企業情報

ニュース

2011/06/09

プレスリリース

ウイングアーク、データ連携ソリューションDr.Sum EA ConnectにSalesforce.comと連携する新ラインナップを発表

CRM(顧客管理)と業務システムを統合した営業プロセス分析が可能に

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次)が提供するクラウドサービスSalesforce.com上の営業データと、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」を連携するアダプター「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」をDr.Sum EA Connectのオプションとして、6月10日より出荷開始することをお知らせいたします。
 「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」を利用することで、Salesforce.comとDr.Sum EAがシームレスにつながり、Salesforce.comに蓄積されたCRM上の顧客情報をワンストップで集計・分析。営業プロセスの分析と見直しをはかることができます。「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」の提供価格は、120万円(税別)~(※別途Dr.Sum EA Connect本体が必要です)。パートナー企業様経由で販売いたします。

 クラウドサービスの活用が進む一方、多くの企業は、既存システムと併用して運用しているため、クラウド上のデータと既存システム上のデータを横断的に活用したいという市場ニーズが存在します。クラウドサービス上のSalesforce.comのデータを、Dr.Sum EAと連携して運用できるメリットは、以下の通りです。

<Dr.Sum EAとSalesforce.comの連携メリット>
・Salesforce.comに貯められた営業プロセスデータと、オンプレミスのシステムに存在する売上・在庫データなどをあわせてDr.Sum EAで可視化することで、企業内のすべてのデータを統合的に分析・集計し、仮説や結果検証を行うことができます。
・クラウド、オンプレミスの運用環境に関わらず、横断的なデータの有効活用をはかることで、業務や戦略に必要なデータを素早く導きだすことができ、業務の円滑な遂行や効率化を実現することができます。
・シームレスな連携により、システム構築の作業工数をかけることなく、すぐに運用を開始することができます。
・データ更新の処理を自動化できるため、データ更新にかかる作業工数の負荷を軽減することが可能です。

なお、「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」詳細については下記URLをご参照ください。
 http://www.wingarc.com/product/dr_sum/lineup/connect.html#adsf

■「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」を利用した運用イメージ

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5 1st渋谷ビル
TEL:03-5962-7300 FAX:03-5962-7301
Webからのお問い合わせ
E-mail:drsum@wingarc.co.jp
広報担当 小田嶋
E-mail:pr@wingarc.co.jp

       
このページのトップへ