス】
FTサーバーで利用できるライセンスの価格は、標準価格の1.5倍になります。
※FTサーバーはハード、ソフトでの区別は行いません。

仮想化環境でのご利用について

【仮想化環境で利用される場合のライセンス】
(1) OSベンダーの通常サポート対象である仮想化環境でご利用する場合

 仮想化環境での利用は、仮想サーバー上のOS(ゲストOS)ごとにライセンスが必要です。  

  • サーバーライセンスの製品については、製品をインストールする仮想サーバー上のOS(ゲストOS)ごとにライセンスが必要です。
  • CPUライセンスの製品については、それぞれの仮想サーバーOSに割り当てられたCPUおよびコアごとにライセンスが必要です。

(2)  OSベンダーの通常サポート対象ではない仮想化環境でご利用する場合

 (1)と同様のライセンスが必要です。
 なお、ウイングアーク1stの保守サービスでは、製造元によってOSおよび前提ソフトウェアが通常サポートされていることを保守サービス提供の前提条件としております。そのため、OSベンダーの通常サポート対象ではない仮想化環境で利用される場合は、ウイングアーク1stの保守サービスの対象範囲外となります。

(3)  仮想化環境を前提とした待機系構成でご利用する場合
 仮想化環境において、ライブマイグレーション、フェイルオーバー等の機能を待機系構成の目的でご利用する場合には、ライセンスの追加料金として本番サーバー(※)にインストールされるウイングアーク1stの製品ごとに標準価格の50%が必要です。
 なお、仮想化環境においては、待機系を目的とした仮想サーバー(ゲストOS)数には影響されません。
(※ウイングアーク1stの製品がインストールされて通常運用されるサーバー(仮想含む)が本番サーバーとなります。)

(4) (3)の例外
 (3)にかかわらず、お客様のシステム環境において、サーバーのリプレイスや、OS、その他ソフトウェアのバージョンアップ等に伴い、計画的にシステムを停止する場合の一時的な措置として仮想化環境の待機系構成でご利用する場合、そのシステム移行期間内においては追加料金不要で利用できます。

3.SVFおよびRDE製品に適用されるライセンスの考え方

デュアル(2コア)ライセンス
Windows・Linuxの場合、1CPUと同様のライセンスとなります。UNIXの場合、1.5CPU分のライセンスが必要となります。

【例外】 ■IBM AIX on PowerPCの場合
コア(Core)数分のCPUライセンスが必要となります。
※下記「IBM AIX on PowerPCにおけるライセンスの考え方」を参照。

マルチコア( 3コア以上 )ライセンス ( Windows・Linux・UNIX共通 )
1CPUライセンスに、追加コア(Core)当たり0.5CPUを加算して算定されるCPU分のライセンスが必要です。

【例外】 ■IBM AIX on PowerPCの場合
コア(Core)数分のCPUライセンスが必要となります。
※下記「IBM AIX on PowerPCにおけるライセンスの考え方」を参照。

  • ※マイクロLPARの場合のCPU数の計算においては、小数点以下を切り上げるものとします。
  • ※割り当てがダイナミックの場合のCPU数の計算においては、各論理区画の割り当ての最大値を合計します。なお、その合計値が、物理的なCPU値を超える場合には、物理的なCPU数で計算します。物理的なCPU数以下でのライセンスについては、利用するCPU数が増えた場合は、増加分のCPUについて追加する必要があります。
    CPUライセンス以外のサーバーライセンスについては、論理区画単位でのライセンスとします。

Linux On zSeriesにおけるライセンスの考え方
Linux On zSeriesについては、別途定めております。※詳細につきましては担当営業にお尋ねください。

SVF for System i 接続区画追加ライセンスの考え方
「SVF for System i」・「SVF for System i(拡張版)」において、System i側から接続する区画が2区画目以降については、追加区画ライセンスが必要になります。

開発環境でのご利用について
サーバーライセンスの製品については、開発環境においてアプリケーションを開発しコンパイルする際に予めライブラリをコピーしておく必要があります。そのため、以下に記載の<対象製品>については、次のことができるものとします。

  • (1)通常ライセンスを保有されている場合
    アプリケーションをコンパイルする目的に限定して、1サーバーライセンスにつきクライアントPC10台まで必要なライブラリを開発環境に無償でコピーすることができます。(なお、クライアントPC10台を超える場合には 1台あたり1クライアントライセンスが必要となります。)ただし、この環境をテスト環境として、作成したアプリケーションを実行させることはできません。
  • (2)開発ライセンスについても保有されている場合
    アプリケーションをコンパイルする目的に限定して、台数無制限で必要なライブラリを開発環境に無償でコピーすることができます。

    <対象製品>
    SVF for PDF
    SVF for Web/PDF Java Edition
    SVF for Java Print
    Report Director Enterprise
    SVF for .NET Framework
    SVF Connect SUITE Standard
    SVF Connect for Java API
    SVF Connect for ASP/COM API
    SVF Connect for .NET Framework API
    UCX Single (UniversalConnect/X・UniversalConnect/X MailEditionに同梱)
    SVF for PDF Utility
    RDE Utility Developers KIT
4.Dr.Sum EA製品に適用されるライセンスの考え方

仮想化環境同時追加ライセンス
仮想化環境で使用(物理的に1つのサーバーにおける複数の仮想サーバー上で使用)する場合、仮想サーバー毎に仮想化環境同時追加ライセンスを利用することができます。

  • (1)仮想化環境同時追加ライセンスは、物理的に1つのサーバー上の仮想サーバー上の環境においてのみ使用することができます。
  • (2)仮想化環境同時追加(開発用)ライセンスは、物理的に1つのサーバー上の仮想サーバー上の環境において、かつ、システム開発、設計、構築、テストの目的でのみ使用することができます。

仮想化環境用の同時購入時(2本目以降)特別価格について
物理的に1つのサーバー上の仮想化環境において弊社の同製品を2本以上同時にご購入いただく場合に限り、2本目以降の価格は以下の特別価格となります。なお、1本目の価格は標準価格での提供となり、同時購入時に、価格が異なる同製品が含まれる場合、最も価格が高い製品が1本目の標準価格となります。

<特別価格>
【仮想化環境同時追加ライセンス】(標準価格の70%になります。)
【仮想化環境同時追加(開発用)ライセンス】(標準価格の50%になります。)
※なお、保守サービス料金の標準価格は、上記特別価格の15%となります。
※異なる製品を同時購入される場合、上記特別価格は適用されません。

  • (例) 【Dr.Sum EA Premium】+【Dr.Sum EA Datalizer for Web】を同時購入する場合
    ⇒特別価格は非適用となります。
    【Dr.Sum EA Datalizer for Web】+【Dr.Sum EA Datalizer for Excel】を同時購入する場合
    ⇒特別価格は非適用となります。

※VMware社のVMwareにおいてvMotionやVMware HAによる本番環境以外の仮想サーバー(物理マシン)上で移行稼動を行う場合には、別途ホットスタンバイのライセンスが必要です。その場合の価格は、開発ライセンスと同価格となります。

※仮想化環境用の同時購入時(2本目以降)特別価格については、2013年9月末日をもって終了とさせて頂きます。

5.MotionBoard製品に適用されるライセンスの考え方

指名ユーザーライセンス
一時に1台のサーバーコンピューターのみにインストールして使用することができます。なお、同時にサーバーコンピューターを経由してMotionBoard製品の機能提供を受けるユーザー数は、許諾ライセンスに許可された指名ユーザー数を限度とします。なお、論理区画等により、サーバーを分割してMotionBoard製品を使用する場合には、論理区画等ごとにライセンスが必要となります。

CPUライセンス(Ver.4.1以前)
一時にMotionBoard製品をインストールしたサーバーコンピューターのCPU数が、インストールおよび使用のために購入したライセンスの合計数を超えない範囲で使用することができます。なお、論理区画等により、サーバーを分割してMotionBoard製品を使用する場合には、論理区画等ごとにライセンスが必要となります。
以下に挙げるクラウドサービス環境で使用する場合、利用するインスタンスに割り当てられた仮想コア(Core)当り0.25CPUを乗じ、少数点以下を切上げて算出されるCPU数分のライセンスが必要となります。

・Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)
・Windows Azure 仮想マシン

ページ最終更新日:2017/2/23
※本ページに記載されている社名および商品名は、一般に各社の商標および登録商標です。
※本ページは予告なく変更することがあります。

以上

このページの先頭に戻る