企業情報

ニュース

2020/02/14

プレスリリース

赤しそふりかけ「ゆかり®」で有名な食品メーカーの三島食品がMotionBoardを導入
工場の生産スケジュール管理や設備監視のリアルタイムな可視化を実現
データ分析の作業時間を最大10分の1以下に短縮

ウイングアーク1st株式会社

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、赤しそふりかけ「ゆかり®」で有名な食品メーカーの三島食品株式会社に、BI ダッシュボード「MotionBoard」を導入したことをお知らせいたします。

 工場の生産スケジュールの管理、生産設備の稼働監視、原材料の品質管理、業務インシデントの可視化など、リアルタイム性が求められる情報の"見える化"を実現し、正確なデータに基づく設備保全作業が可能になりました。

【三島食品株式会社について】
 三島食品は、広島に本社を構え1949年に三島哲男氏が創業した「三島商店」から発展した食品メーカー。1961年に現社名へ社名を変更、2016年に三島食品を「ミシマホールディングス」に改組して持株会社制に移行し、同時に従来の事業を継承する現在の三島食品が設立されました。主力のふりかけをメインに、混ぜごはんの素、レトルト食品、調味料などを製造・販売しており、業務用ふりかけでは国内トップシェアを誇っています。

【背景】
 三島食品は、生産状況や実績など社内の業務を「目で見る管理板」に掲示し、見える化する企業文化が根付いていましたが、掲示物は各部署の担当者が手作業で作成し月ごとに作成していたために、リアルタイム性に欠け正確性も十分ではないという課題を抱えていました。その後、リアルタイム性や正確性が求められる情報を可視化できるPC用の進捗管理板システムを導入したもののデータの分析や加工は別途行わなければならず、十分な解決策にはなりませんでした。

 そこで、IoTシステムや基幹システムなど、他システムのデータを収集・分析・可視化できるBIツールを探し、さまざまなシステムや用途に拡張でき、SQLがわかっていればプログラムレスで視認性に優れた画面を簡単に作成できる使い勝手の良さが決め手となり「MotionBoard」の採用を決定しました。

【導入効果】
 当初、スモールスタートで導入した広島工場では、現在は、生産スケジュールの管理、工場内の温湿度管理、生産設備の稼働監視、原材料の品質管理、業務インシデントの可視化など、さまざまな用途にMotionBoardBIダッシュボードを活用し、作成した画面数は100種類を超えています。

 データを分析・可視化する時間は、最大で10分の1以下に短縮され、リアルタイム性が求められる情報の"見える化"を実現しました。また、原材料の異物発見などのデータ活用により製品品質向上につながりました。この他にも、これまで経験と感覚で行っていたメンテナンスや修理・部品交換などのタイミングを正確に把握できるようになり、感覚ではなく正確なデータに基づく設備保全作業が可能になりました。

 三島食品では、今後、食品製造工程の自動制御化に向けた取り組みを推進し、さらにデータ活用を推進して行く考えです。

■事例紹介
https://www.wingarc.com/product/usecase/204.html

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

       
このページのトップへ