SPA

SPA 動作環境 Ver.10

SPA

SPA Connect Pack

SPA Tablet Option

SPA ETL Option

SPA可視化オプション

サーバー環境

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
メモリ使用量
  • 8GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Java
  • Oracle Java 8(64bit)
必要なソフトウェア
  • PostgreSQL 10 ※4 ※5
  1. Standard、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. Oracle Java1.8.0_131以降を利用している必要があります。
  4. SPA Enterpriseを利用する場合、SPAのデータを格納する外部データベースとしてPostgreSQLが必要です。
  5. PostgreSQL 10.3以降に対応しています。

クライアント環境

OS
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows 7(64bit) ※4
  • Microsoft Windows 7(32bit) ※4
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
メモリ使用量
  • 2GB以上
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(32bit/64bit) ※5 ※6 ※7 ※8
  • Internet Explorer 11(64bit) ※5 ※6 ※9 ※10 ※11
  • Internet Explorer 11(32bit) ※5 ※6 ※9 ※10 ※11
  • Mozilla Firefox 45(ESR)以降(32bit/64bit) ※6 ※12 ※13
  • Google Chrome(最新バージョンから2バージョン前まで) ※6 ※13
必要なソフトウェア
  • Adobe Acrobat Reader DC ※14
  • Adobe Reader XI ※14
  1. Pro、Enterpriseに対応しています。
  2. タブレットモードには対応していません。
  3. バージョン 1903以下に対応しています。
  4. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  5. デスクトップ版にのみ対応しています。
  6. Webブラウザー版の推奨画面解像度は、SXGA(1280×1024)以上です。
  7. Microsoft Edgeでは印刷機能が利用できません。
  8. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  9. エンタープライズモードには対応していません。
  10. Windows 7,8.1 において Internet Explorer 11を利用する場合、Internet Explorer 11 にパッチを適用し、以下以降のバージョンにしてください。
    ・バージョン:11.0.9600.17207
    ・更新バージョン:11.0.10(KB2962872)
    詳細は以下をご確認ください。
    https://customer.wingarc.com/support/faq?id=000004943
  11. ドキュメントモード(互換表示設定を含む)はサポート対象外です。
  12. ESR版のみ対応しています。
  13. Google Chrome Ver.77以降、および、Firefox ESR Ver.68以降で印刷機能をご利用の場合、SPA Ver.9.3.7.2/Ver.10.2.0.2以降が適用されている必要があります。
    詳細は以下のページをご確認ください。
    「SPA:Google Chrome77における印刷機能が利用できなくなる問題について」
  14. Internet Explorerを利用して、アーカイブしたファイルをWebアプリケーションで印刷する場合必要です。Ver.11以上を推奨します。

アーカイブコマンド

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
Java
  • Oracle Java 8(64bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. Oracle Java1.8.0_131以降を利用している必要があります。

Bridgeサービス

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※4 ※5 ※6
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit) ※7
  • Oracle Linux 7(64bit) ※7
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
CPU
  • Intel Xeon(x64)2GHz以上 ※8
メモリ使用量
  • 4GB以上 ※9
ディスク使用量
  • 5GB以上 ※10
Java
  • Oracle Java 8(64bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. Oracle Java1.8.0_131以降を利用している必要があります。
  4. Pro、Enterpriseに対応しています。
  5. タブレットモードには対応していません。
  6. バージョン 1903以下に対応しています。
  7. 画像ファイルからPDFファイルへの変換機能とOCR機能が使用できません。
  8. OCR機能にて「WingArc Data Capture」を利用するときは、AVX命令に対応したCPUを使用する必要があります。
  9. OCR機能を利用する場合は8GB以上推奨
  10. OCR機能を利用する場合は10GB以上推奨

SPA Document Converter

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※2 ※4 ※5 ※6
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
メモリ使用量
  • 4GB以上
Java
  • Oracle Java 8(64bit)
外部連携可能なソフトウェア
  • Microsoft Office 365(32bit) ※7
  • Microsoft Office 2019(32bit) ※2 ※7
  • Microsoft Office 2016(32bit) ※7
対応しているファイル

テキストファイル

  • CSV形式
  • プレーンテキスト形式

Microsoft Office

  • PowerPoint 97-2003 テンプレート(*.pot)
  • PowerPoint マクロ有効テンプレート(*.potm)
  • PowerPoint テンプレート(*.potx)
  • PowerPoint 97-2003プレゼンテーション(*.ppt)
  • PowerPoint マクロ有効プレゼンテーション(*.pptm)
  • PowerPoint プレゼンテーション(*.pptx)
  • Word 97-2003 テンプレート(*.dot)
  • Word マクロ有効テンプレート(*.dotm)
  • Word テンプレート(*.dotx)
  • Word 97-2003文書(*.doc)
  • Word マクロ有効文書(*.docm)
  • Word 文書(*.docx)
  • Excel マクロ有効テンプレート(*.xltm)
  • Excel テンプレート(*.xltx)
  • Excel バイナリブック(*.xlsb)
  • Excel 97-2003ブック(*.xls)
  • Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)
  • Excel ブック(*.xlsx)

画像ファイル

  • TIFF形式 ※8
  • PNG形式 ※8
  • JPEG形式 ※8
  • BMP形式 ※8
  1. Standard、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. SPA Document Converterを利用するには 、Windows Management Framework 5.1がインストールされている必要があります。
  4. Pro、Enterpriseに対応しています。
  5. タブレットモードには対応していません。
  6. バージョン 1903以下に対応しています。
  7. クラウド環境で利用する場合、ハードウェア専有ではOffice365 ProPlus、Businessまたはボリュームライセンス版のOfficeが必要になります。ハードウェア共有での利用はできません。
  8. Bridgeサービスを利用してアーカイブした場合、サービスの機能でPDFに変換されます。

SPA Connect for Java API

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※3
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※4 ※5 ※6
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※4 ※5 ※6
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※4 ※5
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※4 ※5
  • Red Hat Enterprise Linux 8 Server(x86-x64 64bit) ※7
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server(x86-x64 64bit)
  • Oracle Linux 7(64bit)
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
Java
  • OpenJDK 11(64bit) ※8
  • Oracle Java 11(64bit) ※2
  • Oracle Java 8(64bit)
  • Oracle Java 8(32bit)
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. Oracle Java1.8.0_131以降を利用している必要があります。
  4. Pro、Enterpriseに対応しています。
  5. タブレットモードには対応していません。
  6. バージョン 1903以下に対応しています。
  7. SPA Ver.10.2以降が適用されていることが前提です。
  8. 各プラットフォームにおいて、サポート対象となるSPAのバージョン、OpenJDKのディストリビューションは以下の通りです。

    Windows、Oracle Linux:SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提にOracle OpenJDK、AdoptOpenJDK (HotSpot)に対応してます。
    Red Hat Enterprise Linux:以下の条件をすべて満たしていることを前提にRed Hat OpenJDKに対応しています。
     - Red Hat Enterprise Linux 7.6以降を利用していること
     - SPA Ver.10.2以降が適用されていること

SPA Connect for .NET Framework API

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※3 ※4 ※5
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※3 ※4 ※5
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※3 ※4
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※3 ※4
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
.NET Framework
  • Microsoft .NET Framework 4.8
  • Microsoft .NET Framework 4.7
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • Microsoft .NET Framework 4.5
  1. Standard、Datacenterに対応しています。
  2. SPA Ver.10.1以降が適用されていることが前提です。
  3. Pro、Enterpriseに対応しています。
  4. タブレットモードには対応していません。
  5. バージョン 1903以下に対応しています。

タブレット環境iOS端末

Tablet Optionによりタブレット端末が利用できます。

OS
  • iPadOS 13 ※1
  • iOS 12
  • iOS 11
OS言語
  • 日本語
  • 英語
  • 中国語(簡体字)
メモリ使用量
  • 200MB以上
必要なソフトウェア
  • SPA Tablet ※2
ストレージ使用量
  • 10MB以上
モバイル端末
  • Apple 9.7-inch iPad Pro
  • Apple 10.5-inch iPad Pro
  • Apple 12.9-inch iPad Pro
  • Apple iPad mini 4
  • Apple iPad mini 3
  • Apple iPad mini 2
  • Apple iPad Air 2
  • Apple iPad Air
  • Apple iPad(第6世代)
  • Apple iPad(第5世代)
  1. SPA Ver.10.2以降が適用されていることが前提です。
  2. App Storeよりインストールしてください。

SPA ETL Option Ver.10.2(サーバー環境)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3 ※4 ※5
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※3 ※6 ※7
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※3 ※8 ※9
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1 ※3 ※8 ※9
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※3 ※10 ※11
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※3 ※10 ※11
CPU
  • OSが推奨するシステム要件を満たす64bitプロセッサ(64bit版)
メモリ使用量
  • 2GB以上
ディスク使用量
  • 2GB以上
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(64bit)
  • Microsoft Edge(32bit)
  • Internet Explorer 11(64bit) ※12 ※13
  • Internet Explorer 11(32bit) ※12 ※13
  • Internet Explorer 10(64bit) ※14
  • Internet Explorer 9(64bit) ※15
  • Internet Explorer 9(32bit) ※15
  • Mozilla Firefox 61以降(64bit) ※16
  • Mozilla Firefox 61以降(32bit) ※16
必要なソフトウェア
  • SPA Ver.10
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています。
  2. パッチ0020以降を適用する必要があります。
  3. 接続先Universal Connect/X、Report Director Enterpriseが対応しているOS、前提条件を満たしている必要があります。「SVF・SPA関連製品OS対応状況(サーバー製品)について」
  4. Universal Connect/Xアダプタ、Report Director Enterpriseアダプタは対応していません。
  5. Server Core およびデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーをサポートします。
  6. デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのみサポートします
  7. Universal Connect/XアダプタはVer.9.2のみ対応しています。Report Director Enterpriseアダプタは対応していません。
  8. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポート対象となります (ただし、最小サーバーインターフェイスを除く)。
  9. Universal Connect/XアダプタはVer.8.2, Ver.9.2のみ対応しています。
  10. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  11. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポートします。
  12. エンタープライズモードに対応していません。
  13. Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1、2012 R2、2016、Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 での利用をサポートします。
  14. Microsoft Windows Server 2012、Windows8での利用をサポートします。
  15. Microsoft Windows Server 2008 SP2での利用をサポートします。
  16. Microsoft Windows 7、Windows 8、Windows 10 での利用をサポートします。

SPA ETL Option Ver.10.2(開発用クライアント)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※5
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1 ※5
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※6 ※7
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※6 ※7
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(32bit) ※6 ※7
  • Microsoft Windows 10(64bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 10(32bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 8.1(64bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 8.1(32bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 8(64bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 8(32bit) ※8 ※9
  • Microsoft Windows 7 SP1(64bit) ※10
  • Microsoft Windows 7 SP1(32bit) ※10
CPU
  • OSが推奨するシステム要件を満たす64bitプロセッサ(64bit版)
  • OSが推奨するシステム要件を満たす32bitプロセッサ(32bit版)
メモリ使用量
  • 512MB以上
ディスク使用量
  • 1GB以上
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(64bit)
  • Microsoft Edge(32bit)
  • Internet Explorer 11(64bit) ※11 ※12
  • Internet Explorer 11(32bit) ※11 ※12
  • Internet Explorer 10(64bit) ※13
  • Internet Explorer 10(32bit) ※13
  • Internet Explorer 9(64bit) ※14
  • Internet Explorer 9(32bit) ※14
  • Mozilla Firefox 41以降(64bit) ※15
  • Mozilla Firefox 41以降(32bit) ※15
必要なソフトウェア
  • Microsoft Office Excel 2019(64bit) ※2 ※16
  • Microsoft Office Excel 2019(32bit) ※2 ※16
  • Microsoft Office Excel 2016(64bit) ※16
  • Microsoft Office Excel 2016(32bit) ※16
  • Microsoft Office Excel 2013(64bit) ※16
  • Microsoft Office Excel 2013(32bit) ※16
  • Microsoft Office Excel 2010 ※16
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています。
  2. パッチ0020以降を適用する必要があります。
  3. Server Core およびデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーをサポートします。
  4. デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのみサポートします
  5. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポート対象となります (ただし、最小サーバーインターフェイスを除く)。
  6. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  7. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポートします。
  8. Pro、Enterpriseに対応しています。
  9. タブレットモードには対応していません。
  10. Professional、Enterprise、Ultimateに対応しています。
  11. エンタープライズモードに対応していません。
  12. Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1、2012 R2、2016、Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 での利用をサポートします。
  13. Microsoft Windows Server 2012、Windows8での利用をサポートします。
  14. Microsoft Windows Server 2008 SP2での利用をサポートします。
  15. Microsoft Windows 7、Windows 8、Windows 10 での利用をサポートします。
  16. Excel読み取りウィザードを使用する場合に必要です。

SPA ETL Option Ver.10.2(実行用クライアント)

OS
  • Microsoft Windows Server 2019(64bit) ※1 ※2 ※3
  • Microsoft Windows Server 2016(64bit) ※1 ※4
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(64bit) ※1 ※5
  • Microsoft Windows Server 2012(64bit) ※1 ※5
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64bit) ※6 ※7
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(64bit) ※6 ※7
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(32bit) ※6 ※7
CPU
  • OSが推奨するシステム要件を満たす64bitプロセッサ(64bit版)
  • OSが推奨するシステム要件を満たす32bitプロセッサ(32bit版)
メモリ使用量
  • 256MB以上
ディスク使用量
  • 500MB以上
Webブラウザー
  • Microsoft Edge(64bit)
  • Microsoft Edge(32bit)
  • Internet Explorer 11(64bit) ※8 ※9
  • Internet Explorer 11(32bit) ※8 ※9
  • Internet Explorer 10(64bit) ※10
  • Internet Explorer 10(32bit) ※10
  • Internet Explorer 9(64bit) ※11
  • Internet Explorer 9(32bit) ※11
  • Mozilla Firefox 41以降(64bit) ※12
  • Mozilla Firefox 41以降(32bit) ※12
  1. Standard、Datacenter、Essentialsに対応しています。
  2. パッチ0020以降を適用する必要があります。
  3. Server Core およびデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーをサポートします。
  4. デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのみサポートします
  5. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポート対象となります (ただし、最小サーバーインターフェイスを除く)。
  6. Standard、Enterprise、Datacenterに対応しています(Server Coreを除く)。
  7. Windows Serverインストールオプションがフルインストールの場合のみサポートします。
  8. エンタープライズモードに対応していません。
  9. Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1、2012 R2、2016、Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 での利用をサポートします。
  10. Microsoft Windows Server 2012、Windows8での利用をサポートします。
  11. Microsoft Windows Server 2008 SP2での利用をサポートします。
  12. Microsoft Windows 7、Windows 8、Windows 10 での利用をサポートします。

SPA ETL Option Ver.10.2(標準アダプター)

データベース
  • JDBC接続のデータベース
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R3
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R2
  • IBM DB2 for i (DB2/400) V7R1
  • IBM DB2 11.1
  • IBM DB2 10.5
  • IBM DB2 10.1
  • IBM DB2 9.7
  • IBM DB2 9.5
  • IBM DB2 9.1
  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft SQL Server 2016
  • Microsoft SQL Server 2014
  • Microsoft SQL Server 2012
  • Microsoft SQL Server 2008 R2
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2005
  • MySQL 5.7
  • MySQL 5.6
  • MySQL 5.5
  • MySQL 5.1
  • MySQL 5.0
  • Oracle Database 18c
  • Oracle Database 12cR2
  • Oracle Database 12cR1
  • Oracle Database 11gR2
  • Oracle Database 10gR2
  • Oracle Database 10gR1
  • Oracle Database 10g
  • Oracle Database 9iR2
  • Oracle Database 9iR1
  • PostgreSQL 11 ※1
  • PostgreSQL 10.0
  • PostgreSQL 9.6
  • PostgreSQL 9.5
  • PostgreSQL 9.4
  • PostgreSQL 9.3
  • PostgreSQL 9.2
  • PostgreSQL 9.1
  • PostgreSQL 9.0
  • PostgreSQL 8.4
  • PostgreSQL 8.3
  • PostgreSQL 8.2
ファイル
  • CSVファイル
  • Excelファイル ※2
  • HTMLファイル
  • XMLファイル
  • 固定長ファイル
  • 可変長ファイル
アプリケーション
  • Dr.Sum Ver.5.1
  • Dr.Sum Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Ver.4.2
  • Dr.Sum DataLoader Ver.5.1
  • Dr.Sum DataLoader Ver.5.0
  • Dr.Sum EA DataLoader Ver.4.2
  • Dr.Sum Datalizer Ver.5.1
  • Dr.Sum Datalizer Ver.5.0
  • Dr.Sum EA Datalizer Ver.4.2
  • IBM Domino 9.0 ※3
  • Lotus Domino 8.5 ※3
  • Lotus Domino 8.0 ※3
  • Lotus Domino 7.0 ※3
  • Lotus Domino 6.5 ※3
  • Lotus Domino 6.0 ※3
  • Lotus Domino 5.0 ※3
ネットワーク
  • FTPサーバー
  • SFTPサーバー
  • FTP over SSLサーバー
  • REST
  • メール
クラウド
  • Amazon RDS for MySQL 8.0
  • Amazon RDS for MySQL 5.7
  • Amazon RDS for MySQL 5.6
  • Amazon RDS for MySQL 5.1
  • Amazon RDS for Oracle Database 12cR1
  • Amazon RDS for Oracle Database 11gR2
  • Amazon RDS for PostgreSQL 11 ※1
  • Amazon RDS for PostgreSQL 10
  • Amazon RDS for PostgreSQL 9.5
  • Amazon RDS for PostgreSQL 9.4
  • Amazon RDS for PostgreSQL 9.3
  • Amazon RDS for SQL Server 2017
  • Amazon RDS for SQL Server 2016
  • Amazon RDS for SQL Server 2014
  • Amazon RDS for SQL Server 2012
  • Amazon Aurora MySQL 5.7
  • Amazon Aurora MySQL 5.6
  • Amazon DynamoDB
  • Amazon EC2
  • Amazon RedShift
  • Amazon S3
  • Amazon SimpleDB
  • Amazon SQS
  • Azure SQL Database
  • Azure Blob Storage
  • Azure Cosmos DB
  • Azure HDInsight
  • Azure Machine Learning
  • Azure Queue Storage
  • Gmail
  • Google ドライブ
  • Google スプレッドシート
  1. パッチ0020以降を適用する必要があります。
  2. Excel 2019/2016/2013/2010で作成した、Excelブック(拡張子「.xlsx」と「xlsm」)とExcel2003ブックをサポートしています。
  3. DominoサーバーにDIIOP経由で接続するため、以下のサービスが起動している必要があります。
    ・DIIOP Server
    ・HTTP Server(HTTP Web Server)

SPA可視化オプション

対応している「使用可能なデータソース」、「外部連携可能なソフトウェア」は次のとおりです。
 使用可能なデータソース:SPA Ver.10、Excelファイル、CSVファイル
 外部連携可能なソフトウェア:Active Directory
その他の動作環境は以下をご参照ください。
http://www.wingarc.com/product/motionboard/system/

お問い合わせ・資料請求はこちら

このページのトップへ