企業情報

ニュース

2007/05/09

プレスリリース

ウイングアークの「SVF」と「IBM Content Manager OnDemand」が連携
基幹系業務帳票からドキュメントまで、PDFデータの集中管理で業務効率向上

幅広い運用環境でPDFデータの一括集中管理を実現、業務効率の向上とコスト削減をはかる

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、ウイングアーク テクノロジーズが提供する帳票開発ツール製品群「Super Visual Formade(SVF)」と、IBM DB2 Content Manager製品群の1つである電子帳票管理「IBM Content Manager OnDemand」の連携により、オフィス業務で生じるドキュメント文書から、基幹業務にかかわる帳簿、伝票などの帳票にいたるまで、業務で発生するすべてのPDFデータの有効活用と集中管理を実現する連携ソリューションを提供することを、お知らせいたします。

 業務において発生するドキュメントや帳票類のデータを参照、共有、管理する方法として、PDFデータは有効な手段として広く活用されています。あらゆる業務で日々発生しつづける帳票やドキュメント類のPDFデータの集中管理と効率的な活用は、情報共有、業務効率の向上やコスト削減につながるだけでなく、内部統制の観点からも有効的な手段といえます。
 基幹系システムからオフィス業務にいたるまで、帳票・ドキュメントの分野で広くお客様に支持を頂いている「SVF」と「IBM Content Manager OnDemand」の連携によって、幅広い業務範囲でPDFデータを活用できる環境を提供し、集中管理を実現します。具体的には、基幹業務で発生する帳簿、伝票、請求書、管理帳票など定期的に発生する業務帳票はもちろん、オフィス業務で発生する申込書などの様々な形式のドキュメント類まで、「SVF」で生成されるPDFデータを効率よく「IBM Content Manager OnDemand」に格納し、集中管理することで、業務効率の向上をはかります。参照権限が設定でき、大容量のデータを格納できる「IBM Content Manager OnDemand」は、PDFデータから自動的に検索用の索引を抽出するため、セキュアな環境で業務に関わる大量のPDFデータを簡単に一括集中管理できます。このたびの連携ソリューションによって、幅広い業務形態における全てのPDFデータを、効率よく有効活用できる環境を簡単に構築することが可能です。

 「SVF」と「IBM Content Manager OnDemand」の連携詳細については下記URLをご参照下さい。
http://www.wingarc.com/iwld/ibm_cm/index.htm

本ソリューションについて、下記の通り日本アイ・ビー・エムとウイングアーク テクノロジーズは共催セミナーを開催いたします。セミナー詳細については下記をご参照ください。

『PDFによる業務文書の活用・保管セミナー』
■14:00 ~ 14:40
企業における情報活用(日本アイ・ビー・エム)

■14:40 ~ 15:30
帳票・ドキュメントの様式設計・入力・出力を1つの環境で実現する新手法(ウイングアーク テクノロジーズ)

■15:30 ~ 15:45 ~休憩~

■15:45 ~ 16:25
PDFによる業務文書管理と活用 ~概要(日本アイ・ビー・エム)

■16:25 ~ 16:45
PDFによる業務文書管理と活用 ~デモンストレーション(日本アイ・ビー・エム)

■16:45 ~
Q&A/個別相談

共催:日本アイ・ビー・エム株式会社/ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒108-0075  東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701
tsales@wingarc.co.jp
広報担当 小田嶋
pr@wingarc.co.jp

       
このページのトップへ