企業情報

ニュース

2019/10/09

プレスリリース

文書データ活用ソリューション「SPA」が、「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)の文書データ活用ソリューション「SPA」が、公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得したことをおしらせします。

jiima2.gifJIIMA「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」認証ロゴ※1

 電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度とは、電帳法による国税関係書類のスキャナ保存を行う市販ソフトウエアやソフトウエアサービスが電子帳簿保存法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を満足していると判断したものをJIIMAが認証するものです。

 本認証を取得した「SPA」および「SPA Cloud」を導入する企業や団体は、電帳法が要求している要件を個々にチェックする必要がなく、安心して導入することができます。
 また認証製品を利用する場合には、電子帳簿保存およびスキャナ保存制度に関して、申請者の予見可能性を向上させ、またその手続負担を軽減させる観点から、承認申請書の記載事項や添付書類を一部省略することが予定されています。(令和元年(2019年)9月30日以後に行う承認申請から適用されます。)※2

 「SPA」は、OCRと文書管理をオールインワンで提供する文書データ活用ソリューションです。紙の書類をスキャンするだけで、高精度なOCR機能でテキストを自動でデータ化し、文書ファイルを自動的に保存します。これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工数を大きく削減し、より付加価値が高い業務に時間を割くことができるようになります。

 このたびの認証の取得は、導入される企業や団体に文書管理における信頼性向上につながるものと考え、今後も文書データ活用における業務の効率化に取り組み、支援してまいります。

認証製品:SPA、SPA Cloud
認証取得日:2019年9月30日
認定機関:公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)
認証番号:002600‐00

※1認証ロゴは公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。
※2国税庁 令和元年度税制改正による電子帳簿等保存制度の見直しの概要について
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/09.htm

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ