企業情報

ニュース

2015/12/01

プレスリリース

帳票の「わかりやすさ」を追求する取り組みを積極的に展開

~ユニバーサルコミュニケーションデザイン・UCDA認証を取得し「SVFソリューションサービス」において、「見やすいデザイン」認証取得代行サービスを開始~

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野 弘幸)は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(以下、UCDA)の賛助会員として、ユニバーサルコミュニケーションデザインへの取り組みを進めています。
 ウイングアーク1stは、出荷時に製品に同梱される物品送付案内書においてUCDAが認証する「見やすいデザイン」を取得しました。そのノウハウを活かし「SVFソリューションサービス」において、UDCAが運営し、見やすさの品質保証をする「見やすいデザイン認証」の取得代行サービスを開始します。

 情報コミュ ニケーションにおいて、「わかりやすさ」は、生活者の生命・財産にかかわる重要なコミュニケーションのひとつとなります。保険業界、金融業界を中心とし、日々のビジネスを支えている膨大な種類の帳票に「わかりにくい表現や、理解しづらい情報」を刷新し、「わかりやすさ」を追求する取り組みが積極的に展開されています。

 UDCAが運営する「見やすいデザイン認証」は、UCDAが研究・評価する、第三者による「見やすさ」の品質保証です。

 ウイングアーク1stは、「SVF」で開発する帳票を対象に「見やすいデザイン」認証取得のための、帳票の自主評価・修正・申請を代行するサービスを実施します。在籍するUCDA認定2級プロデューサーが、色調や文字サイズ、情報量を分析し記載内容を見やすくする「見やすいデザイン」や、文言や文書中の情報について伝わりやすい内容とする「伝わるデザイン」を実現する支援をしてまいります。


1A1511004(1)

■SVFソリューションサービスについて
帳票システム基盤の構築/移行プロジェクト、海外プロジェクトの支援をお客様のご要件に合わせ提供するサービスです。帳票システム構築時に必要となる「帳票開発」や「帳票基盤の利用ガイドラインの作成」のサービスに加え、今後ユニバーサルコミュニケーションデザインのノウハウを加味することで、これまで以上にお客様に帳票の「わかりやすさ」対する付加価値を提供します。
http://www.wingarc.com/product/svf/support_service/

■一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会について
一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会は、2007年任意団体として設立(2009年11月に一般社団法人化)。視覚情報伝達の領域に、人間中心設計の考え方を導入。生活者の生命・財産にかかわるコミュニケーション分野を中心に、第三者機関として「わかりやすさ」の認証制度を行っています。
産業・学術・生活者の第三者による研究および評価・改善活動で情報の伝達効率を向上させ、発信者である企業・団体と、受信者である生活者、双方の利益に資することを目指しています。
http://ucda.jp/

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

<本件に関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社 広報担当 山本・高橋
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ