Dr.Sum

Dr.Sum DataLoader

Dr.Sum DataLoaderは、追加・更新情報を高速でインポートする「アップデートローダー機能」と追加・変更・削除された情報を一定タイミングごとに読み込む「RDB同時更新機能」で、 対象のデータソースから合理的にデータをインポートします。もっともコストがかかる「データ投入」を中心とした開発・運用面を大幅に軽減します。

アップデートローダー機能

Dr.Sumで作成したVTBファイルを利用し、追加/更新を内部的に切り替えて高速インポートを実現します。
基幹システムのデータベース・CSVとDr.Sumのデータのキー項目を比較して、 一括追加挿入と更新をまとめて処理するため、高速にデータを投入することが可能となります。

アップデートローダー機能を使用した場合のデータ処理の流れ

内部処理では、最初に全てのUPDATEを行い、最後にINSERTをまとめて処理するため高速に動作します。
また、複数回更新が発生したデータは、最後の更新を判断し処理するため、無駄な処理は実行されません。

RDB同時更新機能

データベース上の同期対象テーブルに対して、トリガープログラムと操作履歴を保存するジャーナルテーブルを作成しデータベース上に配置します。 データベース上の同期対象テーブルでデータが追加・変更・削除されると、トリガープログラムが起動し自動的にジャーナルテーブルにデータの操作履歴を記録します。

Dr.Sum DataLoader製品ラインナップ

  • Dr.Sum DataLoader for M100
  • Dr.Sum DataLoader for M500
  • Dr.Sum DataLoader for M2000

動作環境

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

このページのトップへ