企業情報

ニュース

2018/06/29

プレスリリース

3種類のOCRエンジンで書類をデータ化、OCRと文書管理がオールインワン「SPA Ver.10.0」を、6月29日(金)発売

~クラウドサービスを、7月31日(火)より開始~

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、3種類のOCRエンジンで紙の書類をデータ化し、自動振り分けをはじめとした文書管理や、ETL・RPAとの自動連携によるデータ活用を実現する、文書データ活用ソリューション「SPA Ver.10.0」を発売します。
 パッケージ版は、6月29日(金)より提供を開始します。価格は、3,795,000円(税別/初年度の保守費込)~です。また、新たにクラウドサービス「SPA Cloud」を、7月31日(火)より開始します。価格は、50,000円/月(10ユーザー、税別)~です。

 紙の書類は閲覧性や可読性の良さといったメリットがありますが、印刷コストや保管コスト、資料を探す手間がかかります。また、働き方改革で注目が集まる業務の自動化も、紙の書類だと困難です。

 「SPA」は、OCRと文書管理の機能を統合し、書類のデータ化や業務の自動化、データの活用を支援する文書データ活用ソリューションです。
 これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工数を大きく削減し、より高付加価値な業務に時間を割くことができるようになります。また、紙の書類をデータ化することにより、文書を検索して素早く入手できるだけでなく、BIツールを使ったデータの可視化や、ETLツール・RPAツールと連携できるようになります。

【SPAの特長】
■書類をデータ化、用途に応じて選べる3種類のOCRエンジン

 紙の書類をデータ化するOCRエンジンは、ABBYY FineReader Engine(ABBYYジャパン株式会社)とWingArc Data Capture(自社開発のAIベースOCRエンジン)を標準搭載しており、Tegaki(株式会社Cogent Labs)は有償[従量課金]にて提供します。これら3つのOCRエンジンは、フィールド単位で切り替えることができます。それぞれのエンジンが得意とする領域を使い分けることで、全体の認識率を向上させることができます。

■データ化した文書ファイルのライフサイクル管理
 文書の作成から破棄までの証跡を残すことや、文書の保存期間に応じた自動削除といった操作を自動化します。

■文書定義はノンプログラミング
 文書定義はノンプログラミングで行えます。ユーザーが設定を自由に行えるので開発生産性が高く、システム維持のための継続的な費用負担はありません。

■文書ファイルの自動取り込み
 他システムから出力される文書ファイルや、作成した文書ファイルを自動的に保存(アーカイブ)できます。指定のフォルダを監視し、ルールに基づき取り込み、利用者が参照しやすいファイル名で保管します。

■文書ファイルを自動仕分け
 人が紙をファイリングする際の判断基準となる「仕分けのルール」を自動化。PDFやOfficeファイル、画像ファイルの日付や数字、文字列などの条件を読み取り、あらかじめ指定したフォルダに振り分けします。

<自動仕分けで利用できる情報>
ファイル名 : ファイル名
システム日付 : 取り込み時の日付時刻
PDFプロパティ : PDFのプロパティ(タイトル、作成者など)
SVF検索フィールド : SVFで出力したフィールドの値
RDE文書情報 : 取り込み元のRDEの文書が持つプロパティ(文書名、印刷終了日時、文書管理番号など)
OCR : OCRで取得したデータ

■高精度検索機能を搭載
 全文検索のほか、文字、数字、日付による部分一致や範囲検索も可能です。

■多彩なセキュリティコントロール
 原本のPDFに手を加えることなく、仮想PDFでパスワード設定や印刷不可、透かしやマスク、墨消しなど、細かい設定が可能です。

■データの活用
 データ化することにより、自動集計や可視化、他システムやETL・RPAとの連携といった活用が可能になります。BIダッシュボード「MotionBoard」を利用すれば、簡単にデータを可視化できます。

■グローバル対応
 日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、フランス語、チェコ語、タイ語、韓国語の文書に対応しています。ユーザーインターフェイスは日本語、英語、中国語簡体字に対応しています。

■Web APIでシステム連携が容易
 Web API (無償公開)でプログラムからSPAを直接操作できます。社内ポータルやアプリケーションへの組み込みや、自社システムと連動したシステム運用が可能になります。また、Javaや.NETのAPIを、「SPA Connect Pack」(オプション)として用意しています。

本発表にあたり、ご賛同文をいただいております。

<ABBYYジャパン株式会社 営業部 シニア ビジネスデベロップメント マネージャー 古口博規 様>
データの活用を最大化するSPAにおいて、弊社OCRエンジンは文書管理やBIツールへのデータ連携において大きな価値を提供できると確信いたします。ABBYYジャパン株式会社はSPA Ver.10.0の発売を歓迎し、今後の機能強化に協力させていただきます。

<株式会社 Cogent Labs アライアンスディレクター 岩瀬 義裕 様>
株式会社 Cogent Labsは、SPA Ver.10.0の発売を歓迎します。ディープラーニングを活用した独自のアルゴリズムを利用し、従来では自動認識が難しかった手書き文字を高速・高精度かつ簡単にデータ化できる Tegaki が、SPAの機能と連携することにより、手書き帳票のデータ化作業を自動化、高速化し、お客様の業務効率を向上させることができるものと期待しています。

■SPAサイト
http://www.wingarc.com/product/spa/

■「ABBYY FineReader Engine」(ABBYYジャパン株式会社)について
ABBYY FineReader Engineは、光学式テキスト認識技術をアプリケーションに統合することのできるOCRソフトウェア開発キット(SDK)です。ABBYY認識プラットフォームは、数々の賞を受賞したOCR、インテリジェント文字認識(ICR)、バーコード、チェックマーク、フィールドレベル/ゾーン認識、PDF変換機能を搭載しているので、スキャン文書と画像を、検索および編集可能な文書形式に変換することが可能です。
https://www.abbyy.com/ja-jp/ocr-sdk/

■「Tegaki」(株式会社Cogent Labs)について
手書き書類をスキャンして取り込むだけで簡単にデータ化して保存ができる手書きAI OCRサービスです。これまで自動認識が難しかった手書き文字を高速・高精度に読み取ることができます。各種申込書類やアンケートをはじめ医療機関での問診票など様々な手書き書類の読み取りに対応可能です。
https://www.tegaki.ai/

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ