社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開ソリューション

SVF Solution

社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開ソリューションの概要

帳票作成から保管、公開までをワンストップで実現し帳票管理の課題を解決

快速サーチャーGXは多種多様な帳票を一元管理し、帳票の共有、Web公開を推進する電子帳票システムです。本ソリューションではSVFで生成されたPDF帳票をシームレスに取り込み電子帳票化できます。スマートな帳票活用を推進し、コスト削減、業務効率の向上を実現します。

社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開ソリューションの関連キーワード

  • 電子帳票
  • 高速検索
  • 帳票設計連携
  • コスト削減
  • 業務効率向上
  • 帳票公開
  • 帳票共有
  • 社外公開
  • 帳票活用
  • Web公開

ページのトップへ

社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開ソリューションの特長

特長1: 帳票の取り込みから保管までワンストップで実現

SVFで生成された基幹システムのPDF帳票を定義作成等の手間なく、シームレスに快速サーチャーGXに取り込み電子帳票化することができます。また、快速サーチャーGXはSVFで生成されたPDF帳票以外に、スキャニングした紙文書、CSVデータ、スプールデータ、ホストデータなど、さまざまなデータを取り込み、一元管理することができます。

特長2: 1つのシステム上で複数の管理情報と帳票DBの保有を実現

1つのシステム上で複数の管理情報と帳票DBを持つことができるようになり、個社ごとに管理が可能となりました。これにより、帳票管理基盤を企業・組織ごとに導入することなく、必要なリソースを最小限のコストで構築することができます。

特長3: 社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開を実現

本ソリューションにより保管しているさまざまな帳票データを一元管理し、Webブラウザーでの閲覧、高速検索、ファイル出力、印刷等ができます。また帳票ごとに閲覧権限の設定、保管期限の設定等を行うことができるため、帳票データの公開を円滑に行うことができます。

ページのトップへ

社内・企業間の帳票活用を推進する帳票公開ソリューションの構成

SVFとの強力連携

SVFで作成した帳票であれば、定義作成等の手作業なく快速サーチャーGXにそのまま取り込むことができ、シームレスな連携ができます。SVFと快速サーチャーGXとの連携で快適な統合帳票管理基盤を構築します。

動作環境

対応OS
  GX検索クライアント GXサーバー
Windows 8.1
(Windows RTは除く)
×
Windows 8
(Windows RTは除く)
×
Windows 7 ×
Windows Vista ×
Windows Server 2012
(R2を含む)
Windows Server 2008
(R2を含む)
推奨動作環境
  GX検索クライアント GXサーバー
対応プロセッサ 各OSの推奨環境以上 2GHz以上の
Intel Xeon/Pentiumファミリー
または、互換性のあるプロセッサ
必要メモリ容量 各OSの推奨環境以上 4GB以上(8GB以上推奨)
必要ディスク容量 各OSの推奨環境以上 データ容量に依存
その他の動作環境 ・Internet Explorer 7.x以上
 (32bit版のみ対応)

・Adobe Flash Player 10.1以上
 (32bit版のみ対応)

・Adobe Reader 9.x以上
・Microsoft.NET Framework 4
 または4.5

・Microsoft internet Information
 Services(GX-WEBサーバーのみ)

・サーバー証明書(GX-WEBサーバーのみ)

ページのトップへ

このページの先頭に戻る