企業情報

ニュース

2021/06/11

プレスリリース

株式会社ジール、データブリックス・ジャパン株式会社と協業し、製造業のAI活用を推進するソリューション開発で合意

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO 田中 潤、以下 ウイングアーク1st)は、アバントグループで、国内唯一のビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーである株式会社ジール(以下 ジール)、世界で唯一のデータ&AI企業として統合データ分析基盤であるレイクハウス・プラットフォームを提供するDatabricks Inc.の日本法人データブリックス・ジャパン株式会社(以下 データブリックス社)と協業し、製造業のAI活用推進を目的としたソリューション開発について合意したことをお知らせします。

 当社では、業種・業務特化ソリューションを軸としたクラウド成長戦略のもと、新規事業企画部門を設立し、特定業界向け新規サービスの創出に取り組んでおり、製造業のものづくり現場をデジタルの力で効率化・高度化し、製造DXに貢献するために、製造業に向けたソリューション開発を行っております。

 今回の開発では、当社のBIダッシュボード「MotionBoard」とデータブリックス社が提供するレイクハウス・プラットフォーム上での機械学習等のAI技術を活用することで、製造業の現場において、容易に需要予測・予知保全・在庫適正化を実現するソリューション提供を目指します。

databrickszealmb.jpg

【主な特徴】
市場データを用いた需要予測からの生産計画最適化
市場トレンドなどの外部データと、ユーザー企業の販売データなどを利用し、適切な販売量の予測により生産数量の最適化を実現。

・部品・原材料在庫管理、調達業務の適正化・効率化
生産計画、完成品在庫数、部品・原材料在庫、仕入れリードタイムなどのデータを利用し、適切な部品・原材料在庫数と仕入れタイミングを予測することで、欠品の減少・在庫回転率最大化と業務効率化を実現。

・生産設備の故障予測からの設備停止時間削減
温度や湿度、設備稼働時系列、アラート信号などのデータをAI活用により故障予測をし、生産設備の停止時間の減少を実現。

AI画像認識技術を用いた自動検品
製品不良の検品作業を、AI画像認識技術を利用し自動化をすることで、検品スタッフの経験差により差が生じていた検品品質を安定させるとともに、複雑な検品作業工程のため、困難とされている業務伝承の負担を軽減。

株式会社ジール様、データブリックス・ジャパン株式会社様よりエンドースメントを頂戴しております。

当社はビッグデータやAIを活用し、国内企業のビジネスの成功に貢献するべく"データとAIの民主化"を今日まで推進してきました。この度、BI業界を牽引されているウイングアーク1st株式会社様と、BIやビッグデータ業界に強い実績を有する株式会社ジール様と、製造業におけるAI活用推進を目的としたソリューション開発を共同で取り組めることを大変嬉しく思います。日本の基幹業界である製造業における、さらなるAI活用の普及を3社で進めてまいります。
データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑氏

国内製造業のデジタルトランスフォーメーションを促進する為、ウイングアーク1st社、データブリックス社と製造業向けのソリューション開発パートナーシップを結びました。両社のもつ製造業への知見と最先端技術を活用し、生産管理、在庫管理、品質管理といったテーマに対して、データを蓄積・可視化するだけでなくAI技術を利用した予測などを加える事で、製造業の生産性向上・競争力向上に貢献致します。
株式会社ジール 代表取締役社長 岡部 貴弘氏

 今後は、製造業で課題となっている生産量適正化、部品・原材料適正化、品質維持・向上を目指し、データブリックス社はデータブリックス社のプラットフォームを提供、当社は「MotionBoard」の提供および導入支援、ジールはデータブリックス社と当社の製品の提供における環境構築およびコンサルティング提案を実施してまいります。さらに、マーケティング活動は3社共同で行ってまいります。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ